ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第90回・2023/8/4) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第90回第18週『ヒメスミレ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


春、ヒメスミレが咲く頃―。長女・園子が天国へと旅立った。悲しみに暮れる万太郎(神木隆之介)と寿恵子(浜辺美波)の元へまつ(牧瀬里穂)がやってくる。一方の綾(佐久間由衣)も、峰屋をたたむことに心を痛めていた。そこへ豊治(菅原大吉)らがやってきて、竹雄(志尊淳)と綾に労(ねぎら)いの言葉をかける。二人は峰屋の土地を売り、再出発することを誓う。そして、万太郎と寿恵子も園子の幸せを空に祈るのだった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13,18
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11,17
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



今回は誉め言葉が浮かんできたから、お披露目してみよう

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

「ようきんしゃったなぁ」のみんなぁも、ご常連のみんなぁも、あしが管理人の “みっきー” やか!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人の “みっきー” です!)

前回は、猛暑にもかかわらず全力で頭を回転させても “誉め言葉” が浮かばなかった。

しかし、今朝は昼から用事があるので、いつもより早起きして臨んだのが良かったのだろう。

誉め言葉が浮かんできた… ので、早速お披露目しようと思う。

アバンタイトル、本編、ラストの「ヒメスミレ」の写真まで、見事なまでに “ドラマ” でよく見る “お涙頂戴” だ。

えっ、どこも褒めてない?
おっと、忘れていたから付け加えよう。

見た目だけ、上辺だけは、“安っぽい朝ドラ” でよく見る、良くできた “お涙頂戴” だった…

「褒めてないけど。じゃあ、どれが安っぽくない朝ドラなの?」と問われれば…

私なら、『ゲゲゲの女房』(NHK/2010年前期)、『カーネーション』(NHK/2011年度後期)、『あまちゃん』(NHK/2013年度前期)、『ひよっこ』(NHK/2017年度前期)、そして『エール』(NHK/2020年度前期)あたりは、そこそこうまくやっていたと思う。

"安っぽい朝ドラ"は、風呂敷を広げるだけ広げて…

過去の朝ドラ論議は別の機会にして、今作の本編のことを書こう。

万太郎パートにしても、峰やパートにしても、ホント “上辺だけ繕って” 必死にお涙頂戴に作り上げたとしかいいようがない。

賢明な読者様ならとっくにお気づきだと思うが…

最近の『ちむどんどん』(NHK/2022年度前期)、そして『舞いあがれ!』(NHK/2022年度後期)などの “安っぽい朝ドラ” は、風呂敷を広げるだけ広げて、経過の描写が雑で、結末だけお涙頂戴仕様にして、強引に着地させるのだ。

なぜ"お涙頂戴"が嫌のか?

何度も書くのが面倒だから、今回はじっくり書いておこうと思う。

まず、基本的に、“お涙頂戴” を見て感動するかどうかは、その人の経験や体験の違い、感受性の差によって違うから…

一概に感動した人が良く理解していないとか、感動しない人が冷静沈着で心のない人間だなんて、これっぽっちも思わない。

もちろん、“お涙頂戴” ってことにすら気づかない人もいるし。

ここで、多分初めてだと思うが、私が “お涙頂戴” が基本的に好きでない理由を書いておく。

それは、 “お涙頂戴” だと分かってしまった時点で、“ドラマ” を楽しむことの邪魔になるからだ。

あとで、また書くが、“ドラマ” で感動する時は、劇中の登場人物に自分の経験や体験を鏡にように投影し、そのキャラクターに自分との共通点を見出して共感するから、感動するのだと思うのだ。

だから、とにかく悲しいこと、絶望的なことを目の前に置かれたからといって、私は簡単に感情移入はできない。

また、もう一つ私が “お涙頂戴” が基本的に好きでない理由は…

作り手たちの安易で浅はかな「泣けるでしょ? 感動するでしょ?」のしたり顔がテレビの中に見えてしまい、これまた、その時点で “ドラマ” を楽しむことの邪魔になるからだ。

というわけで、「死にました」「倒産しました」の最後の最後の部分だけ、上辺だけ強調して描いたところで、過程が丁寧に描かれていないから感動できないのだ。

好意的に見ている視聴者の"創作"に頼った"お涙頂戴"では?

いや、プロの仕事だから、擁護もしておく。

経過、過程を全く描いていないとは言わない。

しかし、前回の「腐造」と「火落ち」のように、それ自体がどうして起こってしまったのかも背景をすっ飛ばして、「日本酒が全部ダメになりました」「廃業に追い込まれました」と描かれたって…

よほど “好意的” に見なければ、「なぜ、杜氏がミスしたの?」「女当主で頑張ってたんじゃないの?」と疑問に思うのが普通だと思う。

結局、好意的に見ている視聴者の “創作” に頼った “お涙頂戴” だから、訴求力はそれなりにしかないのは当然のことだと思う。

もちろん、明日の「土曜日版」では、「ヤマザクラ」以降のいつもどおりに、ナレーションを盛り込んで、取捨選択をして、修繕して再構築するとは思う。

きっと、「世界中が泣いた… 涙腺崩壊必至の感動物語!」のように誤魔化して(苦笑)

この金曜日にするなら、最初から1週間の配分を調整すれば

そもそもの話をすると。

今週は、先週の田邊(要潤)の 「出入り禁止宣言」と「土佐植物の目録と標本寄贈命令」を受けてしまった万太郎が、論文を書き直すも田邊の心は変わらず。

そんな時にロシアのマキシモヴィッチ博士から、万太郎のムジナモ研究を高く評価するとの手紙が届き、万太郎は寿恵子(浜辺美波)と娘・園子を連れてロシアへ行くことを決める。

一方、峰屋では、綾と竹雄が窮地に立たされていた…
でしょ?

要するに、エピソードの主従関係は、当然のことながら、メインが万太郎の進退、ず~っと下がって峰屋、更に下がって園子のはずだ。

でも、メインの万太郎は水曜日で終了、木曜日は峰屋の日、で今日は峰屋と園子と、5日の内で3日しかメインを描いていないのだ。

だから、ふと思ってしまう。

こういう金曜日にするなら、せめて…

●月曜日で厳しいことを言われて困惑する万太郎
●火曜日で峰屋の経営状態パート1
●水曜日でマキシモヴィッチ博士の手紙
●木曜日で峰屋の経営状態パート2
●金曜日で峰屋の廃業、園子の死、万太郎と寿恵子の未来

このように配分を変えるだけで、だいぶ印象は異なったと思う。

じわじわと、丁寧にそれぞれの登場人物たちの状況と思いを紡いで、「それなのに…」という苦境を盛り込んで、盛り上げるだけで良かったと思う。

今作だって、万太郎の幼少期、植物学教室への出入りを始めた頃は、うまく盛り上げて、感動させることをやっていた。

なのに、この残り3割を切った今になって… 残念でしかない。

今夜放送の「カールじいさんの空飛ぶ家」を見て欲しい

当ブログの『らんまん』の感想を、第90回まで辛抱強くで読んでくださっている読者様なら、きっと “自分は他の人より、脚本や演出、映像に興味関心がある” と感じておられると思う。

そこで、「もっと、脚本や演出について、いろんなことを知りたい」とお考えの方に絶好な参考映像が今夜(8/4)に放送されるので見ていただきたい。

詳しくは、下記の投稿をご参照ください。

今夜(8/4)放送「カールじいさんの空飛ぶ家」の冒頭10分は必見!

この 10分間を見て分かるのは、やはり “ドラマ” は “映像” で見(魅)せるべきだということ。

映像に説得力があれば、物語だって訴求力を持つし、セリフやテロップやナレーションはデコレーション程度で十分だということ。

きっと、これを見れば、『らんまん』のメインタイトル映像に対して「一体、何を伝えたいの?」と、もう一度考え直してしまうと思う。

あとがき

母・ヒサ(広末涼子)の死はそうでもなかったのに、祖母・タキ(松坂慶子)と園子は異様なくらいにやりますね。

タキにしたって、ヤマザクラにしたって、あれ以降ほぼ出番はありません。

こういうことを書くと反感を買うでしょうが、メインにうまく絡めるつもりが最初からないなら “ナレ死” で良かったと思います。n>

まっ、自分に都合よく見たほうが、楽ですけどね(笑)

みっきーの植物図鑑(第90回)

今朝に見つけた真っ白な花です。

テッポウユリ

そう、昔の銃弾を先端から詰める先込め銃(ラッパ銃)のような形をしたので「テッポウユリ(鉄砲百合)」と名付けられました。

『らんまん』にも登場した、シーボルト博士が 19世紀に日本から欧米に持ち込んで有名になったとされています。

『みっきーの植物図鑑(第83回)』で紹介した「カサブランカ」よりも香りが強くないのが特徴です。

別名「琉球百合」ともいいまして、沖縄の人にはとても身近な花だそうです。

花言葉は、欧米では白いユリの花が聖母マリア様の処女性を象徴するとされることから、「純潔」「甘美」、見た目の力強さから「威厳」があります。

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18100/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』
76 77 78 79 80 
第17週『ムジナモ』
81 82 83 84 85 
第18週『ヒメスミレ』
86 87 88 89

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第90回

内容ヒメスミレの咲く頃。園子が亡くなる。悲しみに暮れる万太郎(神木隆之介)寿恵子(浜辺美波)のもとに、まつ(牧瀬里穂)が駆けつける。一方、峰屋をたたむことを決めた綾(佐久間由衣)竹雄(志尊淳)そこに豊治(菅原大吉)らがやって来る。敬称略作、長田育恵さんアバンから、描いているコト自体は、“ドラマ”で、よくある。“お涙頂戴モノ”である。可もなく不可もなし。まぁ。。。表面的に。。。上っ面だけはね!...

スミレの花咲く頃>『らんまん』第18週

​​​​​​​​​​​​先回、ファンタジーから現実の世界へと移行? と書いたけど 一気に話が暗くなってきたなあ… 娘さんが亡くなったのも 実家が経営破綻したのも事実だから仕方ない。 実話ベースである以上 いつか描かなければならないことだった。 ただ、こんなに連続して起きたのかどうかまでは知らん。 ドラマ的演出のため、ここに集結させたのかもしらん。 知らんけど>ぉ 子供さんに関しては...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: