ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第87回・2023/8/1) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第87回第18週『ヒメスミレ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


文部大臣・森有礼(橋本さとし)の号令のもと、東京大学の理学部は帝国大学理科大学と改められ、田邊(要潤)がその初代教頭に就任した。一方の万太郎(神木隆之介)は、大窪(今野浩喜)の協力を得ながら、ムジナモ発見の論文を書き直すが、田邊の気持ちは変わらなかった。大学への出入りを禁じられ落ち込む万太郎に、寿恵子(浜辺美波)はいつも通り明るく接する。そして、万太郎はもう一度、田邊の元へと向かうが…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13,18
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11,17
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



万太郎は「失敗した」とは思っているが…

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

「ようきんしゃったなぁ」のみんなぁも、ご常連のみんなぁも、あしが管理人の “みっきー” やか!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人の “みっきー” です!)

こういうことを書くと… まあ、いいや、書いちゃえ。

今回の冒頭で、珍しくナレーションも加えて、万太郎(神木隆之介)が論文を書き換え、「日本植物学雑誌」を刷り直したことは分かる。

ただ、如何せん “私には” 万太郎の心咎め(こころとがめ)が伝わってこないのだ。

「失敗した」とは思っているが、「すみませんでした」と本気では思ってはいないって感じ。

自分の研究を続けるために、「植物学教室の出入りだけは許してくださいチョ」とだけ、思っているような(笑)

神木隆之介さんの演技力なら、もっと詫びる意を表現することは容易なことだと思うが。

コトの、人の、良しあしは相対的なものだと以前に書いたが。

もしかすると、この度のエピソードでは、あまり万太郎の謝罪の心を強調せず、田邊(要潤)の怒りを強調し、より深く強く田邊の人間性を描くことにフォーカスしているのかもしれない。

そう捉えると、良い意味で、万太郎の申し訳ない気持ちを曖昧に表現しているとも受け取れるが。

演出担当が「障子戸を開ける」と指示するだけで…

さて、前回に続いて、脚本と演出が良かった点を書いてみる。

まずは、後半の万太郎と田邊、田邊と妻・聡子(中田青渚)、万太郎と寿恵子(浜辺美波)と園子のそれぞれのシーンが “屋外” の設定下で表現されたことだ。

やはり、屋外の設定だと、「広い世界にこの人たちだけ」みたいなマクロな視点がさり気なく加わるから、“ドラマ” の世界観が一気に広がる効果を得られる。

また、前半の万太郎と大窪(今野浩喜)、万太郎親子の三人、万太郎と波多野(前原滉)と藤丸(前原瑞樹)の場面も同じ室内のシーンで、いつもの “閉塞的な空間” ではあるが、スタジオセットの障子窓が開いており、光が差し込んでいる照明演出になっていたのも良かった点だ。

「障子戸を開ける」だけのことだが、これによって見違えるほどに、映像に広がり感や奥行き感、リアルさが加わる

欲をいえば、窓の外から万太郎たちが作業したり会話したりを覗くようなアングルがあると嬉しいが。

恐らく “諸般の事情” はあると思うが、演出担当が「障子戸を開ける」と指示するだけで印象を変えることできるのだから、今後も更に取り入れることを願いたい。

無理に無理に万太郎と寿恵子を盛り込むよりは…

“物語” として描いている内容は、ほぼ間違っていない。

田邊の怒り、万太郎の後悔、周囲の人たちの助けなど、いい感じに描かれていると思う。

ただ、週5放送の “連ドラ” としては、少々「1日分の区切り」を意識し過ぎているのか、引っ張り気味に感じてしまうのがもったいないところだ。

もう火曜日だから予告編に触れてしまうが、今週は、あと、万太郎が博物館の野田(田辺誠一)と里中(いとうせいこう)の元を訪れるのと、峰屋の綾(佐久間由衣)と竹雄(志尊淳)のやりとりがある。

従って、水曜日が博物館、木曜と金曜日が峰屋と<区切り>をつけるはずだから、ちょっと引っ張り過ぎに感じるのだ。

だって、田邊の怒りを鎮められる人として、万太郎が最初に思いつくべきは、大窪たちでなく、博物館の野田と里中でないと不自然だからだ。

やはり、今週は「田邊の人間性をより深く強く描くことにフォーカスしている」のだと思う。

そう思えば、この度のエピソードの結末は、自然と「家族でのロシア行き」しかないことが想像できる。

だから、むしろ、万太郎以外の脇役を描いているのだ。

個人的には、万太郎のくだりが、少々手詰まり(失敗して、ロシア行きしかない)気味で、ストーリーに大きな “うねり” がないほうが気になるが、無理に万太郎と寿恵子を盛り込むなら、田邊と聡子の夫婦を見たいから良いとは思うが。

あとがき

脚本と演出が、必死に巻き返そうとしているように思います。

やはり、ヤマザクラと祖母タキに尺を割きすぎたと思いますよ。

その分を、万太郎のヒメスミレの発見秘話と、田邊の遺恨を掘り下げたら良かったと。

まあ、済んだことですけど。

明日の、田邊をよく知る野田と里中が一体どんな言葉で万太郎の背中を押すのか楽しみです。

みっきーの植物図鑑(第87回)

千葉県北西部は、昨夜の夜中に約1か月ぶりに雨が降りました。

今朝のウォーキング時には雨もやみ、ただただ蒸し暑さが増しただけ(汗)

そんな中で、雨粒がついた “レモンの実” を見つけました。

我が家は、今年からミカンの木を植えたので、そっちも楽しみなんですけど。

レモンの実

レモンつながりで、「レモンまんじゅう」もご紹介します(笑)

以前にも紹介しましたが、千葉県成田市に本店がある成田の銘菓「黒平(くろべら)まんじゅう」さんの、ごまの風味が半端ない「くろごままんじゅう」と7月限定の「レモンまんじゅう」です。

1か月限定の季節のお饅頭は、1月からコンプリート中で、この「レモンまんじゅう」はレモンが練りこんである “餡” がメッチャおいしいです。

8月は、昨年もおいしかった「緑茶まんじゅう」です。週末に買ってくる予定です…

「くろごままんじゅう」と7月限定の「レモンまんじゅう」

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18091/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』
76 77 78 79 80 
第17週『ムジナモ』
81 82 83 84 85 
第18週『ヒメスミレ』
86 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第87回

内容文部大臣の号令で東京大学理学部は帝国大学理科大学となり、田邊(要潤)が初代教頭となった。一方、万太郎(神木隆之介)は“ムジナモ”の論文を書き直し、雑誌の印刷もやり直した。だが万太郎の大学への出入り禁止は撤回出来なかった。落ち込む万太郎に、寿恵子(浜辺美波)は。。。。敬称略作、長田育恵さんもう、内容自体は、正直、どうだって良いのだ。どう考えても、引っ張るのは分かっているからだ。まぁ、丁寧に...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: