ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第84回・2023/7/27) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第84回第17週『ムジナモ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


万太郎(神木隆之介)は水生植物「ムジナモ」を、植物学教室へ持っていく。徳永(田中哲司)、大窪(今野浩喜)たちが興味津々で見ていると、そこへ田邊(要潤)がやってくる。すると田邊は、それが日本でまだ発見されたことのない食虫植物であることを万太郎に教え、論文と植物図を書いて世界に向けて報告をするよう命じる。万太郎は、田邊に認められたい一心で夢中になってムジナモの研究を始める。そんなある日、ムジナモが!?
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11,17
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



今週は演出が、何とか持ち直そうと試行錯誤している

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

「ようきんしゃったなぁ」のみんなぁも、ご常連のみんなぁも、あしが管理人の “みっきー” やか!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人の “みっきー” です!)

敢えて、好意的に書くが。

今回のアバンタイトルを見れば分かるとおり、今週の演出担当・渡辺哲也氏は、どうも必死に脚本を補正、補強してテコ入れしているように見える。

今回のアバンだって、前回の福治(池田鉄洋)とゆう(山谷花純)の会話はバッサリ切って、最重要ポイントだけを強調した編集になっていた。

結局、脚本は放送より、更に撮影よりもずっと前に完成して納品されているから、視聴者に届く最後の砦は、撮影現場であり、編集作業なのだ。

きっと今週は渡辺氏が、何とかここから持ち直そうと試行錯誤している… と、思いたいし、そう願いたい。

万太郎が家に入る場面は、称賛すべき演出

というわけで、今回の演出で最も良かった点に触れておく。

それは、9分過ぎ、田邊(要潤)から論文を書くように言われた万太郎(神木隆之介)が帰宅する場面だ。

最初、カメラが十徳長屋の路地にあり、真正面で歩いてくる万太郎を捉え、部屋の扉を開ける動作を編集で重ねて、カメラが室内に移動して、寿恵子(浜辺美波)と園子を映し出すという一連のカメラワークと編集だ。

まあ、普通のドラマなら、良くできた作品なら、別に取り上げるまでもない “ごく普通” の演出だが(笑)

ただ、動作を重ねたことで、屋外と屋内の雰囲気の違いやつながりが目で見て分かりやすい。

もちろん、最近は口が酸っぱくなるほどに言い続けている、諸般の事情による別撮りのための、“部屋にいる寿恵子の閉塞感や孤独感” が減少する効果もある。

いや、実はもっと褒めるべきは、先ほどドラマ『ばらかもん』(フジ/2023)の感想にも書いたが、万太郎が生きている空間だけでなく、万太郎が生かされている世界(大学や長屋)まで表現しているのだ。

要するに、3人家族の描写であるのに、3人が生きている世界の他に、3人以外の存在を感じる描写になっているってこと。

これは、“世界一” を描く作品として、意外と重要なことだと思う。

更に加えれば、前段の植物学教室での話から転じて、オリエンタルな旋律の劇伴で、寿恵子に報告する万太郎を描いたのは、万太郎のモデルではあるが「日本の植物学の父」を飾るにも良い選曲だ。

ゆえに、これは称賛すべき描写だと思う。

脚本も、当初の無駄を感じさえない脚本に戻ってくるか?

演出ではなく、脚本にも良いところがあった。

それは、前回のように「これ、必要なの?」と感じる部分が少なかったこと。

正直、今回は、万太郎と田邊のやり取りだけあれば良かったのだ。

寿恵子への報告も、波多野(前原滉)や藤丸(前原瑞樹)とのやり取り、徳永(田中哲司)のことも、別に今回へ盛り込む必要はないのだ。

でも、どこかに入れないと、物語が「ムジナモの論文」の集中できないとの判断だろう。

今後の展開のためのフリとして “田邊の優しい一面” を盛り込んだとは思うが。

その優しい田邊が全体の緩衝材になって、田邊以外の植物学教室のキャラクターたちを描いても、あまり違和感を生じさせなかったのだと思う。

むしろ、万太郎を中心に植物学教室の面々とのやり取りに楽しさが生まれており、いい雰囲気が醸し出されていた。

脚本も、当初の頃の、無駄を感じさえない脚本に戻ってくると良いのだが。

いつ、澤口と山根は、あんな人に変わったの???

たまには、褒めて終わるのも悪くないが。

気になったのが、久し振りに登場した、植物学教室の澤口(犬飼直紀)と山根(井上想良)だ。

すっかり、万太郎の味方、仲間として、しれ~っと画面に収まっていたが。

2人が前回登場したのが、第14週『ホウライシダ』で、演出は深川貴志氏だった。

演出家間の連携が取れていないのかもしれないが。

これも、思い付きのように不要なキャラを盛り込んで “その後” を “回収” しないから、おかしくなるのだ。

繰り返すが、一度描いたら “続き” を描け! そういうことだ。

あとがき

良かっただけに、欲をいいますと、ムジナモの花が咲いた時、偶然、画工・野宮(亀田佳明)もいて、万太郎と競い合うようにムジナモの描くとか?

まあ、欲をいうとキリがないので、この調子で次回も進んで欲しいです。

幸吉 役・笠松将さんがゲストの『きょうの料理』

NHK『きょうの料理』で今見逃し配信で見られるのが『伝えたい!高知のおいしいもん』です。

『らんまん』の幸吉 役・笠松将さんをゲストに迎え、高知の旬の味覚をふんだんに使った “おいしいもん” が紹介されます。

劇中の祝言に登場した「みょうがのにぎり」も登場します。

NHKプラスによる見逃し配信
https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2023072126373?cid=jp-XR5ZNJLM2Q

みっきーの植物図鑑(第83回)

今朝、見たら完全にしぼんでしまっていたので、先日撮影しておいた元気なころの写真です。

カサブランカ

ユリの品種としては、知名度、人気、ともに抜群の「カサブランカ」です。

正確に言いますと、およそ110種類あるとされるユリの原種から、ヤマユリ、ササユリ、オトメユリ、スカシユリなどの日本原産種を交配させて作ったのが「オリエンタル・ハイブリッド」

その中で最も有名なのが、この「カサブランカ」で、純白さと赤色のコントラスト、優雅さ、育てやすさを重視して生まれたそうです。

カサブランカの花言葉は、「純粋」「無垢」「祝福」「甘美」「壮大な美しさ」「高貴」「威厳」なので、結婚式で重宝されるのも納得ですね。

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18078/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』
76 77 78 79 80 
第17週『ムジナモ』
81 82 83

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第84回

内容寿恵子(浜辺美波)から金の工面に苦労を聞いた万太郎(神木隆之介)折しも“ムジナモ”を見つけ、その詳細を知りたくなり、植物学教室へ足を運ぶ見たことも無い植物に、復帰した藤丸(前原瑞樹)や、波多野(前原滉)徳永(田中哲司)大窪(今野浩喜)も興味津々で、見つめていたところ。田邊(要潤)が現れる。田邊は、以前、海外の書物で見たことがあると気づき。万太郎に、論文を書き、世界に発表するよう命じるのだ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: