ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第81回・2023/7/24) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第81回第17週『ムジナモ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


万太郎(神木隆之介)が植物採集の旅から帰ってきた日、寿恵子(浜辺美波)は無事に長女の園子を出産。新しい家族が増え、幸せな日々を送っていた。ある日、万太郎、波多野(前原滉)、藤丸(前原瑞樹)の3人は、久しぶりに集まり牛鍋を囲んでいた。植物採集旅行の話や、園子の話で大盛り上がり。一方田邊(要潤)は、万太郎の作った図譜を見ていて…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11,17
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



今週から、期待のハードルを下げました…

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

「ようきんしゃったなぁ」のみんなぁも、ご常連のみんなぁも、あしが管理人の “みっきー” やか!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人の “みっきー” です!)

当初の3か月は、ここ数年では “稀に見る秀作” になると期待して見ていました。

この1か月は、盛り返してくると信じて見ていました。

で、今回から、『ちむどんどん』『舞いあがれ!』より “マシ” になって欲しいと願って見ることにします。

そう、ハードルを思い切り下げることにしました。

「牛鍋屋」は、ハードルを下げる前でも称賛できる名シーン

藤丸(前原瑞樹)の最終旅行の土産話のくだりは楽しかった。

私は、いつも「テレビドラマは映像で描くべき」と口が酸っぱくなるほど言っているが。

俳優の演技、話の構築の仕方しだいで、<俳優で描ける>ことを証明したと思う。

更に、万太郎(神木隆之介)と波多野(前原滉)ら3人の友情も描かれた。

今回の「牛鍋屋」のシーンは、ハードルを下げる前でも称賛できる名シーンだといえる。

違和感はなかったが、不自然

ここで終わっておけばいいものを。。。

やはり、冷静に見れば、田邊(要潤)と妻・聡子(中田青渚)のやり取りも…

万太郎と寿恵子(浜辺美波)も…

“連ドラ” の構成として、たいへん不自然だ。

まあ、ハードルを下げているから、思いっきり好意的に解釈すると…

序盤で、田邊を盛り込んで、次に寿恵子を盛り込んだから、その後の牛鍋屋でのスケッチのくだりや、波多野の助手就任のくだりにも、大きな違和感はなかったが。

そう違和感はなかったが、不自然だってことだ。

寿恵子の出番には、視覚的に息苦しさや物悲しさを感じ…

だって、続けて、冷静に見れば分かることだが。

先週の感想で、主人公の妻の出産、主人公の第一子の誕生を “おまけ” と書いた。

評判がよろしくないのは承知だが、やはり「土曜日版」でだって “取って付けたよう” にしか編集できなかったのだ。

で、今回だ。

先週、あれだけ描いたのなら、アバンタイトルの 26秒間だけって???)

繰り返すが、牛鍋屋の3人のくだりでフォローしているから大きな不満はない。

でも、せめて、せめて、“取って付けたよう” に見えないためにも、長屋の人たちが万太郎たちの部屋を覗き見して、「万さん、一体なにを描いているんだい?」と言わせるくらいはやっても良かったのでは?

言いたくないが、なぜ、寿恵子が出てくると、部屋の中でひとりか、万太郎と… のパターンになりがちだから、どうしても視覚的に息苦しさや物悲しさを感じてしまうのだ。

まあ、先日も書いたとおり、史実どおりに描くなら、長女は… やめよう。

墓参りもスルーしないで、牛鍋屋に盛り込めば…

牛鍋屋でも土産話の描写ができるなら、やって欲しかった描写もある。

ご存知のように、予告編にあったように今週は久し振りに “あの二人” が登場する。

で、そもそもの話、植物採集旅行は、墓参りを兼ねていたのだ。

普通に考えれば、佐川の横倉山に行ったのなら、峰屋に立ち寄ったとはずだ。

それに、藤丸は酒屋事情を心配しているキャラクターして描いたのだから、それもうまく盛り込めなかったのかな? と。

いろいろ盛り込むのは勝手だが、他の人はどうであろうと、私は一度描いたことは責任をもって “その後” や “続き” を描くべきだと思うし、むしろ、藤丸が峰屋のことを語らないことのほうが違和感があるのだが。

あとがき

ラストの田邊のくだりにしても、ここ最近は騒動を描くのが多くなっているような。

まあ、出産はしょうがないですが。

でも、“騒動至上主義” に陥るのは、駄作への最短ルートなので、それだけは避けて欲しいです。

テンション低めに感じるかもしれませんが、期待は捨ててはいませんし、応援していきます。

みっきーの植物図鑑(第80回)

今朝、ちょっと早起きをして撮影してきました。

日本の山野草としても有名ですが、街中でも見られる、この花は何でしょう?

カラスウリ

答えは、ウリ科でつる性の多年生植物「カラスウリ(烏瓜)」の花です。

名前の由来は、カラスが実を食べるからだと言われていますが、事実のところは定かではありません。

別の説では、カラスウリは葉が大きく、つる性で絡みついた草木を枯らしてしまうため、「枯らす瓜」が「カラスウリ」になったとも。

カラスウリの花は夏に咲き、花弁は5枚で、花弁の外側が糸のように割けて、真っ白なレースを広げたように鳴るのが特徴です。

「早起きして」と書いたのは、カラスウリの花は日が暮れて開花し、日が昇ると萎えてしまう「一夜花」だからです。

この写真も朝7時前ですが、もう少し萎えてますね。

花言葉は、必ず夜を待って開花するので「誠実」、日の出前に萎んでしまうので「男嫌い」、タネの高木が「結び文」に似ていることから「良き便り」もあります。

楽天市場で「カラスウリの種」が売っていたので、写真を見てみてください。
種が手紙を結んだリボンのような形をしていますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カラスウリの種
価格:330円(税込、送料別) (2023/7/24時点)



結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18071/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』
76 77 78 79 80 
第17週『ムジナモ』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第81回

第17週「ムジナモ」内容植物採集の旅行から万太郎(神木隆之介)が帰ってきたその日。寿恵子(浜辺美波)が長女を出産する。そんななか、万太郎は、波多野(前原滉)藤丸(前原瑞樹)と牛鍋。いろいろな話をして盛り上がる敬称略作、長田育恵さん演出、渡辺哲也さん田邊夫妻を、結構、長い時間描いたね。まぁ、仕込んでいるんだろう。そこはともかく。藤丸の旅行話が楽しかったですね。基本的に、映像で見せるのが“ドラマ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: