ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

転職の魔王様 (第1話/初回15分拡大・2023/7/17) 感想

転職の魔王様

関西テレビ制作・フジテレビ系・新 月10ドラマ『転職の魔王様』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第1話/初回15分拡大『それぐらい自分で決めてください』の感想。

なお、原作の小説・額賀澪「転職の魔王様」「転職の魔王様2.0」は未読。



パワハラが原因で仕事を辞めた千晴(小芝風花)は、つえをついた男性(成田凌)が男にナイフで襲撃される現場に出くわす。2人は知り合いらしく、男性の冷静な対応で事なきを得た翌日、千晴は叔母の洋子(石田ゆり子)が経営する転職エージェントを訪問。洋子は千晴のため、優秀なキャリアアドバイザーの来栖を担当にしたと言うが、現れたのは前日のつえの男性だった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・額賀澪「転職の魔王様」「転職の魔王様2.0」
脚本:泉澤陽子(過去作/ブラックスキャンダル、大恋愛、リコカツ) 1
   小峯裕之(過去作/SUITS/シーツ2、ドクターX-7、ドクターホワイト)
演出:堀江貴大(過去作/花嫁未満エスケープ、正しい恋の初めかた) 1
   丸谷俊平(過去作/#リモラブ、ハコヅメ、すきすきワンワン!)
   保坂昭一(過去作/すべて演出補…グッドドクター、監察医朝顔、元彼の遺言状)
音楽:横山克(過去作/朝ドラ「わろてんか」、メネシス、最愛、Dr.チョコレート)
   橋口佳奈(過去作/朝ドラ「わろてんか」、群青領域)
主題歌:milet「Living My Life」
オープニング曲: LIL LEAGUE from EXILE TRIBE「Monster」
プロデューサー:萩原崇(過去作/後妻業、DIVER-特殊潜入班-)
   清家優輝(過去作/しろめし修行僧、スタンドUPスタート)
※敬称略



「転職業界を描くお仕事ドラマ」らしい…

夏ドラマの期待度の記事でも、「敢えて記述はしませんが、興味がありません…」と★1つにしたのが今作。

従って、今も興味が湧かない理由を書くつもりはない。

原作は、2巻とも未読。

「転職の魔王様」の異名を持つ毒舌敏腕キャリアアドバイザー(CA)が、求職者の仕事や生き方への悩みを辛辣な言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる “転職” エンターテインメント… だそうだ。

まあ、簡単にいえば、「転職業界を描くお仕事ドラマ」だ。

事前情報(番宣)では1話完結と聞いていたが、ゲストの転職希望者パートが1話完結で、来栖嵐(成田凌)と未谷千晴(小芝風花)の各パートは連ドラではお馴染みの “縦軸” で引っ張るようだ。

最初に断っておくが、「成田凌くん」、「小芝風花ちゃん」と呼ぶような人は読まない方が賢明だと思う。

作り手は、"何" を、すべての人に届けたいの?

さて、15分もの拡大版を見終えた第一印象は、「何を描きたいのだろう?」だ。

不思議になって公式サイトを見てみたら、下記のようになっていた。

転職希望者、1000万人とも言われるこの時代。
『この会社で、この仕事で、本当にいいのだろうか 』
転職とは…自分の人生の“優先順位”を考え直す機会。
自分の価値は自分で決める!
「仕事」に向き合い、「人生」に向き合う、すべての人に届けます。


で、私が言いたいのは “何” を、すべての人に届けたいの? ってことなのだ。

いや、好意的に深読みすれば、主人公が求職者に働く自信と希望を取り戻させる “サポート” であり “アドバイス” だとは思う。

確かに、嵐が行う “サポート” していることも内容も、千晴ら求職者を始め関係者たちに伝わってはいると思う。

しかし、大切なのは、多くの視聴者にそのことがきちんと伝わっているかどうかでは?

そもそも論として、冒頭から「転職の魔王様」の異名を持つ… と強調しているが、そこに周囲に呼ばれるようになった経緯に興味を抱くように描いてもらわないと…

恐らく、私以上に “推し” がいる人は超がつくくらいに好意的に見ていると思う。

だから、「○○の本性が見えてくるのが楽しみ~ぃ」とか「○○ちゃんの成長が見たい!」と思うだろう。

要するに、第1話を見た限りでは、ほぼすべての描写や表現が、良く言えば「含みを持たせてある」で、悪く言えば「どっちつかず」だから、掴みようがないってことだと思う。

その意味では、第2話以降、いや第2話で描きたいことがぼんやりでも見えてくれば、面白味を感じるかもしれない。

あとがき

同放送枠の近作、今の死刑や冤罪を含めた司法制度やマスコミ報道の問題を扱った『エルピス-希望、あるいは災い-』(カンテレ/2022)や今の世襲政治や選挙制度の問題を描いた『罠の戦争』(カンテレ/2023)のような社会の問題を扱えとは思いませんが。

人生の節目である “転職” だからこそ表層化してくる、深い悩みや大きな決断をドラマチックに描くエンターテインメント作品になって欲しいですね。

作り手が、それを望んでいるかどうか分かりませんけど。

まあ、『月9ドラマ』より、ファンが楽しめるドラマには仕上がっていると思います。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18057/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

転職の魔王様 第1話

新卒で入社した広告代理店をパワハラが原因で3年足らずで辞め、途方にくれていた未谷千晴(小芝風花)はある晩、中年男性が杖を突いたスーツ姿の来栖嵐(成田凌)をナイフで襲撃する現場に出くわします。 2人は顔見知りのようで、来栖は中年男性を、表情を変えずに取り押さえます。 翌日、千晴は叔母・落合洋子(石田ゆり子)が社長を務める転職エージェントを訪ねます。 千晴は洋子から、優秀なキャリアアドバイ...

転職の魔王様 第1話

内容ある夜のこと、会社を辞めて途方に暮れていた未谷千晴(小芝風花)は、杖のついた男を、中年の男が襲いかかるのを目撃する。すぐさま、杖の男が襲ってきた男を取り押さえてしまうのだが、次の瞬間、千晴に対して“人の心配より、ご自分の心配をしたらどうですか?未谷千晴さん”と。困惑しながら、叔母・落合洋子(石田ゆり子)が社長をする転職エージェント会社を訪ねた千晴。再就職をしたいという千晴のために洋子は“...

転職の魔王様 #01

『毒舌の嵐!超異色の転職エージェント降臨 人生の悩み一刀両断!働く全ての人の物語』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: