ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第76回・2023/7/17) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第76回第16週『コオロギラン』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


万太郎(神木隆之介)は、新種の植物を「ヤマトグサ」と名付ける。大窪(今野浩喜)と論文を書き上げ、ヤマトグサを載せた植物学雑誌がついに完成。二人の発表は、日本で植物学が始まって以来の快挙となった。雑誌と並行して作っていた万太郎の図譜も完成し、寿恵子(浜辺美波)や長屋の面々も大喜び。しかし、この時、田邊(要潤)が研究していたトガクシソウを巡って植物学会を揺るがす大事件が起きていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



恐れ入りますが…

「朝ドラ史上の最高傑作!」
「これが真の朝ドラ!」
「日本中が泣いた!」

など… と‘本気’で思った人は、読まないほうが今日1日ハッピーに過ごせます。

またの機会がございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

「なぜ管理人は感動して褒めないの?」と思う人は、そのワケが分かると思います。

「なんかモヤモヤするぅ…」
「しっくりこないなぁ…」
「不満じゃないんだどぉ…」

など… と‘薄ら’でも感じた人は、「私だけじゃないんだ」とホッ♥とできて、歯がゆさの原因も見つかるかも…(笑)

もっと、日本のテレビドラマの質を向上させたい!

「3本のタンポポの演出」についてのご質問にお答えします

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

先日に続いて、非公開希望コメントからのご質問にお答えしようと思います。

ご質問は…

「先週金曜日(第75回)のラストで、万太郎と寿恵子の手前に “3本のタンポポ” が映ったのは “妊娠” を感じさせる “粋な演出” だと SNS上で話題になっていましたが、どう思いますか?」


私が感想で言及しなかった理由は、あれを “粋な演出” と評価するのは、担当演出家に失礼だと思ったからです。

もちろん、粋な演出として取り上げれば「そうですよね」という人がたくさんいたとは思います。

でも私の判断基準では、あの “3本のタンポポ” は、朝ドラの演出をするくらいの技量のディレクターなら、「2:1:7の法則」どおり、恐らく2割が素人受けを狙い過ぎだから別案を考え、1割が思いつかず、7割が「視聴者ウケしそう」と思ってやる… ような、いわゆる誰もが思いつく演出だと考えます。

従って、それを敢えて「粋な演出だ」と騒ぐのは、「あなたは7割のほうに入る “普通の” 演出家ですね」と評価しているようなものだからです。

断っておきますが、先週担当の演出家さんは朝ドラの演出は経験値が浅いので、「視聴者にウケそう」と考えるのは悪いことだと思いません

でも、敢えて言及するってことは…(私の気持ち、分かりますか?)

まあ、逆に視聴者を「2:1:7の法則」で例えるなら、2割が敢えて触れない、1割が気づかない、7割が… だと思います(笑)

というわけで、祝今週も “2割と1割” の<個性的な読者様>にも楽しんでいただけるような感想を投稿します!

因みに「2:1:7の法則」を知らない方は、そのままネット検索すればいろいろな解説が出てくると思います。

また、先週木曜日にご紹介した下記のネットニュースも思い出していただきたいです。

「国民をちょっとばかにしている」NHK連続テレビ小説を引き合いに田中泯が映画・ドラマ作り手に苦言:中日スポーツ・東京中日スポーツ

ウサギは、ツキを呼ぶ動物であり、子孫繁栄の象徴でもある

前述した粋な演出の話ではないが。

冒頭に登場した植物学教室で飼っている二羽のウサギのほうが、妊娠の含みを感じさせる演出のような気もする。

ウサギは、子だくさんだから子孫繁栄の象徴して “縁起が良い動物” とされるから。

もしかすると、今週の演出担当の津田氏は、ウサギは日本では古くから月に住み、その使者とされ “ツキを呼ぶ動物” とも呼ばれるし、飛び跳ねる様子から飛躍や躍進を象徴するとされるから、“ツキを呼ぶ動物” と “植物学教室” のシンボリックなダブルミーニングで使用したのかも?

メインパートは、本当に良くできている

さて、本編の感想だ。

第70回(7/7)の感想にも書いたとおり、今回のトガクシソウにまつわるエピソードは、現実に遭った「トガクシソウ “破門草事件”」に由来する。

だから、これまでの繰り返しになるが、脚本の長田育恵氏は史実を今作風にアレンジして落とし込むのがうまい。

また、津田氏は第8週『シロツメクサ』において、万太郎(神木隆之介)が藤丸(前原瑞樹)ら植物学教室の面々とのやり取りの中から “わしの植物学” を見出すくだりを演出した人だ。

従って、メイン(今作の中心、中核部分)を成す<万太郎が‘日本の植物学の父’になるまでのサクセスストーリー>は良くできている。

脚本、演出、演技が三位一体となって、週の始めだから重過ぎないシリアス加減を保ちながら、今週で描かれるであろう新種を見つけて発表する万太郎にとって大切な描写、重要な気づき、肝心な変化を丁寧に描いた。

これくらい、落ち着いて安心して見られる内容だと、満足度も高いし、この先への期待が高まる。

飼育小屋のウサギと藤丸との触れ合いの場面は良かった

特に良かったのが、飼育小屋のウサギと藤丸のやり取り、触れ合いの場面だ。

やはり、演出の津田氏は “シロツメクサ” を盛り込んできたし。

田邊(要潤)と妻・聡子(中田青渚) が交わす “シダ” のくだりは感動的ですらあった。

ウサギはとても静かに感情表現する動物であり、とてもストレスに弱い動物とされる。

一方で描かれたシダに、田邊は妻が似ているという。

ウサギと藤丸、シダと聡子、それぞれの対比、個々の対比が、実に複雑に絡み合っている素敵な表現だと思う。

それこそ、2輪のタンポポの綿帽子のほうが、演出としてはストレートで好感を持った。

タンポポの綿毛は息を吹きかけるとふ~っと遠くへ飛んでしまうことから、花言葉は「別れ」「別離」があるから、田邊夫婦の行く末を暗示する意味で、なかなか含みのあるカットだったと思う。

ここで、終わっておけば良いものを…

竹雄が退場して以来、寿恵子の役割が不明瞭になったような

皆様が絶賛の先週金曜日のラストで寿恵子(浜辺美波)が万太郎に言ったセリフがこれだった。

寿恵子「万太郎さん お話があります。どうでもよくない方の話です」


で、3本のタンポポの続きが、部屋で一人倒れている寿恵子?

万太郎「寿恵ちゃん? 寿恵ちゃん どういた?
 す… 寿恵ちゃん… だ 大丈夫か?」


これで、「つづく」って???

何とか好意的に見ようと思っても、流石にここまで無駄に引き延ばされると、「先が気になる」の意味が “不安” しかないのだが(苦笑)

言いたいことは山ほどあるが、もう多くは書かない。

一つだけ書くとすれば、竹雄(志尊淳)が退場して以来、「隠し金の千円」以外に寿恵子の必然性が殆どないのが気になってしょうがないのだ。

朝ドラだから、ホームドラマだから、主人公のパートナーを盛り込まないと… という使命感で組み入れているように感じてしまう。

まあ、それならそれで、むしろ “助手” や “相棒” らしい描写は無くして、“良き妻” に徹して描いたほうが良いと思うが。

あとがき

浜辺美波さんの出演シーンが似たようなものばかりなので、多忙なため撮影スケジュールの関係でまとめて撮影している可能性がありますね。

だから、メインパート(植物学)は撮影中に小変更できても、サブパート(夫婦)は修正できないのかも?

だとしても、丸々1回分も先延ばしにするのは、どうかと思いますけど。

みっきーの植物図鑑(第74回)

昨日に続いて、千葉県北西部は朝6時前から猛暑のような日差しと暑さです。

家庭菜園のナスも、心なしか今年は出来が早めのような。

因みに、ナスの花言葉は「つつましい幸福」や「よい語らい」です。

由来は、ナスは比較的結実が良く(実が付きやすい)ことと、いろんな料理で食卓にあがるからだそうです。

家庭菜園のナス

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18055/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第76回

第16週「コオロギラン」内容大窪(今野浩喜)とともに“ヤマトグサ”を新種と発表。植物図鑑を刊行し、植物学者として認められるようになった万太郎(神木隆之介)そんななか、田邊(要潤)が発表の準備をしていた“戸隠草”が、留学中の伊藤孝光(落合モトキ)がイギリスの雑誌に発表した。徳永(田中哲司)によると、一刻も早く発表しなければ、終わりだと説明される。運が悪かったという波多野(前原滉)に、藤丸(前原...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: