ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第61回・2023/6/26) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第61回第13週『ヤマザクラ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


万太郎(神木隆之介)の発見した植物が世界に認められたと知ったタキ(松坂慶子)は、祝言を急いで、早く東京に戻るよう万太郎に伝える。タキは呉服商・仙石屋の義兵衛(三山ひろし)を呼び、寿恵子(浜辺美波)に花嫁衣装を選ばせる。義兵衛から、仙石屋のヤマザクラが病気だと聞いた万太郎は、どうにか助けたいと考えるが…。一方、綾(佐久間由衣)は、土佐中の酒屋で組合を作ることを計画。竹雄(志尊淳)を伴い出かけていく。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



先週は、脚本の盛り込み過ぎに演出家は気づいていた!

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

今週分の感想にも通じるから、少しだけ先週の「本編」と「土曜日版」について触れておく。

先週、私は「いくら何でも、盛り込み過ぎでは?」と書いて)きた。

甑倒し、造酒税、役人とのいざこざなど、私が不要だと感じることを盛り込んで、必要だと感じた墓参りや仏壇への挨拶はなかった。

そして、ダイジェスト版である「土曜日版」では、見事なくらいに甑倒しと役人とのいざこざだけでなく、主人公の役人への演説シーンまでカットしてあった。

そうそう、サブタイトルのマルバマンネングサ』も、あまり強調して回収していなかったことも付け加えておこう。

このことからも「私の見解が正しい!」なんて主張するつもりはない。

私が言いたいのは、脚本が盛り込み過ぎだったことと、そのことに演出家は気づいていたってことなのだ。

今週か来週中には決着がつくだろうが、流石に盛り込み過ぎ

そこを踏まえて、今週、特に今回を、脚本と、先週と同じ渡邊良雄氏の演出に注目したい。

もちろん、注目点は二つだけ。

 ●一つ目は、脚本は盛り込み過ぎていないか?
 ●二つ目は、演出は「土曜日版」でどこをどのくらい残すのか?

それでは、本編の感想を書いてみる。

今回の 15分間に盛り込まれたのは、ナント、7項目もあるのだ。

 ●万太郎(神木隆之介)の発見した植物「Sedum makinoi Maxim」の “マキノイ” へのモヤモヤ
 ●タキ(松坂慶子)の体調
 ●寿恵子(浜辺美波)の祝言の準備
 ●綾(佐久間由衣)が土佐中の酒屋で組合を作る計画
 ●綾と竹雄(志尊淳)の恋バナ
 ●万太郎が呉服商・仙石屋のヤマザクラの病気を治す研究
 ●万太郎と寿恵子の現状

一体、「土曜日版」では7つのうち、幾つを残すのか?

特に、万太郎が(今のところ)殆どかかわっていない「峰屋」のくだりは、先週と同様で残されるのか?

それこそ、サブタイトルにもなっている「ヤマザクラ」だって、どこまで残るのか?

祝言についても、タキ主導で準備を進めてはいるが、万太郎は絡んではいない。

それでいて、東京を強く意識するわけでもなく、心は寿恵子でもなく、“マキノイ” でもななく「ヤマザクラ」。

う~ん、すべてがほぼフラグだから、今週か来週中には決着がつくだろうが、流石に盛り込み過ぎでは?

胸に響いたり、心に感銘を受けたりする尺がもらえない…

いや、別に盛り込んだって良いのだ。

ただ、これまで、特に第11週までの今作を見てきたからこそ言いたいのは…

詰め込み過ぎによって、11週までのような “間合い” や “余韻” が著しく減少しており、その都度で胸に響いたり、心に感銘を受けたりする尺がもらえないことへの残念な気持ちなのだ。

例えば、寿恵子が反物を見定める際の着物の美しさ、仙石屋の義兵衛(三山ひろし)とタキの土佐言葉でのやり取り、病に侵されたヤマザクラと病身のタキの重なり、万太郎の学名へのこだわり、万太郎のヤマザクラへの思いなど…

もう少し、味わう “間” がほしい。

先週よりも、“間” が少なくなっており、本当に惜しいと思う。

あとがき

“間” は極端に少ないですが、一つひとつのエピソード、シークエンスの描写が丁寧なので、大きな不満はありません

ただ、「これまでと比べると…」と思ってしまいます。

渡辺監督も分かっていながら編集していると思うので、「週5放送分」と「土曜日版」の両方を楽しめると思って、見てみようと思います。

今週も、引き続き今作を応援します。

みっきーの植物図鑑(第57回)

別にネタ切れではなくて…
これ、我が家の家庭菜園で収穫したキュウリです。

昨夜は 45周年のサザンオールスターズのライブ映像をYouTubeで見ながら(全部、円盤で持ってますけど・笑)、妻とヱビスビールを堪能しました。

3時間半、大声で歌い続けたので、今朝は喉がガサガサします(苦笑)

皆様も「推し活」で癒やしや元気をチャージしてますか?

次回は、今「推し活」中の「市船soul」の話でもしましょうかね(笑)

我が家の家庭菜園で収穫したキュウリ


結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18012/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第61回

第13週「ヤマザクラ」内容万太郎(神木隆之介)が見つけた植物が新種と世界に認められたと、タキ(松坂慶子)は大喜び。寿恵子(浜辺美波)との祝言を急がせる。早く祝言をあげて、早く東京に戻るようにと。早速、呉服商・仙石屋の義兵衛(三山ひろし)を呼び、花嫁衣装の準備をする。そんななか、義兵衛から仙石屋のヤマザクラのことを聞く万太郎。一方、綾(佐久間由衣)は土佐中の酒屋をまとめ組合を作ろうと考え、竹雄...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: