ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第12週/土曜日版・2023/6/24) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第12週『マルバマンネングサ』の「土曜日版」の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


長屋にいる万太郎(神木隆之介)のもとに現れたのは、舞踏会のドレスを着た寿恵子(浜辺美波)。寿恵子の登場に沸く長屋の仲間たちの前で、二人は気持ちを確かめ合い、永遠の愛を誓うのだった。それから半年後の春、万太郎、寿恵子、竹雄(志尊淳)の三人は故郷の佐川へと里帰りをする。その頃、峰屋では綾(佐久間由衣)と市蔵(小松利昌)が酒屋に課せられる税金の制度が変わったことで窮地に立たされていた。ある日、万太郎のもとへ、植物学の権威・マキシモヴィッチ博士からの手紙が届く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



「土曜日版」は登場人物たちそれぞれの"道"に注目した編集

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

さて、前回の感想は、かなり本気で書いたため辛らつな内容になり、多くの人たちの共感は得なかったが、私の本音として NKK番組モニターのレポートには文字数限界まで書いて投稿した。

そして、今朝は気持ちも新たに “修正” を期待して見始めた。

冒頭で、ナレーションが次のような印象付けをやっていた。

N「2人の道が 一つになろうとしていました」


「土曜日版」は、正に、登場人物たちそれぞれの “道” に注目した編集になっていたと思う。

少なくとも演出部の人たちは、違和感に気づいていたんだ…

今週は、メイン演出が担当しているから、(繰り返さないが)なぜ、あんな「本編」になったのか不思議だった。

しかし、この「土曜日版」を見て、一先ず安堵した。

それは、少なくとも演出部の人たちは、違和感に気づいていた… ということだ。

まず、万太郎(神木隆之介)が寿恵子(浜辺美波)と竹雄(志尊淳)を連れて、故郷の佐川へと里帰りをするくだり。

「本編」では、酒造りが落ち着く頃=甑倒しに合わせて里帰りしたような描写になっていた。

しかし、この「土曜日版」では…

N「春を待って…」


ナレーションにより、峰屋の状況よりも、「春」という季節を待って、選んで、里帰りしたような “良い意味での印象操作” を仕掛けてきた。

更に、その印象操作は次にも続いており…

N「この日 峰屋では 酒造りが一段落し 甑倒しの日を迎えていました」


まるで、「万太郎たちがやって来た日が、偶然に甑倒しの日だった」ようなナレーションが付けられている。

その上、役人たちとの騒動も全削除で、藤丸(前原瑞樹)の回想だけ残してあった。

どうやら、重要なのは「酒屋経営が大変」ってことで、役人とのいざこざではないらしい。

そりゃそうだ。

だって、万太郎は藤丸から事情は聞いているわけだし、視聴者も見ているのだから、そもそも役人たちの騒動の描写自体が不要だったのだ。

今週は、再編集された「土曜日版」を見る価値が十分にある

そして…

万太郎「新しい酒は 姉ちゃんの夢じゃきのう」


この「土曜日版」では、現当主としての “綾の夢” がしっかりと強調されただけで、とてもスッキリした。

更に、“綾の夢” につなげる形で “竹雄の決心” もさらりと盛り込んで、うまい再編集だと思う。

これでこそ、再編集をする「土曜日版」を見る価値があるってことだ。

「土曜日版」の編集担当者は、すべてお見通しだった!

他にも「土曜日版」の編集がうまいのは、酒造りの話から、祖母・タキ(松坂慶子)の体調の話にスムーズに移行したことだ。

綾「けんど 今はのう… 税金のことより…」


無駄な描写(役人との騒動)が削られたおかげで、5分までは酒造り、5分からはタキの話… と、きれいに切り分けられ、推移している。

更に、「御寮人様」のガヤからさらりと流れているので、「本編」で最大級の違和感だった「墓参りは? 仏壇への挨拶は無いの?」をほぼ感じない

好意的に見なくても、自然な印象で、山歩きのあとに墓参りに寄って、綾との積もる話の前に仏壇に挨拶したように “感じる” ことができる。

まあ、寿恵子が仏花やお供え物を持っていないといったら元子も無いが、それらを含めても、「本編」より断然に違和感はない。

やはり、「土曜日版」の編集担当者は、すべてお見通しだった… ということだ。

なぜ、百人一首というゲームを脚本家が選択したのか?

百人一首については、未だによく分からない。

なぜ、百人一首というゲームを脚本家が選択したのか?

ただ、気丈なタキ、孫が心配なタキ、寿恵子のタキへの気遣い、万太郎のタキへの気持ちなど、三者三様の感情を一つの場面の中で描こうと考えたのなら、悪いとは思わない

ただ、「こうしたら良かったのに」との別案は思いつかないが(このシーンは必要ないと思うので)、私なら仏壇に向かって寿恵子が嫁になる決心を伝えているのを、襖の間から盗み見してホッとするタキ程度に私なら押さえて描くとは思う。

「土曜日版」は無駄を削ってスッキリさせた…

やはり、今週は脚本上でエピソードが盛り込み過ぎだったと推測する。

中でも、役人との騒動、甑倒しはなくても、話は成立した。

だから、「土曜日版」ではバッサリカットしたのだろう。

でも、「本編」でカットしちゃったら、尺が埋まらない。

そこで、「本編」では脚本に従って作り、「土曜日版」は無駄を削ってスッキリさせた… と、いうことだろう。

あとがき

きっと、脚本の長田育恵さんの “視聴者サービス” もあると思います。

毎日、一日だけ見ても、それなりに面白い作品を作ろう… と。

でも、1週間、5日連続でやると、やはり盛り込み過ぎになると思います。

恐らく、全体の半分が過ぎようとして意気込み過ぎてしまったのかも?

どうか、これまでのように、長田さんのマイペースで書き進めていただきたいです。

みっきーの植物図鑑(第56回)

今朝の近所の噴水公園に咲く「蓮の花」と言いたいところだったのですが。

朝の6時前に行ったのに、まだ咲いていませんでした(汗)

私の今の心境のように、ボチボチ咲いてくるのかも(笑)

蓮の花

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/18008/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』土曜版第12週

今回の“土曜版”を見て思ったのは。今までの11週以上に、今週の第12週が、情報過多だった。ってコトだろうか。えっと。。。丈之助が乱入した正式なプロポーズに始まって。高知に行って。。。。もう。。。アレコレ。。。コレアレ。。。メンドー過ぎるので、書かない。今回の“土曜版”を見ていると。削っている部分が、かなりたくさん存在する。今までのように、盛り込まなくても良い。。。ような部分繰り返して長尺にな...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: