ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第59回・2023/6/22) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第59回第12週『マルバマンネングサ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


タキ(松坂慶子)は、体調の悪いなか平静を装い、寿恵子(浜辺美波)に百人一首の勝負を挑む。しかし、タキの異変に気づいた万太郎(神木隆之介)は、勝負を中断。タキは痛みをこらえながらも、二人に祝福の言葉を伝えるのだった。その夜、宴会で盛り上がる中、綾(佐久間由衣)は一人、峰屋のこれからを考えていた。それに気づいた竹雄(志尊淳)は、綾を一人きりにはしないと、改めて思いを告げる。竹雄の一途な思いは届くか!?
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



祖母タキを気遣う万太郎の… 神木隆之介さんの細かい演技!

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

完全に想像の域を出ないが、3回連続で冒頭にメインタイトル映像を持ってきたということは、本編の編集をかなりタイトに(精密に)やったから途中で切れなくなった… と、勝手に考えているのだが。

序盤、百人一首を中断したタキ(松坂慶子)が寿恵子(浜辺美波)に次のように言う…

タキ「人とは違う道を 己の道と定めた孫ではございますけんど
 どうか 末永う よろしゅうお頼申します」


このセリフの真ん中で、万太郎(神木隆之介)がずっと見ていたタキから一瞬だけ目線を寿恵子に移しつつ、身体の向きも変えて、すぐに元に戻るくだりがある。

当然、伝えようとしていることは理解するが、私が注目したのは神木さんのさり気ない演技だ。

体の向きを変える動作と目線の動きが本当に自然で驚いてしまった。

そして、タキがお辞儀をする際にも、万太郎はタキをすぐにフォローできるように「正座」ではなく、足指を立てて膝をついてスタンバイしていること。

この辺も、一連の動作をしっかり撮影しているから見えるし、演技指導も演技も丁寧に行われている証拠だと思う。

印象的な寿恵子のアップになった理由を考えてみた

更に推測だが、タキの申し出に丁寧に応える寿恵子のカットについても妄想で解説しようと思う。

寿恵子のアップが、上手(かみて:画面左側)にタキの後ろ姿が見切れて映っている(これを「ナメ」、「タキ舐め」という)のが分かると思う。

でも、寿恵子が前かがみになっているとはいえ、寿恵子とタキの顔の位置が近すぎるのだ。

恐らく、現実的には寿恵子がタキに寄って撮影されていると思うが、この映像的な迫力、映像マジックこそが寿恵子の心情、つまり “寿恵子の本気度” を的確に描写している。

なかなか印象的な寿恵子のアップになったと思う。

志尊さんが走り去る佐久間さんを目線で追う素晴らしい演技

続いては、メイン演出・渡邊良雄氏のお気に入りである、綾(佐久間由衣)の大きな見せ場だ。

「らんまん」演出・渡邊良雄氏 「佐久間由衣さんは微妙なニュアンスの芝居が巧み」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

竹雄「わしは ただの 槙野きょうだいが好きすぎる 井上竹雄じゃ。
 あなたのことが好きな ただの男じゃ!」


忘れがちになるが、当初から、主人公・万太郎を姉の綾と奉公人の竹雄が支える “物語” で始まったのだから、そこをブレさせないで描こうという意思の表れでもあるシーンだ。

それでいて、イケメン竹雄の “恋バナ” にもなっており、なかなか見応えのある場面だった。

ただ、主人公が絡んでいないため、残念ながら「土曜日版」ではカットされるかもしれないが。

それでも、志尊淳さんが走り去る佐久間由衣さんを目線で追う素晴らしい演技は心にずっと残るのは間違いないが。

久し振りの里帰りなのだから"流れ"は大事にしてほしかった

さて、ここからは少しだけ辛らつな意見も書いておく。

あくまでも、今回は “祝言” ではなく “甑倒し” の宴会であることが強調されたのは悪くない。

恐らく来週に描かれる祝言との差別化を、今週中にやっておくのは良いことだ。

ただ、前回も書いたとおり、久し振りの里帰りなのだから “流れ” “順序” “プロセス” は大事にしてほしかった

第57回(6/20)の中盤にナレーションが次のように言っていた。

N「万太郎たちは 酒造りの繁忙期を避け
 甑倒しに合わせて 峰屋に帰ることにしました」


確かに、思い付きで帰省したのではなく、甑倒しに合わせた… と、言っている。

でも、あのシーンは、「あれ? 荷物、少なっ!?」と、そっちに気を取られて、あまり “その” 印象がない(苦笑)

もちろん、その後の映像を見れば理解できるが。

印象付けた方が良いことはしっかりやったほうが良いってことだ。

墓参りと仏壇への挨拶なしで… は、ちょっと残念な展開

いや、そもそもの話。

白梅堂の二階で “恋人つなぎ” をやったあたり、もしくは帰省の少し前の設定で次のような万太郎を挿入しておけば良かったと思う。

万太郎「甑倒しで みんな集まるから そこで寿恵子さんを紹介したい!」>

映像がなくても、上↑のナレーションを差し替えるだけで、だいぶ印象は違ったと思う。

他にも方法はある。

万太郎がタキに釣書を送った便の中に、上記の一文を書いた手紙を添える、それこそタンポポの植物画を添えて… なんてのも悪くないと思うが。

もちろん、「説明過多」と思う人もいるとは思う。

でも、やはり気になってしまうのは、亡き母・ヒサ(広末涼子)の墓参り、仏壇への挨拶も無しに、百人一首の勝負から、甑倒しの宴会、そして翌朝に医師の鉄寛(綱島郷太郎)を呼ぶ… と、とんとん拍子に進めた “流れ” だ。

それこそ、前回で強調したように、もしかしたら翌朝は例の役人たちがやって来るかもしれないのだ。

やはり、昨今の事情は別にして、映像として、近所の名家としても、お墓参りと仏壇のお参りは入れた方が良かったと思う。

あとがき

一体、何があったのでしょう?

高知ロケ、高知メンバーで描くエピソードを増やし過ぎて、やや飽和状態になっているように思います。

前回の感想にも書いたとおり、来週予定の母ヒサの場面は予定どおりに放送するわけですから、その影響はないはずです。

だとすると、やはりエピソードの詰め込み過ぎが原因でしょうか?

もうすぐ “半分” を迎えるので、ここで息切れしないことを祈ります…

みっきーの植物図鑑(第54回)

前回に続いて、公園や庭でよく見かける植物をご紹介します。

それは、今朝に撮影した常緑樹として有名な「ヤマボウシ」です。

原産地は、中国、朝鮮半島、日本で、今では世界で栽培されています。
6月中旬の今頃から7月中旬までが開花の時期。

花は、第13回(4/19)でご紹介した「ハナミズキ」に似ており、4枚の花弁のように見えるのが総苞片(そうほうへん)で、真ん中に40前後の小さな花を集めて咲きます。

ヤマボウシ(山法師)の名の由来は、中心にまーるく集まって咲く花を僧侶の頭、4枚の白い総苞片を頭巾に見立てて、頭巾をかぶった僧侶(法師)に見えたからだそうです。

ヤマボウシの花言葉は「友情」で、由来には諸説ありますが。

明治時代に日本がアメリカに「桜」を贈った際に、アメリカから贈られたのが「ハナミズキ」で、ハナミズキに似ている「ヤマボウシ」に「友情」の花ことががついたというお話です。

夏になったら、実の写真を撮ろうと思います。

ヤマボウシ

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18005/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第59回

内容祖母タキ(松坂慶子)に寿恵子(浜辺美波)を認めてもらおうと万太郎(神木隆之介)は、紹介するが。。。認めないというタキは、寿恵子に百人一首の勝負を挑んでくる。だがやはり、タキの体調不良で中断。するとタキはふたりに祝福の言葉を伝える。そして峰屋では、宴会が開かれ。。。。そんななか、綾(佐久間由衣)が席を外したのを見た竹雄(志尊淳)は。。。敬称略作、長田育恵さんやはり、一番の疑問は、墓前に。。...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: