ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

風間公親-教場0- (第10話・2023/6/12) 感想

風間公親-教場0-

フジテレビ系・フジテレビ開局65周年特別企画・月9『風間公親-教場0-』
公式リンクWebsitetwitterInstagram

第10話『指輪のレクイエム』の感想。

なお、原作の小説、長岡弘樹 著の『教場0 刑事指導官・風間公親』と、『教場X 刑事指導官・風間公親』で、両方とも既読



千枚通しを凶器とした強盗事件が発生する中、風間(木村拓哉)と中込(染谷将太)は不審な遺体が発見された家へ。亡くなった70代の清香(竹下景子)は調理中だったようで、フライパンの魚が炭化し、ガス中毒が疑われた。だが、風間は地域の都市ガスに一酸化炭素は含まれないと言う。中込は清香が認知症を患っていたと知り、‘夫婦間の問題’を察知して50代の夫・継秀(岡田義徳)を疑うが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・長岡弘樹『教場0 刑事指導官・風間公親』『教場X 刑事指導官・風間公親』
脚本:君塚良一(過去作/教場I,II、踊る大捜査線シリーズ、課長島耕作シリーズ)
演出:中江功(過去作/教場I,II、ギフト、プライド、Dr.コトー診療所シリーズ) 第1~4,6~8,10
   西岡和宏(過去作/ラジエーションハウスII、元彼の遺言状) 第5,9
音楽:佐藤直紀(過去作/教場I,II、海猿、コード・ブルーシリーズ、救命病棟24時[5])
※敬称略



せめて、もう少し面白味を感じるように作ってほしい…

いろいろ言いたいことはあるが。

細かいことは別にして、一番言いたいのは「もう少し、面白味を感じるように作れ!」ってことだ。

「作れ!」と、やや荒々しい物言いになったのは、脚本も演出も、数々の名作ドラマを世に送り出してきた過去がある割に、今作においてはほぼ全く… といって良いほどに “ドラマ” を描くことを本気でやっているとは思えないからだ。

まず、事件の解決に至る過程が、後出しジャンケンの情報ばかりなので、確かに “捜査” は描かれてはいるが「○○だった…」の連続で、本気で捜査をやっているように見えないのだ。

せめて、捜査をする過程で「○○が判明しました」と、やってくれれば、少しは捜査の結果で新事実が見つかったように見えるのに… だ。

また、これまでも書いているように、今作は基本的に犯人の犯行現場を見せる “倒叙モノ” のスタイルを踏襲しており、今回は若干イレギュラーではあるが、無精ヒゲの岡田義徳さんが画面に現れれば、「真犯人が誰か?」に興味が湧かないのは当然のこと。

だからこそ、犯行動機、犯行手口、捜査、推理などで魅せる必要があったのだが…

犯行も推理も、風が吹けば桶屋が儲かるレベルの偶然だらけ

今回の謎解きで困ってしまったのは、あまりにも “偶然” を重ね過ぎて、完全に奇を衒ったようにしか感じられないことだ。

詳細を書くのは避けるが。

まあ、百歩譲って「鰆(さわら)のホイル焼き」が確実に食卓にあがるものだとしても、“その時間” に確実に調理中だとは限らないのでは?

冷蔵庫内の散らかり具合を見て推理するのも…

犯行手口も推理も、ほぼ<風が吹けば桶屋が儲かる>レベルの偶然だらけで、これで楽しめと言われても困る

せめて継秀が清香が計算通りに行動しているか確認するとか

いや、そろそも論としては、「婚約指輪の話」が全く必要ない

なぜ、真犯人が自らに注意を向くような話をわざわざするのか?

自分の犯行を悔いて “わざわざ” 語ったという描写も無いし。

「婚約指輪の話」なんて入れる暇があったら、真犯人・継秀(岡田義徳)は自宅に何度も電話をして、妻・清香(竹下景子)が目論見通りに行動しているか確認するとかするべきだったのでは?

もちろん、今作がお得意の “人情モノ” にしたいからだとは思うが、流石に「通話録音の話」なんて違和感しかない。

その全く不要の「通話録音の話」を盛り込みたいがためとはいえ、電話機の消去ボタンに付いた塩から推理するなんて、もはやフィクション超えのファンタージーになってしまったと思う。

認知症と料理について(雑談)

結論に進む前に、個人的な経験談を書いてみる。

私は実の両親(既に他界している)と義理の両親の介護をやった(やっている)。

で、4人とも、それこそ、まだら認知症から重度の認知症になったわけだ。

その時にケアマネジャーさんや老人医療の医師から学習したのは、初期の認知症を疑う時に多くのケースで「料理をしたい」という意識が薄れるということだ。

その理由は簡単で、料理が好きだった人ほど、料理には数々の段取りや注意事項があって、それを思い出すのが面倒だし、億劫になってくるから「料理をしたい」と思わなくなるのだ。

逆に、「料理をしたい」「料理をちゃんと作れる」場合は、意外と認知症が進んでいないと判断もされる。

これは、食欲は人間の大事な欲求の一つでなかなか忘れることはできないからだ。

付け加えると、料理をやっていた人が「料理をしたい」と思わなくなると、買い物にも出なくなって外的刺激が減り、その結果で食欲も減り体力が落ち始め、良くないことばかりなのだ。

従って、経験からすると今回の設定はちょっと無理があるように思う。

余計な装飾をやり過ぎるから奇を衒ったようにしか見えない

ただ、私は経験もあるし、ひねくれ者だから違和感を覚えてしまうが、介護をやってことのない若い人やおおらかな人なら気にならないと思う。

私も今朝、その “おおらかな人スイッチ” を入れて録画を見直したら、まあまあ “風間道場” には見えるのだ(苦笑)

従って、若い恋人ができたから22歳上の妻を、留守中に料理をさせて殺すなら、繰り返しになるが「婚約指輪の話」も「通話録音の話」も要らないのだ。

認知症の妻が自分の思い通りに行動して死んでくれるか、ハラハラドキドキしながら印刷会社に勤める田瀬葵(中村ゆりか)と食事をとりながら打ち合わせを進める姿を描写するだけで良かったと思う。

いくら “人情モノ” に仕上げたいとしても、余計な装飾をやり過ぎるから奇を衒ったようにしか見えないのだ。

「安心したような顔」でお涙頂戴をやりたいなら、超ベテラン俳優の竹下景子さんが演じているのだから、もっと清香の人生にスポットを当てる方が得策だったと思う。

結局、強調しなくても良い部分を強調し、強調した方が良い部分を蔑ろにするから、気になるところが目立ってしまった… これが今回のすべてだったように思う。

だから、もっと内容を精査し、取捨選択し、描くべき事だけに集中するべきだった…

あとがき

どうやらネット情報によると、「最終回の続きは “劇場版” で」の路線があるとかないとか。

その噂もまんざら嘘じゃないなと思うのは、今作のサブタイトルが『教場0』だということです。

要するに、今作は風間公親が教場の先生になるまでの前日譚、エピソード0だってこと。

逆に、風間公親の前日譚、エピソード0は、犯人・十崎(森山未來)が千枚通しで風間と遠野(北村匠海)を襲うことになった事件なわけで、それが実質的な『風間公親0』であり、“劇場版” かも?

最後に、原作ではガスコンロの安全装置は亡くなった後に作動したことになっていたと記憶しています。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17980/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

風間公親-教場0- 第10話

風間(木村拓哉)と中込(染谷将太)は、変死体が発券されたという現場に臨場します。 死亡したのは住宅街の一軒家に住む仁谷清香(竹下景子)で、発見したのが22歳年下の夫でデザイナーの継秀(岡田義徳)でした。 清香は電話機の近くで倒れていました。 電話機の留守番機能の中には、彼女の音声データがたくさん残っていました。 調理中だったようで、フライパンの中の鰆は炭化していました。 清香は1年...

風間公親-教場0-第10話

内容変死体発見の連絡を受け、現場に臨場する風間(木村拓哉)中込(染谷将太)谷本(濱田崇裕)尾山(結木滉星)によると、亡くなっていたのは仁谷清香(竹下景子)。発見したのは、デザイナーで夫の継秀(岡田義徳)取引先のアカシバ印刷の田瀬葵(中村ゆりか)と打ち合わせで外出中だったという。帰宅し、キッチンからの異臭に気づいたと。認知症の妻をひとりにしたのは心配では無かったのかという中込の問いに、継秀は電...

風間公親-教場0- #10

『指輪のレクイエム 衝撃と慟哭!ついに訪れる悲劇の定め』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: