ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第36回・2023/5/22) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

第31回第7週『ボタン』の感想。
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第36回第8週『シロツメクサ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


東京大学植物学教室に通うことになった万太郎(神木隆之介)は、学生たちの前で植物標本の制作をそつなくこなす。手際のよさと植物の知識の深さに、皆は驚くばかり。さらに、万太郎はボタンの花を描き始め、その巧みさに大窪(今野浩喜)たちは衝撃を受けるのだった。田邊(要潤)はさらに万太郎を気に入り、徳永(田中哲司)の不満は増すばかり。帰り道、万太郎は、ボタンの絵を持って寿恵子(浜辺美波)の元へと向かう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



新キャラたちの人物紹介 "詳細版" で始まった月曜日

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

月曜日だから、説明過多になるのは致し方ない。

でも、その説明も先週で一度行った新キャラたちの人物紹介の “続き”、いいや “詳細版” というべきか。

まずは、まつ(牧瀬里穂)の芸者時代の話。

次に、波多野(前原滉)や藤丸(前原瑞樹)のキャラ説明。

田邊(要潤)の授業方針や、東大生の悲喜こもごもなど。

今後につながりそうなフラグも立っていた

これらだけではない。
今後につながりそうなフラグも立っていた。

冒頭で万太郎(神木隆之介)が描いた「牡丹の植物画」

白梅堂の季節の植物をいかした創作和菓子

「お父っつぁんが私にくれた本 全部 冒険の話だよ」に見る寿恵子(浜辺美波)の探求心

「東京は えいですのう!」で見えた万太郎の湧き出る好奇心

波多野の「あなたとは 違うから」による万太郎の疎外感

きっと、上記の4つをうまく組み合わせて、何でも自ら切り開いていく万太郎の “ブレイクスルー” を描いていくのだろう。

でも今作は、前作や前々作の主人公のように、自らの閃きだけ、思いつくままで解決する展開にはしてこなかったと思う。

必ず、主人公にかかわる脇役がいて、その人の言動によって突き動かされてきた。

そう考えると、今週は月曜日に登場しなかった西洋料理店でボーイをやっている竹雄(志尊淳)や、十徳長屋の差配人・江口りん(安藤玉恵)を始めとした住人たちが万太郎にパワーを注入するに違いない。

いや、そうなることを期待したい。

やっぱり、“朝ドラ” の主人公は明るくてエネルギッシュで周囲を和ませるキャラクターが似合うから。

あとがき


藤丸「いいですよね あなたは。
 好きなように来て 好きに勉強して
 好きに帰るだけじゃないですか」


この藤丸のセリフ、私が20年ほど前にフリーランスになった頃から、よく似たようなことを言われたなぁって思い出しました。

社員さんは日常業務もやって、例えば「周年パーティー」の事務局業務もやるわけですよ。

でも、当然ですが、私は事務局業務を含めた “それ” を委託されてやるのが本業です。

しかし、やはり「いいですよね あなたは」の空気は漂っていました。

最近でこそ、社内の人たちと社外、社員と非正規とフリーランスの棲み分けや作業分担が当たり前になりましたけど。

というわけで、万太郎にはめげずに万太郎も周囲も前向きに歩んでほしいです。

みっきーの植物図鑑

先日、『2,500株のバラが鑑賞できる「佐倉草ぶえの丘」で開催中「ローズフェスティバル2023」に行ってきました』で、5月16日に来訪してきたとお話ししましたが、20日に妻と行ってきました。

佐倉草ぶえの丘バラ園

実は、どうしても名前を知りたいバラがありまして、それが今回紹介するお花です。

名前は「しのぶれど」です。

名前の由来は、平兼盛の和歌台「しのぶれど 色に出でにけり わが恋は」の中の “忍ぶ恋心” をイメージしたそう。

「和」の雰囲気漂う、青みを帯びた淡い藤色と、派手さはないですがしっとり感のある花形、夜露に濡れた雰囲気も魅力的だと思いませんか?

また、どことなく “まつ” にも似ているような…

今後も、時々ですが幾つか名前付きでバラを紹介しようと思います。

バラ・しのぶれど

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17926/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第36回

第8週「シロツメクサ」内容万太郎(神木隆之介)からボタンの絵を渡され、“やってみたいことはやってみるべき”と言われた寿恵子(浜辺美波)は、「鹿鳴館に行ってみたい」と母まつ(牧瀬里穂)に伝える。だが、まつに反対されてしまう。一方、植物学教室に通い始めた万太郎。思い切って波多野(前原滉)藤丸(前原瑞樹)に話しかけてみるが。。。敬称略作、長田育恵さん演出、津田温子さん“月曜”というだけでなく。今回...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: