ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第7週/土曜日版・2023/5/20) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第7週『ボタン』の「土曜日版」の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


長屋の住人らに見送られ、万太郎(神木隆之介)はいよいよ憧れの東京大学植物学教室へと向かう。青長屋とよばれる校舎に足を踏み入れた万太郎は、植物研究の最先端の場を目の当たりにして興奮する。教授の田邊(要潤)に「土佐植物目録」を見せ、大学へ出入りをさせてもらえないかと懇願するが、助教授の徳永(田中哲司)は猛反対。教室内に不穏な空気が流れるなか、田邊教授は意外にも万太郎と意気投合し、植物学教室への出入りを許可する。翌朝、万太郎は教室への差し入れを買おうと、白梅堂へと立ち寄った。寿恵子(浜辺美波)の好きな植物が「ボタン」だと知った万太郎は、彼女のために絵を描きプレゼントする。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



あれもこれも、「今週だっけ?」の凝縮感!

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

「土曜日版」を見て最初に感じたのは…

万太郎(神木隆之介)が憧れの東京大学植物学教室に初めて足を踏み入れたのって、今週だっけ?

「本編」の… 物語の流れがしっかりと順序立てられており…
それぞれの登場人物の描き分けもちゃんとしており…
細かい部分の描写が丁寧だから…

普通なら “詰め込み過ぎ” に感じてしまいそうなエピソードやキャラクターの数であっても、まったく迷わないのだ。

だから、1週間が非常に濃厚ゆえに、まるで先週の出来事のように感じてしまうのだろう。

前作、前々作の「土曜日版」は、「また見せられるのか…」「それ先週もやったような…」ばかりだったが(失笑)

残りの5分間は<万太郎と寿恵子の物語>に…

「土曜日版」で印象的だったのは…

「本編」では、放送尺の違いもあって、全体的には万太郎がメインで、寿恵子(浜辺美波)はサブといった感じだった。

要するに、“ドラマ” として万太郎と寿恵子に物語上の “距離” があったということ。

しかし「土曜日版」は、冒頭で、中盤で… と、うまい具合に盛り込んできた上に、後半の物語を “牡丹の痣” から “ボタンの絵” へ流れるような編集にしたことで、特に残りの5分間は<万太郎と寿恵子の物語>になっていた。

ここが、印象的なのだ。

これまでの「高知編」の終盤から先週までは、どちらかというと<万太郎と竹雄の物語>だったのを、職探しという理由を作ってうまく竹雄(志尊淳)を万太郎と切り離したのだ。

この辺の “連ドラ” としての週跨ぎのうまさも今作の魅力といえると思う。

2つの "長屋" が舞台演劇風に作り込まれているような…

さて、ちょっぴり視点を変えてみる。

「クサ長屋」や「青長屋」といったいわゆる今作の “長屋” と称する描写についてだ。

今週を見ると特に際立つのが、“長屋” の場面は、舞台演劇風に創作させていると思うってこと。

細かく書くのは避けるが、ざっくり書くと、映画(テレビラマも)は、観客が定点観察(鑑賞)する “舞台演劇” にない魅力として、多重視点観察(カメラがあちこちから撮影する)を特徴として発展してきた経緯がある(諸説ある)。

その考えていくと、今作の “長屋” の場面は、脚本における登場人物同士の会話劇、演出的な見せ方も、どちらかというと “舞台演劇” 風になっていると思う。

もちろん、脚本の長田育恵氏が劇団てがみ座主宰で劇作家であるからこそ、戯曲風のシナリオに落とし込むのがうまいのだと思うが。

要するに、誤解を招くかもしれないが、ある意味で舞台演劇での群像劇のように仕立てて、映像的には主人公を際立たせる作戦だ。

だから、二つの “長屋” は “引きの画” が多用され、全体が見える構図が使われている。

その逆で、白梅堂の場面は多重視点観察を使って、モノや顔のどアップを入れてメリハリを作っているように思う。

人によっては「どアップが気になる」かもしれないが、全体の緩急を考えると、うまく描き分けができているとは思う。

あとがき

「さあて、来週の万太郎さんは?」と言いたいくらいに、先が見たくなる朝ドラになっていますね。

予告編を見ても、ワクワクします。

因みに、今週で印象的だった万太郎のセリフがこれ。

You won't be laughing when I'm known by the world.
「あなた方は黙って
 わしが世界に打って出るがを眺めちょったら えい」


英訳が間違っていたらごめんなさい…

万太郎が自信家であることと同時に、これを聞いて植物学教室への出入りを許可されるわけですから、万太郎と田邊(要潤)が熱意でぶつかるかもしれませんね。

みっきーの植物図鑑

千葉県北西部の昨日の夕方は、局地的豪雨で車を運転するのも怖いくらいでした。

今朝も、まだ小雨が降っていましたが、買ったばかりのレインウェアを着てウォーキング

写真は、今朝撮影した「ライムの実」です。

まだ、小さいですがこの頃から私が大の苦手な青虫が葉っぱを食べる時期です。

我が家の “食べる植物” は基本的に無農薬で育てていますので、これからの季節は害虫と戦いです!

ライムの実

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/17921/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: