ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第35回・2023/5/19) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

第31回第7週『ボタン』の感想。
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第35回第7週『ボタン』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


東京大学植物学教室に通うことになった万太郎(神木隆之介)は、学生たちの前で植物標本の制作をそつなくこなす。手際のよさと植物の知識の深さに、皆は驚くばかり。さらに、万太郎はボタンの花を描き始め、その巧みさに大窪(今野浩喜)たちは衝撃を受けるのだった。田邊(要潤)はさらに万太郎を気に入り、徳永(田中哲司)の不満は増すばかり。帰り道、万太郎は、ボタンの絵を持って寿恵子(浜辺美波)の元へと向かう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



冒頭の3種類の劇伴が印象的…

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

今回もオープニング映像から始まったのは、東京大学植物学教室に通うことになった万太郎(神木隆之介)の “日常” を描き始めるイントロになるからだろう。

で、万太郎は、学生たちの前で植物標本づくりをテキパキとこなしていく。

その手際のよさと植物の知識の深さに、学生たちは驚くばかりだ。

チェンバロで東京大学の格式ある感じ…

続いて、ハープとストリングスで「80日間世界一周」風な雰囲気で始まって…

万太郎がたちがったところから、マリンバと打楽器とストリングスで構成されたエキゾチックな楽曲に。

きっと、「マムシグサ」は日本の在来種で、標本が「アオマムシグサ」または「カントウマムシグサ」だから、万太郎の頭の中が世界を巡って東洋にたどり着いた… そんな世界観を音楽で表現したのかも?

マリンバでエキゾチックといえば、YMO結成前の細野晴臣さんが 1978年に発表したイエロー・マジック・バンド名義のソロ作品でトロピカル三部作(「トロピカル・ダンディ、泰安洋行、はらいそ)が思い出される。

因みに、星野源さんがマリンバを全国ツアー『星野源 LIVE TOUR 2017「Continues」』でマリンバ演奏を披露したのは、『おげんさんといっしょ』でもお馴染みの細野さんのトロピカル三部作をリスペクトしているから。

トロピカルは別にして、今作は “ドラマ全体” として良くできているため、あまり目立たない劇伴ではあるが、耳を傾けるとなかなかに考えられた楽曲と選曲だと思う。

金曜日で、一気に "ボタン" を畳み掛けてきた

万太郎が田邊(要潤)の部屋にお茶を持っていくと、これ見よがしに “ボタンの花” が(笑)

しかし、金曜日の8分過ぎ、もう残り7分しかないから、とにかく “回収” だ。

でも、この田邊の部屋のボタンの花が全く違和感がない

やはりそれは、前段のサブタイトルで『ボタン』を告知しているからだ。

そして前回で、‘八犬伝ヲタ’の寿恵子(浜辺美波)が言った「牡丹の痣」で更に伏線を張ってあるから、むしろ「早く続きを見せて!」となるわけだ。

そして、前回の感想で書いたように万太郎の植物画の実力の高さが評価される。

で、それだけで終わりかと思いきや、ボタンの絵を寿恵子に渡し、「八犬伝」絡みで寿恵子を鹿鳴館へ行くことを決意させるまで進めた。

まっ、“鹿鳴館” が今日まで置き去りになったのは少々気になるが…

先日も書いた通り、今はメインは “東京大学での万太郎” を描き、所々で澄子を盛り込む方が、全体の構成として間違っていないし、オジサンばかりの絵面よりも、華やかさが加わって良いと思う。

これで「高知編」と「東京編」がリンクしたことになる

更に、5/17(水)放送の第33回で、田邊が次のように言っていた…

田邊「『土佐から来た』と言ったね?
   私は 土佐の人には ちょっとした恩義があってね」


そして今回で…

万太郎「中濱さんは 今でも 海を 夢みておられます。
    世界の海に 出ていきたいと。
    その夢を 田邊教授が継いでおられる」


これで、万太郎と田辺が‘ジョン万次郎’こと中濱万次郎(宇崎竜童)でつながった

時代を鑑みれば、このようなキーパーソンが主人公と主人公の人生を変える登場人物に共通するは良いこと。

これで「高知編」と「東京編」がリンク)したことになるわけだから。

毎週サブタイトルの回収方法に試行錯誤が見られて楽しい

最後に、多くの視聴者は意外と気にしていないであろう、朝ドラのサブタイトルについて。

感想を投稿していると、否が応でも毎週のサブタイトルを意識せざるを得なくなる。

そして、「サブタイトルはどんな意味になるんだろう?」とか、「いつ、サブタイトルを回収するんだろう?」なんて考えるのだ。

その意味で、今作は毎週サブタイトルの回収のやり方に試行錯誤が見られて楽しい

例えば今週は、“タンポポ” を強調しつつ、画面上では “ドクダミ” を印象づけて、澄子のふとした一言から金曜日の後半で “牡丹の絵” で回収。

タンポポとドクダミでミスリードして、澄子の思い付きから植物画、ジョン万とつなげて、更に画面に登場しない姉の綾(佐久間由衣)の「飛び込んでみるがじゃ」につなげるとは、うまい構成だ。

れくらいに、脚本が計算されており、演出も丁寧で、演技でも魅せてくれる朝ドラは、久し振りだと思う。

あとがき

今週も面白かったですし、安定の「先が見たくなる連ドラ」になっていますね。

あとは、鹿鳴館が来週進むのか、やはり気になります。

みっきーの植物図鑑

30年近く前に仕事で初めて「数本の真っ白なカラーだけを使ったブーケ」を婚礼で見てから、カラーが好きになりました。


カラーは白色が一般的ですが、カラーには湿地性タイプと畑地性タイプがありまして、前者は育てるのが難しくて白が多く、後者は育てやすい上に、ピンク、オレンジ、イエロー、パープルなど鮮やかな色が品種改良されてありますよ。

今回、歩道の植え込みで咲いていたのが、南アフリカ原産の「カラー」で品種は「キャプテン・ハリウッド(ピンク)」といいます。

本来の花期は梅雨時の6~7月なので、まだ花は小ぶりですね。

キャプテン・ハリウッド(ピンク)

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17919/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第35回

内容東京大学植物学教室に出入りを始めた万太郎(神木隆之介)滞っていた学生たちの標本制作をテキパキと行うだけでなく、その知識の深さ、観察力の凄さで、学生たちを驚かせる。そのうえ、万太郎が目についたボタンの花を描き始め、そのうまさに学生だけで無く、大窪(今野浩喜)そして田邊(要潤)も驚く。そして万太郎との、意外な繋がりを知った田邊は、より一層、万太郎に興味を抱き、気に入っていく。だが、その姿に徳...

かる焼きはかるめ焼き?>『らんまん』第7週

​​​​​​​下に見られていた人が 思わぬ時に才能や実力を披露し 皆を驚かせる… よくある展開ではあるけど 絶対に盛り上がる。 しかもさ、持って生まれたものばかりでなく 凄く努力してきたことも分かっているから (本人は楽しんでやってきたことであるけど) 超絶スカッとする。 いいぞ、万太郎! …ひじゅにですが何か? ​「せいぜい頑張れ!」​by堀井  ↑ 堀井さん、かわええ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: