ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第34回・2023/5/18) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

第31回第7週『ボタン』の感想。
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第34回第7週『ボタン』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


万太郎(神木隆之介)は大学への出入りを許され、竹雄(志尊淳)も仕事が決まり、一安心の二人。万太郎から報告を受けた大学落第中の堀井(山脇辰哉)は、にわかには信じがたい様子だったが、大学にいていい間は頑張れ!とエールを送るのだった。翌朝、万太郎は菓子を買うため白梅堂に立ち寄る。万太郎は寿恵子(浜辺美波)に好きな植物を尋ね、「ボタン」だと教えてもらい…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



滅多に起こらないことの象徴としての "双子のタマゴ"

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

冒頭、アバンタイトル無しでオープニング映像(1分16秒バージョン)だから、一応万太郎(神木隆之介)が東京大学植物学教室への出入りを許されるくだりは、一区切りをつけたかったようだ。

だとすると、サブタイトル『ボタン』の回収が済んでいないのが気になるオープニングではあるが…

主題歌明けに登場したのは “ボタン” ではなくて “タマゴ”、それも “双子のタマゴ=二黄卵” だ。

皆さんはどうか知らないが、私の子供の頃は “双子のタマゴ” は珍しくて、茶柱のように見つけるとラッキーというような風潮があった。

調べてみると、二黄卵の発生確率は3~5%で、基本的には検査で見つければ市場には流通せず、最近は AI(人工知能)が検査するため1%もないそうだ。

50年近く前の東京下町、私の実家の近所には「卵専門店」があって、常時 10種類程度の卵が買えて、母や祖母と「次はこの卵にしようね」と言って買ったのを思い出した。

話を今作に戻すと、滅多に起こらないことの象徴として、庶民の栄養素 “卵” を登場させて、前回とは見違える… シュンとした万太郎からの切り替えを見事に際立たせたと思う。

犬塚信乃戍孝の "牡丹の痣" につなげるとは!

サブタイトルの『ボタン』は何処へ… と思って見ていたら、まさか犬塚信乃戍孝(いぬづか しの もりたか)の “牡丹の痣” につなげるとは思わなかった。

まあ、これを “回収” というべきかは悩ましいところだが、逆にいつも野山や道端に咲いている草花をサブタイトルにしてばかりでは能がないから、こうして脇役のエピソードと絡めるのは良いアイデアだ。

また。万太郎のモデルである牧野富太郎博士の植物の描画力は絵画の専門家も圧倒するものがあって、下記のように牧野博士が描いた植物画を塗り絵にして楽しめる本が出版されるほど。

下の表紙やリンク先に掲載されている線画を見ると圧倒されること間違いなしなのだ。

従って、『ボタン』が “牡丹の痣” で終わらないことを期待したい。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


丁寧な「かるやき」の説明に思うこと…

また、意外だなぁと思ったのが、「かるやき」の説明だ。

蜜を沸騰させて、重曹を入れてかき混ぜるところから描写していた。

私の子供の頃は、縁日の夜店では必ず売っていて、作るのを見て買うのが楽しみだった。

でも、最近では見かけなくなっているから、知らない人への情報提供としても意味があるし。

何より、和菓子屋が舞台になっているという “雰囲気” も “香り” も “熱さ” も伝わってきたから、映像描写としてはうまくいったと思う。

あとがき

お互いに見つめ合った直後に、感慨深い様子で「はあ… 牡丹か…」と言った万太郎が、思いついたように歩き出した場面で終わりました。

金曜日に何があるのでしょう?

正に、先が見たくなる連ドラになっていますね。

みっきーの植物図鑑

今朝の『NHKおはよう日本』で、愛知県で “みかん” の花が最盛期で既にツボミもできているとのニュースを見まして。

ご近所の “橙(だいだい)” のなる木に行ってみました。

すると、一輪だけ咲いていましたよ。

先日の “レモン” 同様に、千葉県北西部の住宅街でも柑橘類の果樹を育てている家は多いです。

だいだい

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17917/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第34回

内容田邊教授から植物学教室への出入りを許された万太郎(神木隆之介)長屋へ戻ってきた万太郎から話を聞いた丈之助(山脇辰哉)は茫然自失。そこに、レストランのボウイが決まったと竹雄(志尊淳)が帰ってくる。大喜びの万太郎に、丈之助は、いていい間は頑張れと。。。翌日、万太郎は、教室に持って行くための菓子を買うため白梅堂に立ち寄る。寿恵子(浜辺美波)に注文をする。そして、万太郎は、寿恵子に好きな花を尋ね...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: