ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第29回・2023/5/11) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram
第29回第6週『ドクダミ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


十徳長屋に住むことを決めた万太郎(神木隆之介)と竹雄(志尊淳)。差配人のりん(安藤玉恵)や住人・福治(池田鉄洋)たちの手を借りて、部屋に荷物を運び入れる。そして、植物標本が手元に戻った万太郎は、改めて倉木夫婦(大東駿介・成海璃子)を訪ねるのだった。東京での新生活、いよいよスタート!
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



4時16分ごろに本棚がガタガタと揺れて、何となく寝不足…

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

朝から “明るい朝ドラ” は気持ちがいいです。

皆様もご存じのとおり、今朝早くに千葉県で震度5強の地震がありました。

私の地域は震度3程度だったが、4時16分ごろに本棚がガタガタと揺れて、何となく寝不足

というわけで、こんな朝は “明るい朝ドラ” が似合うと思います。

もちろん、能登半島沖同様に、しばらく用心は必要だと思いますし、これを機会に非常用持ち出し品のチェックをしようと思います。。

朝ドラらしく "人情噺" 風に仕立てるのはうまい脚本

実に、丁寧な描写が続く…

序盤で、“ドクダミ” の名前の意味や薬効についての言及があるからこそ、次の倉木隼人(大東駿介)と万太郎(神木隆之介)とのやり取りが、ただの雑草の話でない意味が出てくる。

倉木「雑草なんか お前
   生えてても しょうがねえだろうが…」
万太郎「雑草ゆう草は ないき。必ず 名がある!」


もちろん、表面的には「雑草の話」なのだが、当然、雑草は下層階級の市井の人々のことを比喩してているのだろう。

これは、以前に高知の自由民権運動家・早川逸馬(宮野真守)との演説の中にも通ずる内容で、今作は “雑草” をただの主人公が愛する対象としてだけでなく、人間の尊厳の代替品として利用しようと試みているのかもしれない。

でも、今作は『大河ドラマ』ではないから、あまり政治寄りにすると作風が変わってしまうから、このような “人情噺” 風に仕立てるのはうまい脚本だと思う。

もちろん、本来ならこれまでのように、万太郎が大好きな草花として、万太郎の “ドクダミ愛” みたいなものをもっと盛り込んだ上に、全部抜かれちまったドクダミを見た倉木の心情、隼人の妻・えい(成海璃子)の気持ちを描写しつつ、前述の倉木と万太郎のやり取りに突入したほうが得策だったと思う。

ただ、恐らく明日の金曜日で “あの人” を絡めてくるだろうから、木曜日中に長屋の住人紹介含めて、済ませておく必要があったから、少し間引いて作り込んだのだろう。

まあ、何度も言うが、設定も説明も “ドラマ” ではないから、程々にするのはとてもよいこと。

やはり、まだまだエピソードの取捨選択が最適に行われている証拠だと思う。

終盤の万太郎と竹雄のやり取りは、まるで掛け合い漫才

さて、面白かったのは、終盤の万太郎と竹雄(志尊淳)のやり取りだ。

竹雄「『峰屋は 若の財布じゃない』。はい。はい」
万太郎「『峰屋は 若の財布じゃない』」


まるで、掛け合い漫才のようだ。

しかし本来の “バディ” とは、このように描くべきで、普通のことをやっているだけなのにスゴイと思わせるのは、最近の朝ドラに限らず多くの “ドラマの質” の低下のせいだと思う。

N「こうして 十徳長屋の住人となった万太郎。
  根津での暮らしが始まったのです」


万太郎と竹雄の “バディ” を描きつつ、締めのナレーションでは、しっかりと “万太郎” を強調してきた。

この辺の見極めも聞き逃せない!

今後、小倉久寛さん演じる質屋の店主は登場するのか?

ちょっとだけ気になっていことというか、どうなるんだろうと期待していることを書いてみる。

気づいておられる読者様もいらっしゃると思うが、今作(に限らないが)を始め最近の “ドラマ” の出演者や登場人物は全体的に若い

例えば、「クサ長屋」の住民たちも、演者の実年齢よりは若めの年齢設定で演じられている。

もちろん、当時の平均寿命を考えても、別に違和感はないのだが。

でも、それだからこそ、「高知編」での次の3人の “年配キャラ” の存在感が際立ったと思う。

 ●親戚の豊治(菅原大吉)
 ●佐川領主深尾家の家臣・塚田昭徳(榎木孝明)
 ●‘ジョン万次郎’こと中濱万次郎(宇崎竜童)

演者の実年齢も、キャラ年齢も、それなりの設定なのだ。

そうなると、そう… 質屋・店主(小倉久寛)は? と、なるわけ。

できれば、作品の幅広さ、奥行き、深みを表現する意味でも、“おぐちゃん” の今後に期待したのだ。

あとがき

着実に “あの人” との再会の足音が聞こえてきますね。

史実から察すると、小学校中退の万太郎がどうやって東京大学に潜り込むのかも気になります。

いろいろ、先が気になる、続きが見たくなる朝ドラでよいと思います。

みっきーの植物図鑑

昨日は、「ドクダミ」の写真をアップし忘れました(謝)
今はアップしてあるので、よかったら見てくださいませ。

さて、今朝の花は何でしょう?

レモンの花

答えは、「レモンの花」です… 当たりましたか?

ご近所さんでここ数年レモンが収穫できている木です。

レモンの花は、条件よければ一年中咲きます。

7月、9~10月も咲きますが、一番たくさんさくのが5月。

因みに、この時期の花はジャスミンのような香りで、葉っぱがレモンのような柑橘系の香りがします。

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17900/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第29回

内容トランク盗難をきっかけに、通称“クサ長屋”と呼ばれる十徳長屋にやってきた万太郎(神木隆之介)は、その心地よさに感激。差配人のりん(安藤玉恵)に住みたいと伝え、竹雄(志尊淳)と住むことが決まる。りんや、住人の丈之助(山脇辰哉)ゆう(山谷花純)久兵衛(住田隆)福治(池田鉄洋)らに手伝ってもらって、2つの部屋に荷物を運び入れる。大学に通うつもりだと言い切る万太郎に、一同は唖然とするが、そんな一...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: