ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

それってパクリじゃないですか? (第5話・2023/5/10) 感想

それってパクリじゃないですか?

日本テレビ系・水曜ドラマ『それってパクリじゃないですか?』
公式サイトWebsiteTwitterInstagramTikTok

第5話『調整の樹海』、ラテ欄『堅物上司と霞が関デート!? 許されぬ特許のワケ』の感想。

なお、原作の漫画、奥乃桜子「それってパクリじゃないですか? ~新米知的財産部員のお仕事~』は未読。



納品されたポスターの写真が、社長の増田(赤井英和)が個人ブログから無断で使用したものと判明。亜季(芳根京子)は北脇(重岡大毅)から、権利者に許可を願い出るよう促される。一方、窪地(豊田裕大)が開発した甘酒の特許に関する「拒絶理由通知書」が届き、亜季は補正書を手に窪地と特許庁へ。偶然にも窪地の知人だった審査官の仁美(小野ゆり子)は、窪地に兄・政宗(板橋駿谷)に相談するよう助言する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・奥乃桜子『それってパクリじゃないですか?~新米知的財産部員のお仕事~』
脚本:丑尾健太郎(過去作/下町ロケット、半沢直樹2020、競争の番人) 第1,2,3,5
   佃良太(過去作/朝ドラ「舞いあがれ!」、星とレモンの部屋) 第4
演出:中島悟(過去作/デカワンコ、セカムズ、これは経費で落ちません!、俺の話は長い) 第1,2,5
   内田秀実(過去作/あな番、ヤンキー君と白杖ガール、ファーストペンギン) 第3,4
   鯨岡弘識(過去作/地上波ドラマなし)
チーフプロデューサー:三上絵里子(過去作/ファーストペンギン!、リバーサルオーケストラ、すきすきワンワン!)
音楽:富貴晴美(過去作/朝ドラ「舞いあがれ!」、花嫁のれんシリーズ、西郷どん)
主題歌:AARON「ユニーク」
オープイングテーマ:ジャニーズWEST「パロディ」
※敬称略



少し成長した主人公が "調整" を学ぶエピソード

熊井「知財の経験も しっかりと積まれてきた藤崎さん…」
   ※   ※   ※
熊井「開発部出身の藤崎さんだからこそ…」


というわけで、連ドラの折り返し地点らしい、少し成長した主人公が複数案件に巻き込まれ奮闘するエピソードだ。

ただ、同時に2つの案件を… では工夫がない。

そこで、今回は実際の特許庁をロケ地に使用できるというメリットをいかして、審査官の有田仁美(小野ゆり子)を登場させて「甘酒の特許」は窪地(豊田裕大)をメインにして亜季(芳根京子)は補佐役に。

一方の「ポスターの権利」は亜季を北脇(重岡大毅)が影からフォローという異なった構成になったようだ。

ややごちゃごちゃしたが、結末はしたってシンプル

まあ、ぶっちゃけ「甘酒の特許」については、知財部が出しゃばる前に窪地自身、開発部がもっと事前に精査すべき案件で…

更に窪地の兄・窪地政宗(窪地政宗)まで登場して、実家の痴話げんか的なものまで盛り込む必要があったのか疑問ではある。

従って、予想通りに「甘酒の特許」に割り当てられた放送尺では少々分かりづらい顛末になったのが残念だ。

しかし、「ポスターの権利」については、知財部の4人のキャラクターの違いをうまく見せながら、北脇の思いなども丁寧に描写されており、結末の分かりやすさを含めて、“知財” という難しいテーマのドラマとしては、楽しく見せてくれたと思う。

全体的にはややごちゃごちゃした印象は否めないが、今回で描くべき “調整” に奔走する主人公はきちんと描かれていたので、大きな不満はない。

自分の感情を表現するセリフが極端に少ないからこその演出

今回の演出で注目したのが、登場人物のセリフのない顔のアップの使い方の妙だ。

今回の脚本は(当然、読んではいないが)、登場人物が主張する場面でのセリフは多いが、自分の感情を表現するセリフが極端に少なかった。

そこで、効果的に使ったのが、例えば「どうしたんだろう…」とか「ガンバレ!」とか「よくやったわね!」的な感情表現を現場で台詞を加えずに、俳優陣の無言の演技で見(魅)せた。

これをやれるのは、当然に俳優さんたちの存在感や演技力が信用できるからであって、数々のアップのカットを見ると、演者の凄味や迫力、集中力なども垣間見えて、実写ドラマ版ならではの楽しみも味わえた。

実際の特許庁をロケ地に使用したシーンにも注目

更に、ドラマ好きとして注目したのが、前述の実際の特許庁をロケ地に使用したシーンだ。

庁舎の外観、1階ロビー、食堂はもとより、亜季と窪地が有田審査官と面接した「面接室」は初めてカメラが入ったという。

また、無効審判の口頭審理の場面で使用された「審判廷」も、実際の「特許審査室」でリアルに再現されたそうだ、

更に、特許庁の公式YouTubeチャンネル「JPOちゅーぶ」に出演している現役審査官・佐藤純也氏が、審査官役としてゲスト出演したのも、今作らしいサプライズだと思う。

JPOちゅーぶ:https://www.youtube.com/@JPOtube

あとがき

日ごろ、なかなか勉強したり知る機会が少ない知的財産に関する知的好奇心が満たされるドラマだと思います。

それに、人によっては、“常識知らず” や “世間知らず” が登場するので好き嫌いはあると思います。

でも、誰もが「連続ドラマでは難しい」と思えるテーマに取り組むチャレンジ精神は大いに評価したいです。

こういう作り手がいないと、いつまでも似たり寄ったりの “ドラマ” ばかりになってしまいますから。

最後に、原作ファンによる原作の擁護や、原作との比較コメントが後を絶ちませんが、当ブログでは基本的に原作と比較しませんので無視しますので、悪しからず。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17899/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

それってパクリじゃないですか? 第5話

カメレオンティーのポスターが完成しましたが、使用している写真が個人のブログから無断で借用したものだと発覚します。 このまま世に出したら著作権の侵害になってしまいます。 北脇(重岡大毅)から写真の権利者への許可申請を指示された亜季(芳根京子)ですが、調整に苦労し、なかなかスムーズに事は進みません。 そんな中、亜季は同期の開発部員・窪地(豊田裕大)が出願している特許の案件を引き継ぐことにな...

それってパクリじゃないですか? #05

『堅物上司と霞が関デート!?許されぬ特許のワケ』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: