ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~ (第4話・2023/5/8) 感想

合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~

関西テレビ制作・フジテレビ系・新 月10ドラマ『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第4話『生理的にあり得ない』の感想。

なお、原作の小説、柚月裕子『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』は未読。



8カ月前。探偵事務所を開いた涼子(天海祐希)の元に、美容家の樹里亜(水野美紀)のクリニックであざを消す施術を受けて逆に悪化したという女性・真紀(市川由衣)がやって来る。海外での整形手術費用を樹里亜から奪ってほしいという。樹里亜がイケメンの秘書を探していると知った涼子は、道端で出会ったさえない青年(松下洸平)を変身させ、秘書に据える。彼こそ後にバディとなる貴山だった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・柚月裕子『合理的にあり得ない 上水流涼子の解明』
脚本:根本ノンジ(過去作/相棒シリーズ、監察医朝顔シリーズ、正直不動産)
演出:光野道夫(過去作/BOSS 2ndシーズン、後妻業) 第1,2,4
   二宮崇(過去作/正義の天秤、つまらない住宅地のすべての家) 第3
   倉木義典(過去作/推しの王子様、僕の大好きな妻!)
音楽:眞鍋昭大(過去作/SUITS[1,2]、姉ちゃんの恋人、PICU、夕暮れに、手をつなぐ)
主題歌:ざきのすけ。「彼は誰どき」
プロデューサー:萩原崇(過去作/後妻業、DIVER-特殊潜入班-)
   清家優輝(過去作/しろめし修行僧、スタンドUPスタート)
※敬称略



もう少し盛り上がっているように見えるように作れないものか…

出演者お目当ての人は楽しめただろうから、読まないほうがよいと思う。

さて、ハッキリ書くが、一向に面白味を感じにくい。

まず “連ドラ” として…

現状にほぼ興味がない上に、今作は「エピソード0」として主人公の弁護士時代を描いているし、そこを今後も描くつもりがあるように思う。

そういう状況で、「エピソード0」のあと、現状の前という中途半端な前日譚を今さら盛り込まれても困ってしまう。

むしろ、今回を第1話にして、「エピソード0」を “縦軸” にしたほうがシンプルでよかったと思うが…

別の視点は “コメディドラマ” として…

今回の演出はメイン演出の光野道夫氏だ。

とにかく、「引きの画」が多いのが、もはや特徴と言ってもよいくらいだ。

先日、ドラマ『デカワンコ』シリーズ(日テレ/2011~)、『世界一難しい恋』(日テレ/2016)、『俺の話は長い』(日テレ/2019)などのメイン演出担当の中島悟氏が、当ブログに次のようなコメントを送ってくださった。

演出家・中島悟さんから拍手コメントをいただきました:「すきすきワンワン!(第1話)」の演出について

カメラで人物をフォローするような感じが多いと作品がコメディ色が出てしまいます。


私が、ドラマ『すきすきワンワン!』(日テレ/2023)でコメディ要素のあるドラマなのに「引きの画」が多いことに言及した際の解答だ。

要するに、中島氏の言葉を逆説に捉えれば、コメディ色を出すにはカメラは人物をフォローしろってことになる。

だから、例えば涼子(天海祐希)と樹里亜(水野美紀)がボトルの酒を頭から掛け合う時は、それぞれの驚きの表情が必要だったし、掃除係で侵入する涼子のアップも入れるべきだったということだ。

コメディはやるとなったらふり切れるまでやったほうがよい

結局、脚本も脚本だが、コメディとして盛り上げようとする演出が不足しているのだ。

水野美紀さんがぶっ飛んで弾けた名作コメディドラマ『浦安鉄筋家族』(テレ東/2020)までやれとは言わないが、天海祐希さんと水野美紀さんという二大 “何でもこなす俳優” を揃えた割に、個人まりしたのは本当にもったいない。

やはり、コメディドラマは、やるとなったらふり切れるまでやったほうがよいと思う。

まあ、今作の場合は放送枠の特徴もあって、どこか社会派、空想劇風なところを狙っている可能性があるから難しいかもしれないが…

あとがき

恐らく、「天海祐希さんと水野美紀さんの演技バトルが半端ない!」的な称賛記事がネットに踊ると思いますけど、それって “ドラマに対する評価” ではないような(苦笑)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17894/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~ 第4話

久実(白石聖)は、探偵事務所で美容クリニックの服を発見します。 貴山(松下洸平)の話では、涼子(天海祐希)が最初の仕事で使った衣装で、涼子にとっては思い出したくない案件のようです。 8カ月前、丹波(丸山智己)の協力で探偵事務所を開いた涼子の元に、依頼者・西田真紀(市川由衣)が涼子の後輩弁護士を伴ってやって来ました。 真紀は、有名な美容家・愛原樹里亜(水野美紀)が院長を務めるクリニックで...

合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~ 第4話

内容久実(白石聖)がナース服を着ているのを見て、不快な涼子(天海祐希)貴山(松下洸平)が、ワケを話し始める。探偵事務所を初めて、最初の依頼だったらしい。8ヶ月前。貴山がまだいなかった時の話。丹波(丸山智己)の協力で、事務所を立ち上げた時。涼子の弁護士時代の後輩が、依頼人の西田真紀(市川由衣)を連れてきたという。美容家・愛原樹里亜(水野美紀)が院長を務めるクリニックで、アザを消す施術を受けたの...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: