ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

風間公親-教場0- (第5話・2023/5/8) 感想

風間公親-教場0-

フジテレビ系・フジテレビ開局65周年特別企画・月9『風間公親-教場0-』
公式リンクWebsitetwitterInstagram

第5話『盲信の果て』の感想。

なお、原作の小説、長岡弘樹 著の『教場0 刑事指導官・風間公親』と、『教場X 刑事指導官・風間公親』で、両方とも既読



交番勤務だった遠野(北村匠海)は警察学校の学校長・四方田(小日向文世)の推薦で風間(木村拓哉)の下へ。大学教授の梨多(野間口徹)の遺体が自宅テラスの下で発見され、殺人と断定した遠野はゼミ生で第一発見者の戸守(水沢林太郎)を事情聴取。風間は遠野の腕を認めるも「君には欠けているものがある」と指摘する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・長岡弘樹『教場0 刑事指導官・風間公親』『教場X 刑事指導官・風間公親』
脚本:君塚良一(過去作/教場I,II、踊る大捜査線シリーズ、課長島耕作シリーズ)
演出:中江功(過去作/教場I,II、ギフト、プライド、Dr.コトー診療所シリーズ) 第1~4
   西岡和宏(過去作/ラジエーションハウスII、元彼の遺言状) 5
音楽:佐藤直紀(過去作/教場I,II、海猿、コード・ブルーシリーズ、救命病棟24時[5])
※敬称略



今までよりは "謎解き" の面白さは感じられた

最初に、原作はすべて既読だが今作(実写ドラマ版)とは比較しない。

演出が、『教場I,II』と今作の第4話までを担当していた中江功氏から、最近作では『元彼の遺言状』等を担当した西岡和宏氏に交代した。

そのため、全体の雰囲気、特に “風間道場” が若干薄まっていたり、山の中の一軒家の描写がどことなく『元彼の遺言状』っぽかったのが引っ掛かったが、大きな違和感とまではいかない。

いや、むしろ、「新米刑事の知的ミステリー」といえば正しいだろうか。

これが “連ドラ” としての方向修正なのか分からないが、橙色下線マーカー太字(ポジティブ・今までよりは謎解きの面白さは感じられたのは確か。

個人的には、これもアリだと思う。

遠野は優秀だから "風間道場" が薄めでも承服しやすい

さて、今回の仕上がりの評価に悩むのは、(原作と比較しない)“連ドラ” としての “風間道場” の描き方の変化だ。

風間「学校長の推薦の理由だが…。成績はトップ。
   事件捜査の授業では類まれな頭脳を発揮した」


風間(木村拓哉)が言っているように、新人刑事の遠野(北村匠海)は優秀なのだ。

だから、最初の瓜原(赤楚衛二)、二番目の隼田(新垣結衣)と比べるが稚拙に見えるし感じる。

ここが評価の分かれ道だ。

過去の2名は遠野よりは優秀でなかったから “風間道場” が強めに描かれていた。

そう、風間がしっかり厳しく指導しなくては成立しないからだ。

しかし、遠野は優秀だから “風間道場” が薄めでも承服しやすいのだ。

従って、“風間道場” は、“生徒” によって指導を変えている、イマドキでいうなら “個人指導” だ。

ここが、生徒たちを一律に指導・教育する警察学校との違いと考えれば、次の風間のセリフも納得できる。

風間「警察学校は何を教えているんですか?」


これまでは、瓜原に対してはヒントの出す過ぎ、隼田に対してはシングルマザーの事情を飲み込み過ぎだったのが大きな違和感だった。

しかし、“個人指導” となれば話は別だ。

ふたりの “生徒” が残っているが、ここである意味の “回収” をしたと考えれば、今後も受け入れやすくなると思う。

遠野が優秀だから、風間がベッタリくっつく必要がない…

今回で、何気に良かった部分を書いてみる。

これは、遠野が優秀だから、風間がベッタリくっつく必要がない… ことから生まれたエピソードだと思う。

遠野「捜査会議で 少し気になる点が」


遠野が捜査会議にひとりで出席し、その内容に違和感を覚えて風間に報告するくだりだ。

これによって、風間が経験と勘で真犯人を既に割り出しており、その答え合わせをするのが “風間道場” ではなく、風間は “生徒” の自主性を重んじて教育しているように見えたのだ。

何より、必死に捜査に、風間教官に、食らいついていこうという新米刑事の努力が見えるから、こう言う描写があると “道場” らしさが増すと思う。

まあ、これをやるなら、捜査一課の先輩刑事・谷本(濵田崇裕(ジャニーズWEST))らふたりは必要なくなるが(苦笑)

あとがき

こうなってくると、生徒役のキャラ設定と、演技力でだいぶ内容への納得感が違ってくる作風になりますね。

残りのおふたり、演技力については不安と期待… しかありません(苦笑)

いよいよ、『続・最後から二番目の恋』(フジ/2016)」以来9年ぶりの連ドラ出演の坂口憲二さんが… ですね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17893/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

風間公親-教場0- 第5話

風間(木村拓哉)の元に、新人刑事・遠野章宏(北村匠海)がやって来ます。 子供の頃から警察官になることを夢見ていた遠野は警察学校を優秀な成績で卒業していました。 風間道場に入ることになったのも、警察学校の校長・四方田(小日向文世)の強い推薦があったからでした。 ある日、遠野は風間と共に変死体が見つかった現場に臨場します。 死体で発見されたのは、大学教授で地理が専門の梨多真夫(野間口徹)...

風間公親-教場0-第5話

内容刑事指導官の風間(木村拓哉)のもとに遠野章宏(北村匠海)がやって来る。警察学校の校長・四方田秀雄(小日向文世)の強い推薦だった。そんななか事件が起きる。臨場する風間と遠野。被害者は、大学教授で地理が専門の梨多真夫(野間口徹)第一発見者は、梨多のゼミの教え子・戸守研策(水沢林太郎)そのことを報告する谷本(濱田崇裕)事故の可能性があるのではと。すると遠野が“教授の身になってみます”と。現場の...

風間公親-教場0- #05

『妄信の果て…花を愛する刑事vs大学生 目に映る全てを疑え』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: