ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第26回・2023/5/8) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram
第26回第6週『ドクダミ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


万太郎(神木隆之介)に「東京にはついてこなくて良い」と言われた竹雄(志尊淳)。戸惑う竹雄は、タキ(松坂慶子)に相談するも、「自分で決めたら良い」と言われさらに悩む。自分の気持ちを見つめ直し竹雄は、綾(佐久間由衣)のもとへ向かい、今まで秘めてきた想いを告げるのだった。そして春。いよいよ万太郎が東京へ旅立つ日がやってきた。竹雄が下した決断は!?
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



第1回の冒頭も、今回と同じ "ホワイトイン" だった!

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
((私が管理人の “みっきー” です!)

冒頭も冒頭、今回の1カット目に注目だ。

NHK総合の場合、地方により各局のニュースが終わって、『らんまん』がスタートした時に画面が「真っ白」から始まったと思う。

これは、映像用語で「ホワイトイン」と言って、画面全体が白い状態から徐々に切り替わっていく場面転換技法

皆様がご存知なのは、黒い状態から切り替わるフェードインだと思う。

なぜ、ここに注目なのかというと、今作の第1回の冒頭も同じホワイトインだったのだ。

第1回の冒頭は、「おまん 誰じゃ?」とキラキラとした眼差しで野山に咲く “草” を見た万太郎(神木隆之介)から始まった。

要するに「高知編」の “始まり” を告げる演出がホワイトインだったわけだ。

そして今回は、「東京編」の “始まり” だ。

このことからも、第6週の演出担当は、第1~3週を担当した今作のメイン演出である渡邊良雄氏であると分かるわけだ。

因みに、第1回で万太郎が見つけたのは「ヤマトグサ(大和草)」

牧野富太郎博士が最初に新種発表した植物で、「日本の草=ヤマトのクサ」から命名されたと言われている。

牧野富太郎博士はどんな草花も恋人のように接しておられた

いよいよ「東京編」の始まりだ。

次の万太郎(神木隆之介)のセリフに注目だ。

万太郎「東京さん 今日から わしも 仲間じゃき。
  よろしゅうのう」


万太郎が道端に生えている「タンポポ」に話しかけるシーンだ。

タンポポには‘在来種’と‘外来種’があり、大まかな見分け方は外総苞片(花の下の緑色の部分)が反り返っていると‘外来種’、反り返っていないと在来種’とされる。

映像をよく見ると、反り返っていない上に、葉がロゼッタ状(茎がなくて、放射状に葉っぱが広がる)なので在来種’と思われる。

流石に、カントウタンポポなのか、カンサイタンポポなのかまでは分からなかった。

ただ、牧野博士はどんな草花も恋人のように接しておられたそうだから、このシーンを見ると万太郎と植物の関係性がよく分かった

またまた因みに、昨日(5/7)に放送されたNHKの番組では、生前の牧野博士のアーカイブ映像を見ながら、いとうせいこうさんと島崎和歌子さんのトークが見られる生前の牧野博士のアーカイブ映像を見ながら、いとうせいこうさんと島崎和歌子さんのトークが見られるので、興味のある人は見ていただきたい。

メッチャ面白いし、勉強になる内容だから…

『あの日 あのとき あの番組 ひたむきに愛するということ「らんまん」と牧野富太郎』

今週からクレジットが「竹雄」から「井上竹雄」に…

さて、「東京編」になって、変更もあった。

万太郎「峰屋を出た今 おまんは わしの従者じゃない。相棒じゃき」


ついに、竹雄(志尊淳)が “相棒” になった。

それに合わせ、先週までのクレジットは「竹雄」だったが、今週から「井上竹雄」に

竹雄も、ひとりの人間として動き出したというわけだ。

あとがき

「東京編」の第1回であるから、主人公が感じた “東京の第一印象” を強調しつつ、懐かしい人たちとの再会を通して “過去とのつながり” も強調して… というところでしょう。

トラブルで騒がず、もめ事でドタバタせず、「何が起こるのかな?」って感じの通常運転での始まりとなりました。

あとは、これだけ「タンポポ」を強調したのに、サブタイトルは『ドクダミ』なのが気になりますね。

いや、“あの人” との再会が楽しみです!

みっきーの植物図鑑

今朝は大雨と強風で竜巻注意報が発令していたので、連休中の天気の良い朝に撮っておいた写真です。

歩道の電柱の横に咲いていました。

手前のピンク色の花が、「ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)」
名前の通り、「月見草」は夕方から夜に咲きますが、こちらは明るいうちに咲きます。
花言葉は「無言の愛」「奥深い愛情」。

奥の紫色の花が、ユリ科シラー属「シラー・ベルビアナ(和名:オオツルボ)」で花言葉は「変わらない愛」「多感な心」。

ヒルザキツキミソウとシラー・ベルビアナ

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17892/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第26回

第6週「ドクダミ」内容東京に到着した万太郎(神木隆之介)竹雄(志尊淳)早速ふたりは、野田(田辺誠一)里中(いとうせいこう)のいる博物館へ。野田から東京大学への紹介状をもらった万太郎たちは、名教館時代の友人・広瀬佑一郎(中村蒼)と再会する。再会を喜ぶふたりだが、佑一郎に紹介してもらった下宿先で、荷物が多すぎると言われたと言われてしまう。植物標本を捨てることが出来ない万太郎は。。。敬称略作、長田...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: