ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第12回・2023/4/18) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram
第12回第3週『ジョウロウホトトギス』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


東京行きが決まった万太郎(神木隆之介)は、憧れの植物学者に会えると舞いあがる。一方、綾(佐久間由衣)はせっかくの縁談を破談にし、タキ(松坂慶子)をがっかりさせてしまう。酒造りへの情熱を捨てられない綾は、蔵人の幸吉(笠松将)にある相談を持ちかける。春になり、万太郎は竹雄(志尊淳)を伴い、いよいよ東京へと旅立つ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん)
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



心地よい笑いに朝からホッとした

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

アバンタイトルで…

峰屋に小学校校長(谷川昭一朗)がやって来て、万太郎(神木隆之介)を小学校の教師にしたいと。

校長「佐川一の秀才は 紛れもなく君だと。
  まあ しかも 仕事もしないで フラフラしていると。
  まさに うってつけ」
万太郎「フラフラゆうか…」
市蔵「さすが 校長先生 お目が高い!
  手前どもの主は 秀才じゃき
  書店に毎月えらい高い金を払いゆう
  わしが言うがですき 間違いありません!」
定吉「これで もう 昼行灯とは言わせません!
  お客様にも 恰好がつきます」
校長「ありゃ アホだな」


番頭の市蔵(小松利昌)や手代頭の定吉(赤木悠真)ら奉公人たちも大喜びだが、当然のことながら万太郎の興味関心の矛先は “草” と “心の友” だけというオチだ。

吉本新喜劇を見ているような、心地よい笑いに朝からホッとした。

きっと「土曜日版」には残らないと思うが、このアバンを見て思ったのは、「週5の本編」では数々のエピソードを盛り込んで州人口だけでなく脇役も面白おかしく楽しく見せ、「土曜日版」ではしっかり主人公の物語に再編集するのかも? ってこと。

もしも、この予想が当たっているなら、「週5の本編」も「土曜日版」も両方楽しめる朝ドラになる可能性があるわけだ。

これは益々楽しみが増えた。

「姉と弟の物語」も、とてもいい感じ

主題歌明けは、「姉と弟の物語」だ。

目指すものが全く違う姉と弟の対比を、若干 “弟” は薄めではあるが、“姉” として、“女性” としての葛藤にもがきつつも、夢を掴もうとしている… そんな姉の綾(佐久間由衣)の存在が、劇中の時代を反映しつつ令和の今とのギャップで、いい感じに際立ったエピソードだ。

そこに絡んでくる蔵人の幸吉(笠松将)、竹雄(志尊淳)の立ち位置もいい感じだ。

脇役の魅力も描きつつ、主人公の物語の部分ではちゃんと「次が見たくなる展開」になっているのも評価したいところ。

もちろん、今回の新酒がきっかけの祖母タキ(松坂慶子)と綾の関係も気になる…

あとがき

やたらと騒動が起こらずに、人物を描いて話を進めているのが良いと思います。

みっきーの植物図鑑

今朝、ウォーキングをしていたら周囲はまだまだツボミなのに、ここだけ満開のアジサイを見つけてパチリ。

アジサイ

でも、よ~く見ると造花でした(笑)

というわけで、こっちは本物の “ツツジ” です。

ツツジ

千葉県に引っ越してきてから “ツツジ” をよく見かけるようになり好きになりました。

遠くから見ると群生して咲くので華やかに見えるのに、一つずつは清純でおしとやかに見えます。

花言葉は「節度」「慎み」で、赤のツツジは「恋の喜び」、白のツツジは「初恋」だそう、なるほど… ですよね。

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17835/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第12回

内容小学校校長(谷川昭一朗)から教師にという話が、舞い込む万太郎(神木隆之介)しかし、それどころでは無いと、万太郎は東京行きの準備を始める。一方、綾(佐久間由衣)が縁談を破談にし、タキ(松坂慶子)は激怒していた。心配した竹雄(志尊淳)が声をかけると。。。。どうしても酒造りへの思いを捨てられない綾は、蔵人の幸吉(笠松将)に、ある提案をする。博覧会に出すためにと。敬称略作、長田育恵さんまさに“姉...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: