ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第9回・2023/4/13) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram
第9回第2週『キンセイラン』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


学問所に通い始めて3年が経(た)ち、万太郎(小林優仁)は12歳になった。右に出る者はいないほどの学力を身につけたが、造り酒屋の当主としての自覚が足りないことに、タキ(松坂慶子)は心配を募らせる。そんな中、新政府による小学校の開校にともない学問所は廃止され、蘭光(寺脇康文)も佐川を離れることになった。蘭光は落ち込む万太郎を最後の課外授業にいざなう。万太郎たちを待っていたのは、雄大に流れる仁淀川だった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1,2
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん)
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



NHK総合は、明日の午前8時から第9話と第10話を続けて放送

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

今朝は、北朝鮮からミサイルが発射された模様として発令された‘Jアラート’の影響を受け、NHK総合での放送が中止になりました。

なお、『らんまん』は、明日14日(金)午前8時から第9話と第10話を続けて放送するそうです。

竹雄は登場したほうがよいに決まっている

前回で万太郎(小林優仁)が番頭・市蔵(小松利昌)に学問所「名教館」へ本を返して新しい本を借りてきてほしい… で、懐中時計の分解があり、その後どうなるのかと思いきや。

今回のアバンタイトルで、市蔵の息子・竹雄(南出凌嘉)が大量に持ってきた。

竹雄「草の本です」

確かに “草の本” だ(笑)

父と息子が連携をして主人公の世話をしている感じも、祖母タキ(松坂慶子)らにとっては世話が焼ける感じも、実に朝ドラらしいホームドラマで悪くない。

そして何より、前回も書いたように、竹雄は登場したほうがよいに決まっているのだ。

「なぜ佑一郎が一緒に仁淀川?」の気になる点もある…

タキ「万太郎の勉学は 男親の代わりじゃないろうか」

タキの言葉をなぞるように、蘭光(寺脇康文)が父親のように万太郎を導いていく。

まあ、気にならないこともない。

そもそも、なぜ広瀬佑一郎(岩田琉生)が一緒に? だし。

それこそ、万太郎と佑一郎は “いじめ” が交流のきっかけで、その後はほとんど描写がないままだから、合点がいかない。

更にツッコめば、姉の綾(高橋真彩)のこと、峰屋の跡取りのことも、ほぼ放置だし。

まあ、それもこれも前回で「3年の時間経過」をやっちまったから描写不足なのだ。

わずか数分間でもいいから、学問所の変化、学友たちとの関係を描いてほしかった。

とはいえ、第2週で描くべき地点まで進めないと、神木隆之介さんらにバトンタッチできない “大人の事情” があるのも理解できる。

従って、小さなことは気になるが不満というほどではなく、半年間の連ドラの序章としては、着実に堅実に事象を積み上げて丁寧に描いていると思う。

今作は “"描くべきもの" をちゃんと把握している

今回でよかったところを挙げてみる。

例えば、終盤の「仁淀川への旅」のシーンだ。

きっと前作や前々作だったら、もっと川、森林、空、空気、風などを強調して「高知の自然は素晴らしい!」と、やったと思う。

でも今作は、自然の中で戯れる “ちっぽけな3人” と、主人公が興味をもった川辺に生えた “草” にフォーカスした。

蒸し返しても意味はないが、「ばらもん凧」「空」「飛行機」「五島列島の自然」をまんべんなく描写するからテーマがぼやけたのだ。
あの結末なら「空」と「飛行機」でも十分すぎるくらいだったのだ。

しかし、今作は “描くべきもの” をちゃんと把握している。

いや正しくは、テーマ、描くべきものをぼやけさせないように、丁寧に確実に作り込んでいる印象だ。

きっと、竹雄や姉を盛り込み過ぎると万太郎がぼやける… との判断なのだろう。

やはりそれも、不自然に子役を強調せず、主人公を強調したいからだと思う。

この辺の描き分け、バランスなどは、もっと評価してよいと思う。

あとがき

蘭光先生という “いい師” に出会いました… そんな感じの15分間でしたね。

神木版の万太郎になったら、高知の自然をもっと盛り込んでほしいです。

みっきーの植物図鑑

昨日の強風の中の散歩で “遅咲きの桜” を見つけちゃいました。

メッチャ近所なので住所が特定できちゃうアイコンは削除させていただきましたが(謝)

カンザン(関山)
遅咲きの桜…カンザン(関山)

これまでも「遅咲きの桜があるなぁ」と知ってはいたのですが、保育園の真横でいつも子供たちが遊んでいる公園内なのでちょっと入って撮影するのが気が引けてしまって…
だって、「あのオジサン、なんか写真撮ってる…」って思われても困りますから。

でも昨日はお昼時で保育園の園庭に園児もいなくて、小中学生も授業中なのか不在で、オッサン一人で黙々と撮影しました。

調べてみると、カンザン(関山)という桜で咲く時期はソメイヨシノより遅く開花期間も長いため、天候不良なのでソメイヨシノのお花見ができない事態に備えてカンザンを植えるところが多く、「名前は知られていないけどよく見かける桜」と言われるそう。

また、ドイツの古都ボン(Bonn)には1980年代後半にカンザンが桜並木があり「桜祭り」が開かれるそう。

下記の写真は著作フリー画像で見つけたドイツの桜並木の写真です。
ちょっと見たら「日本かな?」と思いますよね。



管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17823/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第9回

内容学問所に通い始めて3年。万太郎(小林優仁)の興味は尽きず。大量の本を大阪から取り寄せたりと、祖母タキ(松坂慶子)を呆れさせていた。当主としての自覚が足りないと叱っても、どこ吹く風。タキを心配させる万太郎。だが同時に、名教館での勉強ぶりを見て感心もしていたが、当主として育て上げるため、タキは学問所を辞めさせることを決める。そのことを蘭光(寺脇康文)に伝えたところ、小学校開設に伴って、名教館...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: