ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第2回・2023/4/4) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram
第2回第1週『バイカオウレン』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


万太郎(森優理斗)は、親戚の豊治(菅原大吉)らが「万太郎は生まれて来ない方がよかった」と話しているのを聞き深く傷つく。病床の母ヒサ(広末涼子)のもとへ向かい問い詰めるも、納得がいかず、ついには家を飛び出してしまう。心を痛めたヒサに、タキ(松坂慶子)はこれまで秘めてきた思いを語る。その頃、万太郎は裏山の神社で自らを“天狗”と名乗る謎の武者(ディーン・フジオカ)と出会う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 1
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん)
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ)
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



今作には、ちゃんと独立した公式サイトがない!?

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

あしが管理人の “みっきー” やか!
(私が管理人の “みっきー” です!)

めっちゃ小さいことですけど。

今作の公式サイトをご覧になりましたか? 下↓

https://www.nhk.jp/p/ranman/ts/G5PRV72JMR/

前作までは、ちゃんと独立したサイトとして存在していました。

でも、今作は一般作品の紹介ページしかありません。

コスト削減でしょうか???

「実在したモデルがいる朝ドラ」は、ハズレが少ない…

朝ドラに、朝ドラのヒロインに、朝ドラの主人公に求めるものは、人それぞれだと思う。

特に「史実に残る実在した人物がモデル」の朝ドラの場合は、必然的に‘みんながよく知る偉業’をやった人の‘コツコツ&明るく’の‘波乱万丈な人生’で、朝から日本を元気にしてほしい… 的な内容を好む人が多いと思う。

こういう私も「暗くて、じめーっとした朝ドラ」よりも「明るくて、前向きになれる朝ドラ」の方が好き… ではある。

ただ、ここ最近、『カムカムエヴリバディ』は母娘孫三代を描いたので異例だが、『ちむどんどん』『舞いあがれ!』の主人公は、結果的に「最終回で夢を実現しました」が描かれるだけで、そこまでの過程は実に雑でご都合主義でしかなかった。

しかし、私の考えでは、ここ最近の「実在したモデルがいる朝ドラ」は、近作の朝ドラ『おちょやん』(NHK/2020年度後期)以外の下記の作品はそこそこヒットしているし評価も高い

 ●『まんぷく』(NHK/2018年度後期)
 ●『なつぞら』(NHK/2019年度前期)
 ●『スカーレット』(NHK/2019年度前期)
 ●『エール』(NHK/2020年度前期)

上記の4作品の共通点は、主人公のキャラクターの是非や好き嫌いは別にして、主人公が夢をかなえるまでの過程に無理が少なく、視聴者が最終回を見て「主人公、最後はうまくいってよかったね」と共感しやすいことだと思う。

従って、今作のモデルである「牧野富太郎」は有名な偉人とは言い難いが、牧野さんの人生を普通にたどれば、植物園が一つできるくらいの説得力なり共感性のある作品になると思う。

何をいいたいのか?

要するに、第1週の感想なんて、今作の評価としてどうでもいいってこと(笑)

前作を見た人なら学習済みのとおり、「最初の1か月でその先の半年なんて微塵も見えてこない」のだ(苦笑)

喜びと発見に満ちた生命力を感じる人生を描いてほしい

そこで、短絡的だが今回でよかったところ。

とにかく朝から泣けてきたのが、主人公・万太郎(森優理斗)の母ヒサ(広末涼子)と祖母タキ(松坂慶子)の次のやり取りだ。

タキ「わしも このうちに嫁いできた身やき
   嫁の務めは よう分かっちゅう。
   おまんは 3べんも子が流れて
   本当なら 離縁すべきじゃった」
ヒサ「はい…」
タキ「もう 子供を望むべきやなかった。
   おまんの体を思うがやったら…」


朝ドラのお約束である「姑の嫁いびり」「姑と嫁のバトル」はやらずに、“命の大切さ” を天狗(ディーン・フジオカ)と描いた。

これは憶測であり希望でもあるが、前回の感想でも書いたように「生涯にわたって明るい自然児」だった「牧野富太郎」をモデルにするなら、フィクションでも喜びと発見に満ちた生命力を感じる人生を描いてほしいのだ。

従って、今のところはその気配はないが、むしろ今週のサブタイトルである『バイカオウレン』との出会いから、どんな人生が見えるのか?
そこからの展開が “のちに” 不自然になって来ないか?
そこが今作が面白くなりそうと思えるかどうかの第一関門のような気がする。

映像美で、もっと高知の良さを映してほしい

さて、今回も照明がよかった。

例えば、終盤の万太郎がいなくなったところの、酒蔵「峰屋」の屋内スタジオセットから、町中の屋外ロケへの “つながり” だ。

撮影日はピーカン(=「快晴」を意味する映像業界用語。語源は諸説あるが、例えば、蝶々夫人が夫ピン・カートンにささげたオペラ曲「ある晴れた日に」の‘ピン’と、「カンカン照り」の‘カン’が合体した説)だから、屋内照明も明るさなどを合わせて自然に見えた。

この辺の映像美は、「高知」を意味づける意味でも有用だと思う。

今後は、高知の食文化も見ていきたい

また、第1回でも高知の食文化が紹介された。

宴会で食べていた大皿料理は「皿鉢(さわち)料理」という。

東京でも高知料理のお店に行くと宴会料理として、この皿鉢料理が供されるお店もあった。

私も食べたことがあるが、サバ寿司などの主食、煮物などのおかずと一緒に、高知名物のようかんなどのデザートまで盛り付けられるのに驚いたものだ。

また今回で登場した「山椒餅」

ネット通販サイトで「高知県 山椒餅」などで検索すると分かるが、商品がヒットしない。

それもそのはずで、山椒餅には、玄米を煎ってから石臼でひいた材料を使った “独特の香ばしさ” が特徴だが、それを作る手間暇が膨大で価格と品質が見合わずに商品が安定供給できないから “売れない” から “買えない” そうだ。

今後は、高知の食文化も見ていきたい。

あとがき(その1)

今回の山椒餅もそうですけど、あまり「高知」であることを強調しませんね。

もっと、強調してローカル色を追求した方が良いと思います。

まあ、前作のように「五島」を不自然に盛り込んだ割に意味不明なのも困りますけど(失笑)

あとがき(その2)

小さなことですが、前作では最後の「投稿写真のコーナー」まで劇伴がかかっていたのですが、今作は「投稿写真のコーナー」の直前でフェード・アウトしてコーナーは無音です。

この方が、スッキリした印象です。

今日のおまけ

今作の気が向いたら「今日のおまけ」をやろうと思います。

今回は昨日の夕方に撮った写真です。
だいぶ散ってしまった桜並木を車で走っていたら、桜の合間から丸いお月様が見えました

桜の合間から丸いお月様が見えました

明後日(6日)が満月です…
2023年4月の満月"ピンクムーン(桃色月)"を見るなら 6日(木)の夜がおススメ!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17808/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第2回

内容親戚の豊治(菅原大吉)の“万太郎は生まれてこない方が良かった”という話を耳にした万太郎(森優理斗)は、傷つき。母ヒサ(広末涼子)に、その話をする。「誰も思っていない」と言ってくれるも、納得いかない万太郎は家を飛び出してしまう。そして万太郎は、裏山の神社で、“天狗”を名乗る侍(ディーン・フジオカ)と出会う。一方、ヒサは、タキ(松坂慶子)から。。。。敬称略作、長田育恵さんきっと、気がついた時...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: