ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「舞いあがれ!」 (第110回・2023/3/9) 感想

連続テレビ小説「舞いあがれ!」

NHK総合・連続テレビ小説『舞いあがれ!』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第110回〔全126回〕第23週『飛躍のチャンス』の感想。

 
 

 本作は、2023年2月10日、NHK大阪放送局で撮影が終了しました。
 毎日毎日の感想なので、私の感想も毎日変わります。ご理解を。


舞(福原遥)たちはデザインパンチングを利用した照明の新製品を開発。だが、仙波(森下じんせい)は大手のインテリアショップの担当者を連れてくる。担当者が1個1万円で売り出したいと言うのに対し、御園(山口紗弥加)は利益を出すためには最低3万円の価格になると答える。だが、担当者は、デザインパンチングの部分は仙波の工場で行い、その他の部分は中国の工場に委託し大量生産すると言う。
---上記のあらすじは[Yahoo!ニュース]より引用---


原作:なし
脚本:桑原亮子(過去作/心の傷を癒すということ) 第1~7,12~17,19~22
   嶋田うれ葉(過去作/朝ドラ「エール」) 第8,9
   佃良太(過去作/星とレモンの部屋) 第10,11,18,23
演出:田中正(過去作/ウェルかめ、ひよっこ、なつぞら) 第1,3~5,7,13~15,21
   野田雄介(過去作/スカーレット、マッサン、六畳間のピアノマン) 第2,8,10,17,18
   小谷高義(過去作/スカーレット、おちょやん) 第6,12,19,22
   松木健祐(過去作/ひよっこ、いだてん、晴天を衝け) 第9,11
   原田氷詩(過去作/ちりとてちん演出補、スカーレット 24週のみ共同演出、おちょやん 17週のみ) 第16
   工藤隆史(過去作/「舞いあがれ!」助監督、特集ドラマ「ペットにドはまりして、会社辞めました」) 第20
   小河久史(過去作/「スカーレット 本編」助監督、「おちょやん 総集編」助監督) 23
音楽:富貴晴美(過去作/花嫁のれんシリーズ、西郷どん、それでも恋する)
主題歌:back number「アイラブユー」
語り:さだまさし
制作統括:熊野律時(過去作/おちょやん)
     管原浩(過去作/これは経費で落ちません!、いいね光源氏くんシリーズ)
※敬称略



感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。


ご案内

今作の感想は、既に一度離脱しております。
従いまして、今後は管理人が最終回まで完全予想した内容をもとに書きますので、下記を読んでいただいていないと分からない場合があります

連続テレビ小説「舞いあがれ!」※今後の感想について(暫定版)

いつもなら片道40分の道のりなのに…

あがだ、お元気と? おいが管理人の “みっきー” です!
(皆さん、お元気ですか? 私が管理人の “みっきー” です!)

今日はぬっかですもんねー。春ん来たごっちゃよ
(今日は暖かいですね。春が来たみたい)

昨日の夕方、いつもなら片道40分の道のりなのに、90分かかって帰宅しましたよ。

渋滞の原因は、会社に戻る途中の商用バンが居眠りで前方の乗用車にぶつかって、なぜかボンネットから火が出たそう!

花粉症の時期で、気温難くなって窓を開けて走ると花粉が舞い込んでくるので、適切にエアコンを使った方がいいです。

ということで、花粉が「舞い込む」話から、『舞いあがれ!』の感想に移ります…(笑

舞の経営思想が甘い、御園が社長アゲ過ぎ… とは思わない

「こんねくと」が原価、販売価格、販路も検討せずに商品開発をしたことに疑問を持つ人もいるだろうが。

そもそも、ネジ工場の “営業のエース” である主人公と、商売には無縁だった元新聞記者が “3万円相当もランプ” を売ろうとしたところで…

所詮は超大手のインテリアメーカー「株式会社SIAZ」のバイヤーの瀧本(小堀正博)に目をつけられたら終わりなのだ。

だから、主人公の経営思想が甘いとか、御園(山口紗弥加)も社長アゲし過ぎ… だとは思わない。

「そうです」と舞を後押しする御園を強調しないと…

むしろ、私がこのくだりで気になったのは次の二点だ。

一つは、単純な演出に対する疑問であり、演出家に対する不信感について。

その前に、今週の演出担当の小河久史は、朝ドラ『スカーレット』(NHK/2019年度前期)の助監督、朝ドラ『おちょやん』(NHK/2020年度後期)の総集編の助監督で、監督作は今作が初。

だから、この脚本を完パケ(完成品)に仕上げただけでも褒めるべきなのだが。

舞「設計も加工も 東大阪で作るから 意味があるんです」
御園「そうです」


上↑のやり取りの時、御園の「そうです」が “オフ(画面に御園が映っていない状態)” で完パケになっていた。

これ、個人的には “御園のカット” があったほうが「こんねくと」内の確執みたいなのが描けたと思う。

まあ、結果的に御園も簡単に “舞ちゃんスゴッ!” ってツンデレしちゃうから省略した可能性はあるが(苦笑)

何が言いたいのかというと…

ここで「そうです」と舞を後押しする御園を強調しないと、御園がいる意味がないと思うからだ。

まっ、今となってはどうでもいいのだが(呆)

「RWC2019」ありきなら「中国」でなく、「東南アジア」…

もう一つは…

瀧本「ほかの部品は 中国の工場に委託しようと考えています」


カフェ「ノーサイド」の壁のポスターで、東大阪市が「ラグビーワールドカップ2019=RWC2019」の成功への取組みを強調していたように、今作の “今の設定” は 2015年、わずか今から8年前だ。

知っている人は知っていると思うが、2015年当時は既に中国よりも更に安い ASEAN(東南アジア諸国連合)に移って)いた。

だからここは、「RWC2019」ありきなら「東南アジア」、「海外」にとどめておくべきだったは思う。

まっ、こっちも、どうでもいいことだが(呆)

今週の脚本は当初の主人公の設定に戻ろうとしているような

さて、全体の流れについて。

今回で注目した台詞は以下の二つ。

我妻「あきれた お人よしやな」
  ※  ※  ※
舞「もっと私らに実績があったら」


結局、今週の脚本は当初(が、いつか、もう分からないが)の主人公の設定に戻ろうとしているのは認めたい

舞は “先頭を切っていくタイプではなくて、周りにいる人を感じながら幸せになることを一緒に見つけて、難局をどう乗り越えていくか一緒に考えていくヒロイン”

どうだろう?

好き嫌いは別にして、今回の舞の選択、決断は上↑の設定に則って描かれているのだ。

“メイン” が描いていた時の “何にでも首を突っ込んで手柄を分捕る舞ちゃん” ではなくて、ちゃんと “自分から前には出ないけど、みんなのためには人一倍頑張る舞ちゃん” になっている。

従って、繰り返すが好みはあると思うが、舞の独り善がり婚、オープンファクトリー祭り、笠巻さんご退場、金網ハンモック、社長令嬢の気まぐれ起業物語よりは、筋道は分かるし…

“ドラマ” としては ‘東大阪の町工場のため’ が強調されており、悪くないと思う。

まだ佳晴と津田道子のくだりを引っ張るの?

ただ、首を傾げる点もある。

それは、そう、まだ佳晴(松尾諭)と津田道子(たくませいこ)のくだりを引っ張るの? に尽きる。

そりゃあ、ドラマ好きなら、昨年から今年にかけての松尾諭さんの多忙さは見ての通りで分かると思う。

だから、松尾さんの出番は長く続けられないから、ピンポイントで出てもらうしかないのだろう。

でも、ここまで “クズ” に描く必要もなかったとも思うのだ。

例えばピンポイント出演でも、父の仕事上のトラブルで家族が離れ離れになってしまう朝ドラ『ファイト』へのオマージュで、経営不振な東大阪のバネ工場で頑張っている設定にして、舞と一緒に ‘東大阪の町工場のため’ に協同してもいいわけだし。

そもそも佳晴だけ未だにこんなキャラで放置しておく必要があるのか?ここまで “クズ” に描く必要もなかった と思うのだが。

あとがき(その1)

賛否両論あるのでしょうか?
私は面白いとも思いませんけど(笑)

でも冷静になると、“メイン” が書いた前4週間分よりは、少なくとも主人公が迷いながらも前進しようとしているようには見えるんですよ。

前週までは、何の根拠もないのに自信満々でオッサンたちを束ねる舞ちゃん… だったので。

まだ、自称 “エースで社長令嬢” と “ずぶの素人” のお仕事ドラマとしてなら、今週はマシだなぁと。

あとがき(その2)

ってことで、少しだけ這いあがってきたようなので、アイキャッチ画像を「這いあがれ!」から「盛りあがれ!」へヴァージョン戻しをしておきました。
※本家ブログだけです。

因みに以前に質問がありましたのでお答えします。
アイキャッチ画像とは、アクセスしたユーザーの目(eye)を惹きつける(catch)ための画像のことです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17752/


【これまでの感想】

第1週『お母ちゃんとわたし』
1 2 3 4 5 
第2週『ばらもん凧(だこ)、あがれ!』
6 7 8 9 10 
第3週『がんばれ!お父ちゃん』
11 12 13 14 15 
第4週『翼にかける青春』
16 17 18 19 20 
第5週『空を飛びたい!』
21 22 23 24 25 
第6週『スワン号の奇跡』
26 27 28 29 30 
第7週『パイロットになりたい!』
31 32 33 34 35 
第8週『いざ、航空学校へ!』
36 37 38 39 40 
第9週『私らはチームや』
41 42 43 44 45 
第10週『別れと初恋』
46 47 48 49 50 
第11週『笑顔のフライト』
51 52 53 54 55 
第12週『翼を休める島』
56 57 58 59 60 
第13週『向かい風の中で』
61 62 63
総集編(前編)
第14週『父の背中』
64 65 66 土(第13,14週分)
第15週『決断の時』
67 68 69 70 71 
第16週『母と私の挑戦』
72 73 74 75 76 
第17週『大きな夢に向かって』
77 78 79 80 81 
第18週『親子の心』
82 83 84 85 86 
第19週『告白』
87 88 89 90 91 
第20週『伝えたい思い』
92 93 94 95 96 
第21週『新たな出発』
97 98 99 100 101 
第22週『冒険のはじまり』
102 103 今後の感想について(暫定版) 104 105 106 106 
第23週『飛躍のチャンス
107 108 109

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『舞いあがれ!』第110回

内容舞(福原遥)たち“こんねくと”が開発した商品を、販売したいという会社が現れる。だが提示された提案に舞が困惑していると、仙波(森下じんせい)が。。。敬称略作、佃良太さん“物は言いよう”まぁ、言っていることは、ある意味、正しいんだけどね。両者ともに。ましてや、相手は、“プロ”の営業だろうし。“自称エース”の主人公と、“ド素人”の元記者で、太刀打ち出来るわけが無いのだ。ただ、もしも、これに、問...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: