ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

星降る夜に〔全9話〕 (第7話・2023/2/28) 感想

星降る夜に

テレビ朝日系・火曜9時枠の連続ドラマ『星降る夜に』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第7話〔全9話〕『花火の中の涙―掴んだ手はもう離さない』の感想。



鈴(吉高由里子)しかいない診察室に入ってきたのは、鈴を相手に医療ミスの裁判を起こし、今も逆恨みする伴(ムロツヨシ)。鈴を「人殺し」とののしり、私生活まで調べ上げている伴は、深夜(ディーン・フジオカ)にも悪態をつき、また来ると言い捨てる。夜、鈴が病院を出ると、一星(北村匠海)が待っていた。心配した深夜が迎えを頼んだのだ。一星と酒を飲みながら話した鈴は、少し心が軽くなる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:大石静(過去作/家売るオンナシリーズ、大恋愛、知らなくていいコト、恋する母たち)
演出:深川栄洋(過去作/偽装の夫婦、僕とシッポと神楽坂、にじいろカルテ) 第1,2,5,6
   山本大輔(過去作/民王、おっさんずラブ、緊急取調室3、妖怪シェアハウス) 第3,4,7
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド、MIU404、石子と羽男-そんなコトで訴えます?-)
主題歌:由薫「星月夜」
挿入歌:NCT ドヨン「Cry」
※敬称略

新人医師の深夜のキャラや設定は悪くない

鈴(吉高由里子)の恋バナの相手が一星(北村匠海)だけだと “お子様ランチ的な恋バナ” としては成立しても、今期は各局が取り組んでいるベテラン脚本家による恋バナ合戦には勝てないし、そもそもテレ朝の色を出すには大人の層も取り込んで…

新人医師の深夜(ディーン・フジオカ)を投入しているのだろう。

今回はやたらと<恋愛感情なの?>的な要素が散りばめられており、ようやく見せてきたか… と。

ただ、単なる当て馬ではなく、深夜の設定を伴宗一郎(ムロツヨシ)との比較対象としてうまく利用しており、同時に一星との鈴への思いの違いも比較して、“ドラマ” としてはいい感じではある。

迷走に見えてしまうのは得策ではないと思う

しかし、連ドラの通過点として見ると、やや唐突に<恋愛感情なの?>が盛り込まれており、ややこれまでの今作とは違った雰囲気になったのは、ぼちぼち最終章を迎える連ドラとしては惜しいと思う。

更にいうなら、鈴のファッションショーとか、院内であれだけ騒げば十分に警察案件だし、看護師の妊娠を救う “変装” や “推し” の話もファンタジーのレベルで、一体どの視聴者賞に向けて作っているのか分からなくなってしまったのは残念でならない。

また、遺品整理会社を扱うドラマとして、「特殊清掃」を扱うのは悪くないが、ここも食べ物を使っておちゃらけるのは何とも言い難い…

まあ、ここへきて迷走するはずはないと思うが、迷走に見えてしまうのは得策ではないと思うが…

あとがき

伴が職場にまで押しかけて来て迷惑かけたのに、ショッピングにディナーにキャンプで花火って(苦笑)

まっ、いろんな意味でファンタジー満載ってことで(笑)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17720/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

 第6話
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

星降る夜に 第7話

5年前に鈴(吉高由里子)が救えなかった妊婦の夫・伴(ムロツヨシ)がマロニエ産婦人科医院に現れます。 伴は鈴ににじり寄り、穏やかな物言いで罵詈雑言を投げかけます。 恐ろしさに声も出せずに涙する鈴の元へ、深夜(ディーン・フジオカ)がやって来て、事態を察知して伴を遠ざけようとして・・・ しかし、伴は「また来ま~す」と不穏な宣告をして去って行くのでした。 夜になり、鈴が仕事を終えて医院を出る...

星降る夜に 第7話

内容伴宗一郎(ムロツヨシ)が、鈴(吉高由里子)の前に現れた。「また、人、殺してませんか?」伴の言葉に動揺する鈴。佐々木(ディーン・フジオカ)が呼びに来て、伴は帰って行くが。。。。その直後、やって来た一星(北村匠海)の姿に鈴はホッとするも、動揺は収まらなかった。そんな鈴に、一星は。。。敬称略脚本、大石静さん演出、山本大輔さんきっと、そういう理由で、佐々木を配置しているんだろうなぁ。とは、思って...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: