ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

罠の戦争 (第7話・2023/2/27) 感想

罠の戦争

関西テレビ制作・フジテレビ系・新 月10ドラマ『罠の戦争』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagramYouTube

第7話『真犯人が判明!政界が隠す事件の真実』、ラテ欄『真犯人が判明!政界が隠す事件の真実とは?鴨井大臣を断罪だ』の感想。



泰生(白鳥晴都)の事件があった日の夜、鴨井(片平なぎさ)が鶴巻(岸部一徳)の幹事長室に駆け込む姿を捉えた防犯カメラの映像を見た亨(草なぎ剛)は、鴨井に泰生を突き落としたのは誰かと問い詰める。鴨井の様子を見た亨は犯人が誰かを確信。だが、鴨井を尊敬する可南子(井川遥)にはそれを言えない。眞人(杉野遥亮)に対しても、兄の陳情をないがしろにしたのは自分だと言えず…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:後藤法子(過去作/銭の戦争、嘘の戦争、都市伝説の女)
演出:宝来忠昭(過去作/嘘の戦争、姉ちゃんの恋人、家政夫のミタゾノシリーズ) 第4,5,7
   三宅喜重(過去作/銭の戦争、嘘の戦争、10の秘密、姉ちゃんの恋人) 第1~3,6
音楽:菅野祐悟(過去作/半分、青い。、テセウスの船、危険なビーナス、日本沈没-希望のひと-)
主題歌:香取慎吾×SEVENTEEN「BETTING」
ナレーション:柳沢三千代(過去作/アニメ「それいけ!アンパンマン シリーズ」カレーパンマン声優)
プロデューサー:河西秀幸(過去作/銭の戦争、嘘の戦争、GTOシリーズ)
   三宅喜重(過去作/銭の戦争、嘘の戦争、10の秘密)
※敬称略



ようやく登場した泰生の突き落とし事件の目撃者・鯨谷美也

今回も、筋書きの考察はやらない。

なぜなら、「先が見たくなる連ドラ」として純粋に楽しんでいるから。

さて、ようやく登場した泰生の突き落とし事件の目撃者・鯨谷美也(冨手麻妙)。

例のバスに乗っていた高齢女性(塚田美津代)も目撃者が複数いるようなことを言っていたから、登場しないのかと諦めていたところへの登場だ。

これも勘ぐれば、民政党幹事長の鶴巻憲一(岸部一徳)の差し金? とも思えなくもないが、今作は変なところで捻らないから、とにかくさっぱりしたのは間違いない。

更に、証言していたから、厚生労働大臣・鴨井ゆう子(片平なぎさ)を本格的に “罠の戦争” の土俵に上げるキーパーソンとしては面白いキャラクターだったと思う。

どんな結末になるのか楽しみでしょうがない

連ドラとしては、ついに本性をあらわにした役者がそろった… という感じだろう。

総和数は不明だが、今枠は〔全10話〕が通例だから、ラスト2回が最終章とするなら、次回が最後のどんでん返しをやるタイミングだ。

今作の特徴として、政界を描くドラマの割に登場人物が少ない点がある。

既に、トップの総理大臣・竜崎始(高橋克典)まで登場しているから、あとは “本当の黒幕” は誰なのか?

いや、主人公・鷲津亨(草彅剛)にとっての “敵” が誰なのか? よりも、主人公がどこを “戦争の終わり” に位置付けるかによって、実は最終回はどうにでもなるのだ。

だって、「日本の政治家は腐ってる!」となったら、議員宿舎や議事堂を破壊しなけりゃいけないし(苦笑)

そんなことを考えると、どんな結末になるのか楽しみでしょうがない。

今作を見ていて、いろいろ考えさせられることもある

また、今作を見ていて、いろいろ考えさせられることもある。

もちろん、今作への評価には全く関係ない話だが。

例えば、頭脳明晰だった秘書が「息子の敵を取る」ために国会議員になったのは、どうだったか? とかね。

最近ニュースを騒がせている、不逮捕特権とガー○ー議員の問題なんてリンクしてくるし。

報道で伝わってくる様々な事件や事故の内容の一体どれくらいが、権力によってコントロールされている虚構なのか? とか。

こういうことを考えると、予想以上に冷静さを失っていく鷲津亨、その鷲津を演じる草彅さんの苦悩の表情を見ると、鷲津に起きたようなことは、明日のわが身にも降り掛かる可能性はあるのでは? と、怖くもなってくる。

あとがき

上↑でも書きましたけど、意外に少ないキャラクター数で “狭い世界” を描いている今作。

ですから、結末に向けて、手に負えない威圧感や、逆に荘厳で崇高な感じの親の子どもへの愛を込めた勧善懲悪モノになってほしいです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17715/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

罠の戦争 第7話

鶴巻(岸部一徳)を厄介払いしたい竜崎(高橋克典)の計らいで、幹事長室付近の防犯カメラを見ることに成功した亨(草彅剛)。 そこで見たものは、泰生(白鳥晴都)が転落した日の夜遅く、幹事長室に駆け込む厚労相・鴨井(片平なぎさ)の姿でした。 鴨井の執務室を訪れた亨は、泰生を突き落とした犯人が誰なのか、鴨井を問い詰めます。 そして、何とかその場を取り繕うとする鴨井の姿に、亨が誰が犯人なのか確信し...

罠の戦争 第7話

内容鶴巻幹事長(岸部一徳)と対立する竜崎総理(高橋克典)により、幹事長室付近のカメラの映像を確認した鷲津(草彅剛)は、息子が負傷した日、鴨井ゆう子(片平なぎさ)が幹事長室に駆け込むのを確認。鷲津は、鴨井の部屋を訪れ、問い詰めるが、言葉を濁されてしまう。だがそのことで鷲津は、息子・泰生(白鳥晴都)を突き落とした犯人を確信する。そこで鷲津は、熊谷(宮澤エマ)に協力を求めたが、鴨井文哉という名前以...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: