ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

すきすきワンワン! (第4話・2023/2/13) 感想

すきすきワンワン!。

日本テレビ系・シンドラ『すきすきワンワン!』
公式リンクWebsitetwitterInstagramYouTube

第4話『犬、怒る』の感想。



かつての友人の出世から刺激を受けた炬太郎(岸優太)は、無職からの脱出の一歩として、フードデリバリーのバイトを始める。心配するてん(浮所飛貴)をよそに、バイトなんて楽勝だと軽く見ていた炬太郎だった。しかし、現実はそう甘くはなく、配達ミスや、不本意なクレーム対応などの試練に見舞われた炬太郎は不満をてんにぶつけるが、返ってきたてんの激しい言葉に衝撃を受ける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:水橋文美江(過去作/朝ドラ「スカーレット」、死にたい夜にかぎって、古見さんは、コミュ症です。)
演出:中島悟(過去作/デカワンコ、世界一難しい恋、俺の話は長い、新・信長公記) 第1,2
   丸谷俊平(過去作/もみ消して冬、俺の話は長い、#リモラブ、ハコヅメ) 第3,4
音楽:青木沙也果(過去作/この初恋はフィクションです、ユニコーンに乗って)
主題歌:King & Prince「We are young」
制作協力:オフィスクレッシェンド(過去作/世界一難しい恋、もみ消して冬、俺の話は長い、ジャパニーズスタイル)
※敬称略



映像的な新鮮さで"進んでいること"をさり気なく感じさせる

天(浮所飛貴)は「ワン ツー」って言えないのか!(笑)

さて、“連ドラ” としてはかつての友人・光太郎(前原滉)の出世から刺激を受けた炬太郎(岸優太)が無職からの脱出の一歩として、フードデリバリーのバイトを始める… という、いわば「第二章」的な位置づけに進展した。

その影響なのか、それを見越した演出なのかは想像の域だが、今回は冒頭から前3話では象徴的に使われてこなかった新しいカメラアングルが多用されていた。

庭の向きとか、玄関のカメラ位置とか、階段のところとか… いろいろと。

恐らく、冒頭の天のナレーションによる「前回までのふり返り」のくだりからの「第二章=新章」っぽさを強調するための演出だと思う。

やはり、当初から「いまどきの26才のクズ男が “昔飼っていた最愛の犬” と再会し 愛し愛され成長していく感動の物語」として “成長” を強調している限りは “進んでいること” を視聴者に感じさせるのは大事なことだから、映像的な新鮮さで “進んでいること” をさり気なく感じさせるのはうまいと思う。

今作を「炬太郎と天の愛の物語」だと思う理由…

今回は「マンネリ化した夫婦が熱い一夜を取り戻す為の体操」で始まった。

というか、炬太郎と天を “マンネリ化した夫婦” に見立てて、二人が自分を、相手を見つめ直すことで、“お互いを最愛の相手だと思っていた頃” を取り戻す「愛の物語」だったと思う。

ちょっぴり脱線するが、必ず今作に帰着するから読んでほしい。

自分と同じ物語を生きる相手、または自分の物語を補ってくれる相手に恋をし愛するのが「愛の物語」であるという… アメリカの心理学者スタンバーグ(R.J.Sternberg)の『愛のトライアングル理論』のがある。

愛とは物語である―愛を理解するための26の物
R.J. スターンバーグ (著), 三宅 真季子 (翻訳), 原田 悦子 (翻訳)

この両者の関係性を「炬太郎と天」の関係に置き換えると、今作が「炬太郎と天の愛の物語」であることは分かっていただけると思う。

水橋文美江氏の脚本は「死ぬことよりも、どう生きたかを描こう」としている

そこで、今度は先日、読者のmasakoさんから「天は基本的に炬太郎としか会話を交わさない理由」についてご質問をいただいたことについて書いてみる。

拍手コメント返信(2023/2/8)その2:「すきすきワンワン!(第3話)」※一体“天”は何のか?を考えてみました

完全な想像だが、上↑の投稿にお答えは書いたのだが、今回リライトしてみる。

脚本担当の水橋文美江氏は、朝ドラ『スカーレット』(NHK/2019年度前期)の脚本を書いた時のインタビューで、うろ覚えだが次のようにおっしゃっていて…

水橋文美江氏はお母様をがんで亡くされており、更に息子さんが小さい頃には生死をさまよう病気をされたそう。

その影響で、どんな作品の脚本を書くときでも「死ぬことよりも、どう生きたかを描こう」と決めたそうだ。

誤解を恐れずに書けば、水橋氏の脚本における “死” は “生きる” を描くためのアイテムに過ぎないってことだ。

そう、「死にざま」よりも「生きざま」を描きたい… ってこと。

それを今作ではどう反映させたのか… と、水橋氏の構想を妄想してみると次のようになる。

「てんの死」によって自分が死ぬほどの辛い思いをした炬太郎の “生きる姿” や “成長する姿” を通して、一度は死んだ “犬てんとしての前世” と、“青年の天としての今世” の記憶や感覚を同時に持ち合わせながら青年・天が “どうやって生きていくのか?” を描いているのではないかと。

"炬太郎と成長"と"天の生きざま"の二重構造になっている?

今作の主人公は炬太郎だが、天は炬太郎を動かす “エネルギー” であると同時に、「転生した “てん” の意識が “天” とどうやって生きるのか?」を描く、二重構造になっていると思うのだ。

こうやって考えると、今回のエピソードは正に「転生した “てん” の意識が “天” とどうやって生きるのか?」を描いたと思えないだろうか?

そして、その天の思いが炬太郎へフィードバックして…

今作で重要なのは、実は “愛し愛され成長する” のは炬太郎と天の両方であり、再び誤解を恐れずに書くなら、相手が生きていようがいまいが、“愛し愛され成長する” ことはあるのだと。

このことは、奇しくも現在放送中の連ドラ『100万回 言えばよかった』との共通点でもある。

まあ、岸優太さんのファンの方たちは若い人が多いから、こんな面倒な解釈なんて興味はないと思うが…

脚本の水橋氏も演出家陣も中年世代だから、若い人たちにも「大事なのは、どう生きるか?」だというのを伝えたいと思うのは当然のような気がする。

似たような角度の「右上がりの構図」の使い方のうまさ!

さて、物語の考察へこれくらいにして、当ブログらしく演出の深読みをやってみる。

今回で注目したい演出はカメラのアングルだ。

1つ目は「斜めの構図」の使い方。

“敢えて” カメラを斜めにして撮る構図のことだ。

効果としては、被写体の躍動感、のびやかさ、スピード感、不安感を強調させることができる。

下のカットは、炬太郎が天に痛いところを突かれて自己嫌悪に陥った場面だ。

炬太郎が天に痛いところを突かれて自己嫌悪に陥った場面
©日本テレビ

主人公の不安感を廊下と畳の部屋の境目を右上がりの構図で演出している。

これ自体は、よく使われる構図だが、興味深いのは次のおばあちゃんからのメッセージの画面も同じ右上がりの構図になっており、その角度もほぼ同じだってこと。

おばあちゃんからのメッセージの画面
©日本テレビ

でも、こっちは文章を右上がりにすることで、文章に込められた思いに “のびやかさ” が生まれて、これを読んでいる炬太郎と天の心情に躍動感が生まれるという相乗効果を狙っている。

更に、似たような角度にすることによって、マイナス思考からプラス思考に転じた面白さも出している。

他にも、今回は「右上がりの構図」が所々に使われているので探してみると面白いと思う。

ローアングルとは真逆の俯瞰ショットで全身を映し出す

最後に注目したいのは…

先述の自己嫌悪の炬太郎を「右斜め上の構図」のままフルショット(全身が見える)で、それも俯瞰(見下ろすカメラアングルのこと)で、炬太郎をちっぽけな男にコミカルに描いている場面だ。

炬太郎をちっぽけな男にコミカルに描いている場面
©日本テレビ

当ブログに寄せていただいた今作のメイン監督・中島悟氏がおっしゃったように、今作はローアングル(低い位置からのカメラアングル)で俳優さんたちがのびのび演技をしている様子を映すことやっている。

しかし、この場面ではローアングルとは真逆の俯瞰ショットで全身での演技を映し出している。

このような演出の工夫があるから、飽きずに楽しめるというわけだ。

「♪We are young」のアコギ・バージョンがよかった…

音楽にも傾聴してみよう。

例えば、フードデリバリーのバイトの初日の夜に、炬太郎が天に自分の就職していた頃の山吹先輩(吉田悟郎)とのエピソードを語る時の背景に流れていた「♪We are young」のアコギ・バージョン。

フォークソング風の明るいアレンジで、原曲とは違ったさわやか系。

昨日、私の住む地域は結構な雨降りだったが、車で「♪We are young」を聞いたら心が晴れた。

車で「♪We are young」を聞いたら心が晴れた
©管理人みっきーが自分で編集して車に入れて聴いてます!

やはり、この楽曲は根っこに応援歌のような優しさを含んでいて、それがアコギで演奏されると更に強調されたと思う。

是非とも、サウンドトラック盤を発売してほしい…

あとがき

前回も、たくさんの拍手やコメントをいただき、ありがとうございます。

人間と犬、生きているものと亡くなったもの、男性と女性など、様々な違いを超越した「生きる…のドラマ」になってきたと思います。

オッサンの私が言うと気持ちが悪いでしょうが、浮所飛貴さんの性別を超えた可愛らしさも作品に影響を与えているなあと思います。

そして、岸優太さんの子どもみたいに感情表現するピュアな演技と、前回で語った “生感” を大切にした「この瞬間、炬太郎ならこうするはず!」の瞬発力、そして実は緻密に計算された全身を使ったお芝居があるから、雪解けのように少しずつ心を開いていく炬太郎の心情が使わるのだと思います。

おまけ

いよいよ、22日に「We are young」発売ですね。
ご予約がまだの読者様、よろしかったら下記のリンクからお買い物お願いしま~す!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

豪華版特典の「メイキング映像」だけでも超おすすめです。
もちろん、私も持ってます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17674/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: