ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「舞いあがれ!」 (第92回・2023/2/13) 感想

不連続テレビ小説「舞いあがれ!」

NHK総合・連続テレビ小説『舞いあがれ!』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第92回〔全126回〕第20週『伝えたい思い』の感想。

 
 

 本作は、2023年2月10日、NHK大阪放送局で撮影が終了しました。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の感想も毎日変わります。ご理解を。


舞(福原遥)が出勤の支度をしていると、かつて貴司(赤楚衛二)から送られてきた短歌が目に留まる。舞は、前日に久留美(山下美月)に告げた貴司への気持ちを思い出すが、それを振り切るように仕事へ向かう。昼食をめぐみ(永作博美)たちIWAKURAの社員たちと「うめづ」でとっていると、新聞記者の御園(山口紗弥加)と出くわし、IWAKURAが御園から取材を受けることになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:桑原亮子(過去作/心の傷を癒すということ) 第1~7,12~17,19,20
   嶋田うれ葉(過去作/朝ドラ「エール」) 第8,9
   佃良太(過去作/星とレモンの部屋) 第10,11,18
演出:田中正(過去作/ウェルかめ、ひよっこ、なつぞら) 第1,3~5,7,13~15
   野田雄介(過去作/スカーレット、マッサン、六畳間のピアノマン) 第2,8,10,17,18
   小谷高義(過去作/スカーレット、おちょやん) 第6,12,19
   松木健祐(過去作/ひよっこ、いだてん、晴天を衝け) 第9,11
   原田氷詩(過去作/ちりとてちん演出補、スカーレット 24週のみ共同演出、おちょやん 17週のみ) 第16
   工藤隆史(過去作/「舞いあがれ!」助監督、特集ドラマ「ペットにドはまりして、会社辞めました」) 20
音楽:富貴晴美(過去作/花嫁のれんシリーズ、西郷どん、それでも恋する)
主題歌:back number「アイラブユー」
語り:さだまさし
制作統括:熊野律時(過去作/おちょやん)
     管原浩(過去作/これは経費で落ちません!、いいね光源氏くんシリーズ)
※敬称略



感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。


昨夜から桑田さんの年越しライブの映像配信が始まりました

あがだ、お元気と? おいが管理人の “みっきー” です!
(皆さん、お元気ですか? 私が管理人の “みっきー” です!)

ほんなこて、さんかけん、風邪ば引かんごてねー。
(本当に、寒いから、風邪を引かないようにね)

昨夜19時から『桑田佳祐 LIVE TOUR 2022 「お互い元気に頑張りましょう!!」 』の年越しライブの配信が始まって、思い出をかみしめ、感動した朝を迎えました。

桑田佳祐 LIVE TOUR 2022 「お互い元気に頑張りましょう!!」Live & Documentary Film On Streaming supported by SOMPOグループ
よかったら、ご覧になってください!

ってことで、本編の感想を書く前に、今朝のウォーキング中に思いついたことを書いてみます。

桑原亮子氏が踏襲してきた主人公の3つの特性

まず、上記のとおり今作は 2/10にクランクアップを迎えた。

過去のデータでは最終回の前月の月末がクランクアップ報告日になるのが通例なので、早めの撮影終了と思う。

このことから、勝手に今後の展開を予想してみた。

これまで、メインの脚本担当である桑原亮子氏が踏襲してきた主人公の特性は以下の3つと思う。

 ●人に言われたら動く
 ●人のために動く
 ●人の夢に乗っかる

意外? と、思われた人もいるかもしれないが、桑原氏が描く主人公は、「なにわバードマン編」と「航空学校編」の主人公とは別人格だから、そこはご理解いただきたい(苦笑)

この3つを念頭に置くと、ほぼ次に書く展開しかないかな? って。

それは、暫し放置中キャラの荒金(鶴見辰吾)に「菱崎重工が五島の島々をつなぐ有人小型旅客機を作りたいから協力してほしい」と懇願された主人公が「私、飛行機部品を作れるよう頑張りますし、免許もあるから操縦もできます!」と動いて、荒金、父、IWAKURA、五島列島の人たちの夢に乗っかっちゃう展開だ。

まあ、このくらいの展開なら、脇役らの夢や恋バナを描きながらでも放送尺は足りる)と思う

桑原氏が書きたいものだけでは、ネタ不足だったのかも?

さて、今回の感想。

といっても、既にクランクアップしちゃったから、「こうしたらよかったのに… 講座」をやったところでむなしいだけ。

だから、今回は「なぜ、こうなっちゃった? 講座」とでも、しておこうと思う。

以前にも書いたが、「なにわバードマン編」までは “メイン” の桑原亮子氏が書いたが、「航空学校編」は撮影前は1週間分で “舞は落第” する設定だったが、撮影協力の「航空学校帯広校」側から “1週間も落第は困る” とのことで、約1か月分になり2名の脚本家を追加したと伝わっている。

従って、桑原氏を擁護するつもりはないが、桑原氏としては、主人公は浪速大学で航空学を学ぶがパイロットにはなれず、家業の螺子工場を継いで家族や知り合い、従業員たちと “空への夢” を叶える… だけを書きたかった可能性がある。

そう考えると、単純に「半年間は長い」と思う(笑)

ネタ切れというより、ネタ不足

だから、主人公の恋バナを盛り込み、更に幼なじみで親友のあれこれを盛り込み、五島列島のPRも盛り込んで誤魔化し、取り繕うしかなかった)とも思うのだ。

当然、NHKの上層部からは「イケメンの恋バナは入れてね」とか、「視聴者の興味を引くような脇役も盛り込んでね」の要求はあるだろうし。

『伝えたい思い』は、IWAKURAの"職人たちの思い"だと思う

というわけで(どういうわけで?)、今週で主軸として描く『伝えたい思い』は、IWAKURAの “職人たちの思い” であることは、今回の毎報新聞の記者・御園(山口紗弥加)のエピソードで予想がついたはず。

そして、そこへ…

舞(福原遥)が久留美(山下美月)に告げた貴司(赤楚衛二)への気持ち、貴司の短歌のファン・秋月史子(八木莉可子)の貴司への気持ち、あわよくば貴司の読者への気持ちまで被せて重ねて描こうとしているのだろう。

流石に冒頭の記者・御園の登場の仕方に始まって、神出鬼没の舞にしても、古本屋「デラシネ」のシーンにしても、つながりを含めて不自然すぎるし、ツッコミどころも満載で、もはや過積載で月曜日なのに「舞いあがれ!号」は離陸できなかったような(笑)

まあ、離陸したところで低空飛行の可能性はあるが…(泣)

今週の演出担当・工藤隆史氏は『舞いあがれ!』助監督!

ぼちぼち、まとめよう。

“メイン” が書いた脚本は本来書きたくない部分を書いている可能性があるから不問としたいところだが、もしそうなら、なぜ上層部は今週の演出担当をメイン監督にしなかったのか? との問題が浮上する。

だって、今週の演出担当の工藤隆史氏はこれまで『舞いあがれ!』の<助監督>としてクレジットされていた人なのだから。

もはや、あざとすぎる! とか、粗が目立ちすぎる! といった次元ではなく、むしろ、脚本と演出が気の毒で痛々しく感じてしまった。

ホント、NHKはもっと「人を育てる」ってことを考えるべきだと思う。

だいぶ、内容の感想から逸脱してしまったが、今週はこんな大人の事情があると思って見た方が、こちらも気が楽だと思うから書いてみた…

あとがき

横山裕さん、赤楚衛二さん、山下美月さん、長濱ねるさんら若手の演者さんを登場させたい “大人の事情” は分かっているつもりです。

ただ、私の都合で言いますと、五島列島チームを見たいとは思いますが、あざとく出番が盛り込まれてもあんまり嬉しくないし、楽しめないですよ。

もちろん、「推しを見ているだけでしあわせ!」って人もいると思いますし、否定もしません。

でも、必要以上に膨らませて内容が薄まるなら、脇役関連は適度な尺に収めて、描写不足だった航空機部品の試作のくだりや、放置状態の荒金からの自動車部品への “職人たちの思い” を掘り下げた方がよかったと思います。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17672/


【これまでの感想】

第1週『お母ちゃんとわたし』
1 2 3 4 5 
第2週『ばらもん凧(だこ)、あがれ!』
6 7 8 9 10 
第3週『がんばれ!お父ちゃん』
11 12 13 14 15 
第4週『翼にかける青春』
16 17 18 19 20 
第5週『空を飛びたい!』
21 22 23 24 25 
第6週『スワン号の奇跡』
26 27 28 29 30 
第7週『パイロットになりたい!』
31 32 33 34 35 
第8週『いざ、航空学校へ!』
36 37 38 39 40 
第9週『私らはチームや』
41 42 43 44 45 
第10週『別れと初恋』
46 47 48 49 50 
第11週『笑顔のフライト』
51 52 53 54 55 
第12週『翼を休める島』
56 57 58 59 60 
第13週『向かい風の中で』
61 62 63
総集編(前編)
第14週『父の背中』
64 65 66 土(第13,14週分)
第15週『決断の時』
67 68 69 70 71 
第16週『母と私の挑戦』
72 73 74 75 76 
第17週『大きな夢に向かって』
77 78 79 80 81 
第18週『親子の心』
82 83 84 85 86 
第19週『告白』
87 88 89 90 91 
第20週『伝えたい思い』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『舞いあがれ!』第92回

『伝えたい思い』内容朝の準備をしていた舞(福原遥)は、貴司(赤楚衛二)の短歌に目をとめる。そして久留美(山下美月)に言われたことを思い出していた。そんななか、めぐみ(永作博美)らと“うめづ”で食事をしていた舞たち。そこに新聞記者の御園(山口紗弥加)と出くわす。敬称略作、桑原亮子さん演出、工藤隆史さんもう、本格的に、迷走しているね。数週間前に始まった妙な展開。。。ある種の“スピンオフ週”だが。...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: