ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

警視庁アウトサイダー (第6話・2023/2/9) 感想

警視庁アウトサイダー

テレビ朝日系・木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagramTicTok

第6話『コスプレの神、降臨!?』、EPG欄『急展開…架川、襲撃!?激レアアニメグッズ殺人の謎』の感想。
なお、原作の小説・加藤実秋「警視庁アウトサイダー」シリーズ(角川文庫)は未読。



光輔(濱田岳)と直央(上白石萌歌)は看護師の静香(高橋美津子)が階段から突き落とされ意識不明となった事件を捜査。静香が持っていたアニメグッズから、ある殺人事件との関連が浮上する。一方、休暇を取った英児(西島秀俊)は、長野で10年前の事件に関係するホステス・史江(高橋かおり)に会うが、別の人捜しをする羽目になる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:加藤実秋「警視庁アウトサイダー」シリーズ(角川文庫)
脚本:髙橋泉(過去作/映画「凶悪」「ミュージアム」「ソラニン」、TVドラマ「わにとかげぎす」)
脚本協力:朝倉燎子(過去作/「恋はDeepに」、「六本木クラス」のリサーチ担当) 第3~6
演出:木村ひさし(過去作/99.9-刑事専門弁護士-シリーズ、シェフは名探偵) 第1,2,5
   向井澄(過去作/「シェフは名探偵」第5話と最終回のみ演出) 第3,4
   日高貴士(過去作/「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」第7話のみ演出) 6
音楽:末廣健一郎(過去作/逃げるは恥だが役に立つ、私の家政夫ナギサさん)
主題歌:山下達郎「LOVE‘S ON FIRE」
エグゼクティブ・プロデューサー:服部宣之(過去作/となりのチカラ、トモダチゲームR4)
※敬称略(「日高貴士」の「高」は「はしごだか」)



長濱ねるコスプレ回で"コメビカリ様"を見られただけで…

申し訳ないが、だいぶ前から長濱ねるさんを始めとした出演者の頑張る姿を応援するドラマになっている今作

従って、今回は「長濱ねるコスプレ回」として “コメビカリ様” を見られただけで満足だ…(笑)

コスプレの神、降臨!?
©テレビ朝日

これで感想を終えてもよいのだが、一応は真面目に当ブログらしい感想 “も” 書いてみる…

やり過ぎの演出で、物語が余計に分かりにくくなった

冒頭から小ネタというより、突拍子もない演出や意味不明で唐突な場面転換が多過ぎて違和感だらけだったのだが、クレジットを見たらナント第6話にして今作初担当の演出家、日高貴士氏の演出だった。

言っちゃ悪いが、“木村ひさしワールド” を模倣しようとしても、乗り越えようとしても無理なのだ。

やはり物事には「やり過ぎ」にだってそれなりの「さじ加減」が必要で、その塩梅こそが “ワールド” になり得るのだ。

というわけで、脚本を語る前に、演出がこれまでと違い過ぎる上にやり過ぎているから、今一つ内容が分かりにくかったのが残念でならない。

日高氏が頑張ったのは認めるが…

春蘭市での架川をメインにして描くだけでよかったのでは?

内容が分かりにくいのは演出だけのせいではなく、当然に脚本にも責任がある。
それは、複数案件を描いたこと。

一つは “縦軸” に関係している案件ではあるが、それでも盛り込み過ぎ感は否めない。

特に困ったのは、どう見積もっても “縦軸” は終わってみれば「そんなことだったんだ…」程度の内容を膨らませているだけでも必死に見えるのに、更にエピソードを盛り込んだら、必要以上に “縦軸” が複雑に見えちゃって興味が湧きにくいのだ。

いや、そもそも、「看護師が階段から突き落とされる事件」と「半年前、アニメファンが殺害された未解決事件」は関連したところで、肝心の “縦軸” とはほぼ無関係なのだから。

春蘭市での架川英児(西島秀俊)とバーテンダー・立石(正名僕蔵)のやり取りをメインにして描くだけでよかったと思うが…

あとがき

演出は別にして、少しはシリアス路線にしようというつもりがあるのでしょうか?

それにしても、EPG欄のサブタイトル『急展開…架川、襲撃!?激レアアニメグッズ殺人の謎』の時点で、ただの盛り込み過ぎ(苦笑)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17662/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

警視庁アウトサイダー 第6話

10年前、光輔(濱田岳)の父・梶間優人(神尾佑)が冤罪に巻き込まれたホステス殺人事件の手掛かりを求め、英児(西島秀俊)は単身、長野県春蘭市に乗り込みます。 一方、光輔や直央(上白石萌歌)たちは、看護師・静香(高橋美津子)が駅の階段から突き落とされた事件を捜査します。 静香は幸い一命を取り留めましたが、意識不明の状態でした。 事件発生時、静香はコアなファンが多いアニメのキャラクターのアク...

警視庁アウトサイダー 第6話

内容ジンイチの羽村琢己(福士誠治)が、蓮見(濱田岳)の後ろ盾になっていた。かつて、蓮見こと梶間直人の父・梶間優人(神尾佑)に助けられたという。「僕らと一緒に戦って欲しい」と、架川(西島秀俊)に告げるふたり。そんななか、看護師の今野静香が、歩道橋を突き落とされる事件が発生する。架川が有給で、蓮見と水木(上白石萌歌)が協力し捜査を始める。娘・萌や、静香が入院する病院の患者・白土祐吾の話では、恨ま...

警視庁アウトサイダー #06

『カラオケ捜査!?』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: