ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

星降る夜に (第4話・2023/2/7) 感想

星降る夜に

テレビ朝日系・火曜9時枠の連続ドラマ『星降る夜に』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第4話『2度目のキス――君が大好きだと伝えたい。』の感想。



鈴(吉高由里子)は深夜(ディーン・フジオカ)から、妊娠を告げてもにこりともしない患者がいたと聞く。一方、鈴の手話の上達は目覚ましく、講師の橋本(寺澤英弥)も驚くほど。授業後、鈴は北斗(水野美紀)に飲もうと誘われる。「遺品整理のポラリス」事務所で、居合わせた一星(北村匠海)と春(千葉雄大)も加わった飲み会に、春は妻のうた(若月佑美)を呼ぶことに。そこに、北斗の娘の桜(吉柳咲良)が帰宅する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:大石静(過去作/家売るオンナシリーズ、大恋愛、知らなくていいコト、恋する母たち)
演出:深川栄洋(過去作/偽装の夫婦、僕とシッポと神楽坂、にじいろカルテ) 第1,2
   山本大輔(過去作/民王、おっさんずラブ、緊急取調室3、妖怪シェアハウス) 第3,4
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド、MIU404、石子と羽男-そんなコトで訴えます?-)
主題歌:由薫「星月夜」
挿入歌:NCT ドヨン「Cry」
※敬称略

後半に入る前に脇役の一人である春を掘り下げましょう!

前回までは、各登場人物の紹介、ちょっと難しい初期設定の説明に加え、遺品整理と産婦人科医のことに触れ、“ただの恋バナ” ではないことを提示した今作。

今回は、折り返し直前だからだろうか、まずは脇役の一人である春(千葉雄大)を掘り下げましょう! というところだろう。

「世の中 狭いねえ」とアッサリ全員集合をやったのは斬新!

しかし、“連ドラ” の構成として意外と斬新に感じたのは、放送中の某朝ドラのように「たまたま」を連発することがドラマッチック、サプライズだと勘違いしている脚本家が多い中で、北斗(水野美紀)の娘・桜(吉柳咲良)に「世の中 狭いねえ」とアッサリ全員集合! をやったことだ。

さすが、ベテラン脚本家、大石静氏らしい英断だと思う。

やはり、今作は “出会い” よりも、“出会ってから” のコトを描く作品だと思うから、このタイミングで<世の中 狭い>をやったのはうまいと思う。

だって、「たまたま」を引っ張れば、出会った同志のキャラクターしか使えないが、<世の中 狭い>をやったあとなら、どんなセットでも使えちゃうから展開を膨らませるのに不自然さが生まれないから。

春の陽キャラからから陰キャラへのギャップが凄すぎ!

さて、物語の感想も。

まず、千葉雄大さんの演技力の賜物でもあるが、とにかく春(千葉雄大)の陽キャラからから陰キャラへのギャップが凄すぎ!

しかし、このギャップが、今作の “恋バナ” と “産科の話” のギャップと似ていて、重い部分があるから明るい部分が際立つし、明るい部分があるから思い部分を見ていられるわけで。

この辺の構成も見事だし、物語としてのバランスも良いと思う。

今作が"ただの恋バナじゃない!"と思うところ…

で、個人的には “子供がいない夫婦” であり、“妻が助産師” である私は、今回のエピソードはなかなか… なモノがあった。

意外に… といっては失礼だが、今作は「町の産婦人科医院」が舞台だが、産科医の苦悩、新人ドクターの成長、産科勤務の看護師の嘆きを盛り込んでいるところが、“ただの恋バナ” ではないと私が評価する点だ。

特に、医師は鈴(吉高由里子)が言ったように…

鈴「事情は医者には関係ないから。
  私たちが やるべき事は
  妊婦さんの体調の的確な診断をする事」


妊婦さんの診断をするのが仕事。
でも、看護師長・犬山鶴子(猫背椿)は次のように言った…

鶴子「仕事としては お産 感動しますけど…
   ここで働けば働くほど
   いやあ… 産めないなあ 育てられないなあって」


ここ、かなりシナハン(シナリオハンティング=脚本を書く前に現場で取材調査をすること)が丁寧に行われた結果に生まれた台詞だと思う。

因みに、助産師は看護師とはまた少し違って、「妊婦さんの事情は配慮するけど、絶対に私情は挟まない。でも、いつかは妊婦さんやパートナーなりが決断しなければいけない時、後悔しないように細心の配慮は怠らない」だそうだ(妻、談)。

で、今作の初期設定が絶妙なのは「産科医院」が舞台なのに、表立って「助産師」の存在を示さずに「産科医と看護師のみ」に限定していること。

ここを広げちゃうと、『コウノドリ』のように「産科のお話」が強調されちゃうから、あくまでも「生と死を扱った恋バナ」としては、このくらいのさじ加減が程よいと思う。

あとがき

次の春が一星(北村匠海)に言い放った言葉は衝撃的でしたね。

春「もし お前みたいに耳が聞こえなかったら
  俺は お前みたいに自信満々に笑って生きられない!
  もし 生まれてくる子供の耳が聞こえなかったら?
  そんなの 俺は無理だよ! 抱えきれないよ!」


このまま進んだら、どんな展開になっちゃうの? と、思いましたけど。

いい意味での主人公・鈴のフワフワ感と、一星の祖母・柊カネ(五十嵐由美子)の明るさに救われました。

次回も期待します。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17652/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

星降る夜に 第4話

鈴(吉高由里子)は一星(北村匠海)のおでこにキスをし、2人はまた一歩距離を縮めます。 鈴は、仕事の休み時間に一星にリモートで手話を教わったり、彼の友人が経営するギリシャ料理でデートをしたりします。 鈴は一星を介して、これまで知らなかった世界の扉を開いて、少しずつ明るく、生き生きと生きるようになります。 一方、鈴が働くマロニエ産婦人科医院に食品会社に勤める、うた(若月佑美)がやって来ます...

星降る夜に 第4話

内容佐藤うた(若月佑美)の診察をした佐々木(ディーン・フジオカ)その様子に引っかかりを覚え、鈴(吉高由里子)に相談をする。すると。。。生き方は本人の自由で、自分たちは正しい診断をするだけだとそんなある日の夜。帰り支度をしていた一星、春(千葉雄大)そこに、千明(水野美紀)が、鈴と現れる。行きつけの店が休みで、一杯やると言うことだった。一星、春も参加することに。そこに、千明の娘・桜(吉柳咲良)が...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: