ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

警視庁アウトサイダー (第3話・2023/1/19) 感想

警視庁アウトサイダー

テレビ朝日系・木曜ドラマ『警視庁アウトサイダー』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagramTicTok

第3話『新米刑事の劇的おとり捜査』の感想。
なお、原作の小説・加藤実秋「警視庁アウトサイダー」シリーズ(角川文庫)は未読。



務課の米光(長濱ねる)や倉間(野波麻帆)と帰宅中の直央(上白石萌歌)が、夜道を1人で歩く5歳の凛(いろは)を保護。シングルマザーの加奈子(寒川綾奈)がいなくなったという。若い女性の連続失踪事件との関連を訴える直央らに気おされ、英児(西島秀俊)が渋々調べると、失踪女性と共通した不審な人物が浮上。直央が捜査に躍起になる一方で、ある人物が英児と光輔(濱田岳)を調べていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:加藤実秋「警視庁アウトサイダー」シリーズ(角川文庫)
脚本:髙橋泉(過去作/映画「凶悪」「ミュージアム」「ソラニン」、TVドラマ「わにとかげぎす」)
脚本協力:朝倉燎子(過去作/「恋はDeepに」、「六本木クラス」のリサーチ担当) 3
演出:木村ひさし(過去作/99.9-刑事専門弁護士-シリーズ、シェフは名探偵) 第1,2
   向井澄(過去作/「シェフは名探偵」第5話と最終回のみ演出) 3
音楽:末廣健一郎(過去作/逃げるは恥だが役に立つ、私の家政夫ナギサさん)
主題歌:山下達郎「LOVE‘S ON FIRE」
エグゼクティブ・プロデューサー:服部宣之(過去作/となりのチカラ、トモダチゲームR4)
※敬称略



主軸である事件の展開が見やすくなって、内容に集中できる

今回の演出は、今作初担当の向井澄氏(過去担当作品は上記参照)になったが、ドラマ『シェフは名探偵』(テレ東/2021)でメイン監督と一緒だったせいもあって、順当に “今作らしさ” はそのまま踏襲…

そして、今回から脚本協力として、『恋はDeepに』や『六本木クラス』のリサーチ担当だった朝倉燎子氏が参加しているためか、一つひとつの小ネタのクドさが薄まり、小ネタで大きく脱線するようなことが少なくなったように思う。

そのために、主軸である事件の展開が見やすくなって、内容に集中できるようになった。

また、相変わらず “縦軸” が盛り込まれているが、やはり主軸に集中して見られるから、邪魔な印象はない。

事件を見やすく描いたことで"刑事ドラマ"に見えるように!

「第1話から今回くらいのさじ加減で作っていれば…」と思うところもあるが。

超濃い口の第1,2話のあとだから薄味に感じるだけで、逆に今回のテイストが第1話だったら「中途半端にやるなら、無い方がいい」と、なった可能性もあるわけで。

でも、今回を評価したいのは、事件を見やすく描いたことで “刑事ドラマ” に見えるようになったこと(苦笑)

やはり、“事件捜査” が見えにくいのは本末転倒だから、この塩梅なら小ネタも “らしさ” と解釈できる。

というわけで、次回以降もこの調子で進んでほしいと願うばかりだ。

"縦軸"の内容を思いのほか提示してきたのは意外だった

さて、意外だったのは、“縦軸” の内容を思いのほか提示してきたこと。

とはいえ、このテレ朝系「木曜ドラマ」枠は基本的に「総和数が8~9話と少なめ」だから、次回が折り返しの可能性もあるわけで、無駄に引っ張らずに小出しをしていた可能性もある。

いや、“縦軸” に絡んでいる俳優陣の豪華さを考えれば、後半戦はむしろ “縦軸” で魅せる可能性はあるかも?

まあ、やたらと隠すよりも、「第二章」としてガッツリと描く作戦も十分にあると思う…

あとがき

まだまだ好みが分かれる作風ではありますが、今回くらいのほうが多くの人たちに受け入れられるのでは?
第3話まで見た人を引き留めるにはよかったと思います。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17581/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

警視庁アウトサイダー 第3話

直央(上白石萌歌)は帰宅途中、街中を彷徨い歩く幼い凛(いろは)を保護します。 凛は母・加奈子(寒川綾奈)と2人暮らしですが、夜遅くなっても母親が戻って来ないため、行方を捜していたと言います。 最近、若い独身女性の失踪事件が2件続いていることから、直央は加奈子も含めて3人とも同一犯に誘拐されたのではと睨み、英児(西島秀俊)、光輔(濱田岳)に事件性があると主張します。 丸暴への返り咲きを狙...

警視庁アウトサイダー 第3話

内容ある夜のこと、暗い夜道を徘徊する少女・多村凛を、水木(上白石萌歌)たちが、保護する。母・加奈子が家に戻らず、捜していたという。渋々、架川(西島秀俊)は、水木と捜査を手伝う。すると同じ市内で、女性の失踪事件が起きていることが判明する。その情報をもとに、蓮見(濱田岳)ら刑事課の面々の捜査を開始。やがて。。。。敬称略脚本、髙橋泉さん脚本協力、朝倉燎子さん演出、向井澄さん演出が違うのに、“らしさ...

警視庁アウトサイダー #03

『笑う連続誘拐犯』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: