ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

アトムの童 (第5話・2022/11/13) 感想

アトムの童

TBSテレビ系・日曜劇場『アトムの童』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第5話『買収完了』の感想。



那由他(山崎賢人)らは完成したゲームを発売するため、ゲーム配信サイトの審査に応募する。だが、興津(オダギリジョー)が裏で手を回したため、全て審査落ちしてしまう。興津は那由他と隼人(松下洸平)、海(岸井ゆきの)を呼び出し、配信に協力する代わりに、アトム玩具が持つ造形技術を譲るよう迫る。だが、那由他らは興津の提案を拒否。自らのやり方で結果を出すと宣言する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:神森万里江(過去作/ラヴソング、相棒シリーズ、この恋あたためますか)
脚本協力:畠山隼一(過去作/大阪環状線シリーズ、世にも奇妙な物語21) 第2~5
兒玉宣勝(過去作/PTAグランパ!゙、闇芝居 第8期) 第2~5
演出:岡本伸吾(過去作/インハンド、病室で念仏を、この恋あたためますか) 第1,2,5
   山室大輔(過去作/天皇の料理番、グランメゾン東京、テセウスの船) 第3
   大内舞子(過去作/この恋あたためますか、TOKYO MER) 第4
   多胡由章(過去作/美味学院、TAXMEN)
音楽:大間々昂(過去作/地味にスゴイ!校閲ガール、ファイトソング、マイファミリー)
ナレーター:神田伯山
※敬称略



"爺さんズ"も勉強しているのに、まだデジタル音痴なの?

第5話まで見たが、今回で視聴離脱しようか検討してしまった。

その理由は、あくまでも≪私≫が期待している『日曜劇場』からどんどんかけ離れて行くからだ。

今回だって、描こうとしていることは理解しているつもりだ。
しかし、う~~~ん。

今回は、冒頭で「アトム玩具」の “爺さんズ” がノベルティグッズとしてフィギュアを作り、主人公たちに「配信だから…」とツッコまれて、そこから体験会へつながって話が進展していくわけだが、これでいいのか? って、こと。

『日曜劇場』だから"爺さんズ世代"へ分かりやすく描く必要がある

そもそも、 “爺さんズ” が時代の潮流についていけなくて困っている「アトム玩具」を、那由他(山﨑賢人)、隼人(松下洸平)と海(岸井ゆきの)が協力して、大好きな「アトム玩具」を復活させようというのが、今作の始まりだったはず。

だから、本来描くべき流れは、例えば、まずは那由他が、「本来は配信だけど、一昔前のように体験会でもやってみようか?」があって、隼人が「でも、今の若者が会場に来てくれる?」があって、海が「お父さんたちにフィギュアを作ってもらったら?」で、ないの?

で、“爺さんズ” が「配信じゃないのかよ?」から、“爺さんズ” と “視聴者” へ<今回のゲームの売り方>の説明を丁寧にして理解してもらうことが、 “ドラマ” として “アトム玩具の立て直し” になるのでは?

やはり、若い視聴者が多い放送枠ではない『日曜劇場』枠だからこそ、爺さんズ世代” へ分かりやすく描く必要があると思うのだが。

で、更に困ったのが、描く順番が違うだけでなく、分かりやすく描くべき部分をゲーム販売やインディー開発者の手助けをするパブリッシャー・相良(玄理)がSAGAS興津社長(オダギリジョー)に那由他たちの “やり方” を説明した場面だけで終わらせたこと。

私は全くゲームをやらないオジサンだが、これ位の事は理解できる。
でも、少し上の世代の人は本当に理解していたのか? と思うのだ。

「SAGAS」が欲しいのは"特許"なら特許料を支払えばよいのでは?”

もっと書きたいことは山ほどあるが、殆どが愚痴だから書くのも読むのも精神衛生上よろしくないから一点だけ。

「SAGAS」が欲しいのは “特許” でしょ?

“爺さんズ” の発想力やデザイン力やセンスではなく “特許”。

だったら、あれこれ裏工作しないで「SAGAS」が特許料を払って使えばよいのでは???
お金持ちなんだから…

一つの提案として。
まだ “特許” が具体的に描かれていないうちに、 “爺さんズ” の発想力やデザイン力やセンスがあってこその “特許” であることを後付けして誤魔化して、いっそのこと<アトム玩具ごと乗っ取る>展開にした方が分かりやすいような…

あとがき

個人的には面白く見ています。

ただ、一つ引っ掛かってしまうと、芋づる式に気になってしまって、作品の世界に引き込まれなくなる… それが「サクセスストーリー」だと思うんです。
ですから、もう少し、SNS界隈のこと、銀行関連の描写も頑張って欲しいです。

また若干他力本願にはなってしまいますが…
前回登場した日本製のキャラクター玩具の収集家で「アトム玩具」の投資家になったK・ラマチャンドラン(KOUROSH AMINI INGO)に那由他たちが相談すれば、冒頭の「本来は配信だけど、一昔前のように体験会でもやってみようか?」が提案するのでも良かったと思います。

分かりやすく描くべき部分と、誤魔化しても問題ない部分の選択と集中をちゃんと精査していただきたいです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17399/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

アトムの童 第5話

アトム玩具の初めてのゲーム・アトムワールドが完成します。 販売に向けて早速、配信サイトに申請を出しますが、どのサイトからも申請を弾かれてしまって・・・ 理由がわからず途方に暮れる那由他(山崎賢人)と隼人(松下洸平)たちに、興津(オダギリジョー)はSAGASが運営する世界最大のゲーム配信サイトで、アトムワールドを扱わないかと持ち掛けて来ます。 興津の力など借りたくない那由他たちは、自社の...

アトムの童 第5話「買収完了」

とにかく、テンポ良く、快進撃と、審査で弾かれてしまう理不尽と…困惑する、那由他(山﨑賢人)たちに、クセモノ役。興津(オダギリジョー)は、「SAGAS」が運営する 世界最大のゲーム配信サイトで、新作ゲームを扱わないかと持ち掛けられて…彼の力を借りたくなり、彼等は当然、お断りし、ホームページで配信を開始。アトムワールド体験会のイベントも開いて 販促用のゲッチャリロボを配るが、ゲームの売り上げは一...

日曜劇場『アトムの童』第5話

内容ついにゲームを完成させた那由他(山崎賢人)隼人(松下洸平)そして海(岸井ゆきの)たち“アトム玩具”の面々。だが、販売するための数々のサイトから配信を断られてしまう。窮地に追い込まれる中、“SAGAS”の興津(オダギリジョー)から“アトム玩具”に連絡が入る。興津によると、経産省の依頼でゲームソフトの審査を行っていると言うこと。そのため、“アトム玩具”のように実績の無い新規参入の審査は、慎重...

アトムの童 #05

『買収完了』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: