ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


-

連続テレビ小説「ちむどんどん」〔全125回〕 (第114回・2022/9/15) 感想

不連続テレビ小説「ちむわじわじー」

NHK総合・連続テレビ小説『ちむどんどん』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第114回〔全125回〕第23週『にんじんしりしりーは突然に』の感想。

 
 

 本作は、2022年8月31日、NHK東京放送局で撮影が終了しました。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の感想も毎日変わります。ご理解を。


暢子(黒島結菜)の店『沖縄料理ちむどんどん』は、課題となっていた「沖縄料理に適した、美味しい豚肉を調達すること」を、賢秀(竜星涼)と清恵(佐津川愛美)のお陰で猪野養豚の肉を仕入れることになり、解決。その豚肉を使って味を見直した沖縄そばも完成。そして、ついに営業再開の日。暢子、矢作(井之脇海)、歌子(上白石萌歌)は満を持して開店するが、初日の客の入りは…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:羽原大介(過去作/マッサン、昭和元禄落語心中、スパイラル~町工場の奇跡~)
脚本協力:新井静流(過去作/羽原大介・作「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」脚本協力)
演出:木村隆文(過去作/ひまわり、梅ちゃん先生、ごちそうさん、なつぞら) 第1,2,3,6,10,14,15,18,22
   松園武大(過去作/おひさま、とと姉ちゃん、半分、青い。、エール) 第4,5,7,12,17,19
   中野亮平(過去作/花子とアン、マッサン、あさが来た、べっぴんさん) 第8,13,16,20,23
   大野陽平(過去作/Eテレドラマ「あやとり」脚本兼、ここは今から倫理です。) 第9
   田中陽児(過去作/きれいのくに、麒麟がくる 総集編) 第11,21
   寺崎英貴(※)(過去作/オーディオドラマ 青春アドベンチャー「嘘か真か」) 第17,19
   内田貴史(過去作/「なつぞら」助監督) 第22
音楽:岡部啓一(過去作/真夜中のパン屋さん)
   高田龍一(過去作/ドラマ劇伴無し)
   帆足圭吾(過去作/真夜中のパン屋さん)
主題歌:三浦大知「燦燦」
語り:ジョン・カビラ
制作統括:小林大児(過去作/演出:ちゅらさん4、てっぱん、純と愛、CP:ミス・ジコチュー)
     藤並英樹(過去作/演出:てっぱん、純と愛、CP:第3夜 転・コウ・生)
※「崎」の漢字は本来「たつさき」
※敬称略



この投稿の趣旨について
この投稿は、私が今作を “今一つ” だと感じる原因を追究することで、今作だけでなく広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。

作品の粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくること、脚本家などの人格否定や俳優の個人攻撃が目的ではないことをご理解ください。


各部署のトップがちゃんと仕事をしていれば…

ハイサイ~ 皆さん、管理人の “みっきー” です!

昨日に投稿した『朝ドラ「ちむどんどん」の読者様コメントにみる“木を見て森を見ず”のもったいなさ』で、多くの人が「演出の問題」として取り上げている “時代考証の甘さ” や “食への冒涜” が、実は「美術スタッフや○○監修の問題」の可能性もあることを書きました。

プロに対して失礼な物言いになりますが、とどのつまり、ほぼスタッフ全員の真剣さが欠如しているってことだと思います。

もちろん、まじめに働いているスタッフもいるでしょうが、各部署のトップがちゃんと仕事をしていれば、ここまでの状態には陥ることはなかったと思います。

というわけで、今回も粗探しや重隅突きはせずに、“ドラマ” “連ドラ” としての本質に迫ろうと思います。

今回もテロップを出して自在に時間経過しまくってはいたが

今作の特徴であり、悪い癖が「劇中の “今” を特定しないこと」である。

要するに、“今” が「○月○日」というような描写が少なく、それ以前の “季節感” も著しく乏しい

だから、唐突に「○年○月」なんてテロップが入ると、「おいおい、どの時点から時間経過したの? 」、「また端折ったの?と感じてしまう。

今回も、テロップを出しては、自在に時間経過しまくってはいたが、全く “連ドラ” としての深みが感じられない…

沖縄料理店「ちむどんどん」の今までを総括してみる

そもそも、「知らないお客さん」ではなくて「初めてのお客さん」、「初めて来店してくださったお客様」でないと、正確に意味が伝わらないと思うが(苦笑)

今回は、これといった内容が無く、このまま商売繁盛で進みそうだから、良い機会として、沖縄料理店「ちむどんどん」の今までを総括してみる。

では、簡単に今作で描かれたことを素直に解釈して箇条書きにしてみよう。

●看板メニュー「沖縄そば」は未完成のまま…
●沖縄料理の出来を左右する大切な食材 “皮付き豚肉” も入手できず…
●チラシやビラ配りもしなければ、店先での呼び込みもせず…
何から何まで「せず…」「ないまま…」最初の店をオープン

●当然、店の客足は減り続け、一時閉店に追い込まれ…
“皮付き豚肉” は入手不能、「沖縄そば」も未完成のまま、店の再開日を決定!
再開日が決まっているのに、“皮付き豚肉” を探すことなく…
●当然、他の “豚肉を使った料理” も中途半端な状態で…

料理人でない歌手志望の歌子の気づきで “豚肉” に問題発覚!
●開店数日前に偶然! “お目当ての豚肉” を入手
●開店ギリギリに看板メニュー「沖縄そば」が完成して、店再開!

開店当日もビラ配りも呼び込みもせず「客が来ない」と全員で肩を落とす
店の経営や客入りにほぼ無関係な歌子が思い余って呼び込みをして、客が来店

実に、いい加減な “流れ” で、理解に苦しむばかりだが。

沖縄そば以外の豚肉を使った料理はテコ入れせず再開決定?

上記の箇条書きを読めば、いかに “再オープン” が適当なのかわかっていただけると思うが。

もっと根本的なダメなところがある。

その一つ目は、次のナレーションに秘密が隠されている。

N「豚肉をはじめ 素材を生かした味が
  沖縄料理を初めて食べる人にも好評で」


まず、おかしいのは、この店には「沖縄そば」以外にも “豚肉” を使った料理があるのに、それらのメニューに新たな創意工夫をした気配がないこと。

そりゃあ、放送尺などの大人の都合があるにせよ、「食」「料理人」「飲食店」を描く “ドラマ” で、一度閑古鳥が鳴いて閉店に追い込まれた店を再開するなら、「全メニューを誠意をもって変えてみよう」と試行錯誤、奮闘してこそ “朝ドラ” で “ヒロイン” でないのか? と。

味の試行錯誤や、宣伝の創意工夫で、客足が増えたように描くべきでは?

もう一つおかしいのは…
今回の映像を見ると、多くの客が「沖縄そば」を食べていた。 で、今回で店にやってきたのは「知らないお客さん」たちだ。

そう、閑古鳥を泣かせた原因の「旧・沖縄そば」を食べていない客たちなのだ。

だから、「知らないお客さん」で店がいっぱいになったことと、「新・沖縄そば」が「旧・沖縄そば」を味で上回ったことにはならないのだ(苦笑)

だから、今さらになって「新旧の沖縄そば」を知っている重子(鈴木保奈美)を登場させたのだろうが、繰り返すが “今さら” である。

当初から、味の異変に気付いていた重子に相談すれば良かっただけのことだ。

「味の違いがわかる人」、「妊娠出産育児の経験者」、「本音をズバッという人」として、適切に活用すべきだったのは言うまでもない。

"開店準備から再オープンまで"が重大なミスを犯している

さて、これまで「開店準備 → 一時閉店 → 再開決定 → 再オープン」と “アリエン” ことを書いてきたが、この流れが “連ドラ” として重大なミスを犯していることにお気づきだろうか?

それは、“アリエン” 異様な流れと、今回の満席状態が、まだ出産前だが、これが暢子(黒島結菜)が房子(原田美枝子)に啖呵を切った「仕事も育児も両立して頑張ります」なのか? ってことだ。

今回、満席の客たちが食事中の時、暢子と矢作(井之脇海)と歌子は、のんきに感慨深げにしていたが、どう見ても、あれだけの客数を、身重の暢子、ホールはやらない矢作、病弱な歌子の三人だけで、いや、更に暢子が出産して育児が始まれば、これから先も三人だけで店を回せると思えないのだが…

まあ、どうせ「肝心なところはすっ飛ばす作戦」で、「店も育児も順調」とナレーションでごまかして済ませるつもりだろうが。

私には、今の時点で “両立” は “困難” としか見えないが。

やはり、今回以前から遡って脚本と演出で、矢作や和彦(宮沢氷魚)の言葉だけでなく、暢子自身が “身重” であることをもっともっと強調して、ラストシーンの次のナレーションを結末にしても不自然でないように描くべきだったと思う。

N「暢子は おなかの子と一緒に 夢を一つ かなえました」


暢子も黒島さんも、演出家も、大きくなったお腹の “ふっくらDライン” を触っていれば良いということではないと思うが…

あとがき(その1)

「玄関開けたら2分でごはん」というフレーズの CMがありましたが、「豚肉変えたら2週で満席」なんですね(失笑)

全く苦悩も試行錯誤もなく、唐突と偶然だけで話が次々と進んでいくばかり(苦笑)

残り 11回ですが、あとはとんとん拍子に「店も育児も順調」で、沖縄ロケのシーンを挟んで終わりでしょうか。

これのどこが、公式サイトなどで主張してきた「本土復帰からの歩みを描く 笑って泣ける朗らかな、50年の物語」なのか…

あとがき(その2)

そうそう、ドラマ好きとして一つだけ感慨深いシーンがありました。

そのシーンは、「♪それはまだ私が神様を信じなかった頃…」ではなくて、「それはまだ黒島結菜さんが朝ドラヒロインにイチ押しと思い込んでいた頃…」のこと。

NHK Eテレ初の本格的連続ドラマ、名作照明ドラマ『ハルカの光」』(2021年2月8日 - 3月8日)で主人公を演じた黒島さんと共演した古舘寛治さんが「客・藤田」役で登場したことです。

また、ナレーション担当のジョン・カビラさん、父上の川平朝清さんと娘さんの羽夏さんも “本人役でカメオ出演” されていました。

もう、スペシャルゲストくらいしか期待するところがないのも困ってしまいます/span>よね。


☆⌒★ちむどんどん さしみてぃくぃみそ~れ~★⌒☆
「胸がわくわくする気持ちにさせてください」の意味。


しばらくの間、今作のコメント欄は閉鎖します
いつも読んでいただいた上に、コメントを投稿してくださり、ありがとうございます。
この度、今作への熱意のあるコメントへの返信は難しいことが多いため、通常のコメント欄では納得できるお返事ができないので閉鎖させていただきます。

また、頂戴したコメントによってはお返事できない場合がありますが、貴重なものとして読ませていただきます。
状況が変わりましたらコメント欄を復活させるつもりですので、しばしご協力お願いいたします。



管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17231/


【これまでの感想】

第1週『シークワーサーの少女』
1 2 3 4 5 
第2週『別れの沖縄そば』
6 7 8 9 10 
第3週『悩めるサーターアンダギー』
11 12 13 14 15 
第4週『青春ナポリタン』
16 17 18 19 20 
第5週『フーチャンプルーの涙』
21 22 23 24 25 
第6週『はじまりのゴーヤーチャンプルー』
26 27 28 29 30 
第7週『ソーミンチャンプルーvsペペロンチーノ』
31 32 33 34 35 
第8週『再会のマルゲリータ』
36 37 38 39 40 
第9週『てびち!てびち!てびち!!』
41 42 43 44 45 
第10週『あの日、イカスミジューシー』
46 47 48 49 50 
第11週『ポークとたまごと男と女』
51 52 53 54 55 
第12週『古酒(くーす)交差点』
56 57 58 59 60 
第13週『黒砂糖のキッス』
61 62 63 64 65 
第14週『渚の、魚てんぷら』
66 67 68 69 70 
第15週『ウークイの夜』
71 72 73 74 75 
第16週『御三味(うさんみ)に愛をこめて』
76 77 78 79 80 
第17週『あのとき食べたラフテーの』
81 82 83 84 85 
第18週『しあわせのアンダンスー』
86 87 88 89 90 
第19週『愛と旅立ちのモーウイ』
91 92 93 94 95 
第20週『青いパパイアを探しに』
96 97 98 99 100 
第21週『君と僕のイナムドゥチ』
101 102 103 104 105
第22週『豚とニガナは海を越えて』
106 107 108 109 110 
第23週『にんじんしりしりーは突然に』
111 112 113

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

連続テレビ小説『ちむどんどん』第114回

内容そして、“ちむどんどん”の営業再開の日。暢子(黒島結菜)歌子(上白石萌歌)矢作(井之脇海)は。。。敬称略今作の描写からすると。“目玉料理”を完成させて、店をオープンしたわけでも無く。“その他の料理”も、メインの食材“豚肉”が欠けたまま、店をオープン。そんな見切り発車の影響もあってか、チラシ、ビラをまくわけでなく。呼び込みもせずに。店は閑古鳥。メイン食材“豚肉”が欠けた状態で、“その他の料...

やっと 痛快劇。久々の朝イチ受け(ちむどんどん)

やっと、終盤のここに至って、痛快劇モードに…ようよう「棚からボタ餅」ならぬ「駄目兄貴(竜星涼)の元カノ。清恵(佐津川愛美)が絶品豚を持ってきて…」から、納得の味を。また、偶然の再会から、この2人。イイ感じになり、突然のハッピー展開。そして、ついに、オープンにこぎつけ 最初は 閑散とし ため息だったけれど、そこで初めて勇気を出し、引っ込み思案気味の歌子(上白石萌歌)が、店の前で呼び込みを…やが...

豚肉より人参>『ちむどんどん』第23週

​​​​​​​​​三郎さんが意識を失ったのは? 1:久しぶりの酒に急激に酔いが回って 2:房子と多江に挟まれて居た堪れなくて 3:何でこんなドラマに出演しちゃったんだろう…と情けなくて 4:本当はもっと台詞があったが、拒否反応を起こして 5:全てを「なかったこと」にしたくて …ひじゅにですが何か? ​「心が健やかなんです」​byお母ちゃん 1:母の目にはこう見えている 2:褒...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: