ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


-

連続テレビ小説「ちむどんどん」〔全125回〕 (第109回・2022/9/8) 感想

不連続テレビ小説「ちむわじわじー」

NHK総合・連続テレビ小説『ちむどんどん』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第109回〔全125回〕第22週『豚とニガナは海を越えて』の感想。

 
 

 本作は、2022年8月31日、NHK東京放送局で撮影が終了しました。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の感想も毎日変わります。ご理解を。


沖縄料理店「ちむどんどん」を一旦閉めて、再起へ向けて味の見直しなどの準備をしている暢子(黒島結菜)だったが、このままではやがて矢作(井之脇海)に給料が払えなくなってしまう、という事態を迎えていた。そして和彦(宮沢氷魚)とそのことを話しているときに、矢作にそれを聞かれてしまった。その頃、矢作は密かにある決意をしていた…。そして、お金をめぐるとある事件が、店で発生する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:羽原大介(過去作/マッサン、昭和元禄落語心中、スパイラル~町工場の奇跡~)
脚本協力:新井静流(過去作/羽原大介・作「サイン-法医学者 柚木貴志の事件-」脚本協力)
演出:木村隆文(過去作/ひまわり、梅ちゃん先生、ごちそうさん、なつぞら) 第1,2,3,6,10,14,15,18,22
   松園武大(過去作/おひさま、とと姉ちゃん、半分、青い。、エール) 第4,5,7,12,17,19
   中野亮平(過去作/花子とアン、マッサン、あさが来た、べっぴんさん) 第8,13,16,20
   大野陽平(過去作/Eテレドラマ「あやとり」脚本兼、ここは今から倫理です。) 第9
   田中陽児(過去作/きれいのくに、麒麟がくる 総集編) 第11,21
   寺崎英貴(※)(過去作/オーディオドラマ 青春アドベンチャー「嘘か真か」) 第17,19
   内田貴史(過去作/「なつぞら」助監督) 22
音楽:岡部啓一(過去作/真夜中のパン屋さん)
   高田龍一(過去作/ドラマ劇伴無し)
   帆足圭吾(過去作/真夜中のパン屋さん)
主題歌:三浦大知「燦燦」
語り:ジョン・カビラ
制作統括:小林大児(過去作/演出:ちゅらさん4、てっぱん、純と愛、CP:ミス・ジコチュー)
     藤並英樹(過去作/演出:てっぱん、純と愛、CP:第3夜 転・コウ・生)
※「崎」の漢字は本来「たつさき」
※敬称略



この投稿の趣旨について
この投稿は、私が今作を “今一つ” だと感じる原因を追究することで、今作だけでなく広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。

作品の粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくること、脚本家などの人格否定や俳優の個人攻撃が目的ではないことをご理解ください。


朝から金、借金、金儲け、盗み、陰口、土下座にうんざり!

ハイサイ~ 皆さん、管理人の “みっきー” です!

「沖縄本土復帰50周年記念作品」だろうが、「沖縄料理を扱う朝ドラ」だろうが、「四兄妹と家族の物語」だろうが、そんな偉そうなことは今やどうでもいい。

単純に毎朝見ることが日課の視聴者が多い朝ドラ“今回も” 朝から、お約束の “金” “借金” “金儲け” の話に、“盗み” “陰口” “土下座” … ハッキリ言うがうんざりである!

なぜ、能力のない三人だけで経営について話し合うのか?

最初に断っておくが、これから書くことは、粗探しでも重箱の隅を楊枝でほじくる行為ではない。

今作の本質というか、今作の主人公の人間性に関することだから避けては通れないから、面倒だが書いてみるので、読むのも面倒だと思うが少々お付き合い願いたい。

“金儲けの話” は無視して、徹底的に主人公・暢子(黒島結菜)に注目していく。

まず、暢子と和彦(宮沢氷魚)と歌子(上白石萌歌)が今後の経営について話し合うシーンの(前回で使ったので今回も)“イミフ=意味不明” な点についてだ。

そもそもの話、歌子は前回の『房子の帰国を祝う会」に呼ばれていないくらいに “おつかいができるだけの人” なのに、なぜ、場所が「ちむどんどん」店内だからという理由だけで、経営会議に参加しているのかが “超イミフ” だ。

いや、もっとそもそもの話をすれば、一度閉店(休店か?)に追い込んだ “三人” が話し合ったって、役立つアイデアなんて生まれるはずがないのだ。

「幼少期からお金で苦労してきた」暢子の設定が消えた?

さて、ここからが本題だ。

とにかく「騒動至上主義」だから、騒動を作らないと話は進まないし、キャラクターも動かさせないのが今作の脚本家と演出家と制作統括が “結末ありきの筋書き” には、これっぽっちも驚かない。

しかし、この三人こそ、暢子、和彦、歌子が集まったって「三人寄れば文殊の知恵」にならない以上に「船頭多くして船山に上る」のことわざを見せてくれている。

まず、そもそもの話として、比嘉家はなぜか両親が働いて子ども四人という当時では珍しくない家族構成なのに “異常に貧しい” 設定があったのは覚えていると思う。

だったら、暢子は幼少期からお金で苦労してきたわけで(歌子も同じだが)、そんな暢子が40万円もの大金に無神経過ぎる)と思う。

いや、以前に「200万円」の時はビクビクしていたから、40万円は “はした金” とか思っているのだろうか?

いやいや、40万円入りの封筒を知っていたのは三人だから、三人全員が40万円大した額でないから無神経になっちゃったってこと?

レジがあるのに鍵をかけずに出かける暢子と和彦の無神経さ

更に困ったのは、歌子がいるとはいえ、40万円入りの封筒があろうがなかろうが、矢作を疑うかどうか以前の問題として…

レジがあるのに、鍵をかけずに出かける暢子と和彦の無神経さだ。

これ、冷静に考えればわかるが、レジに現金が入っていようといまいとどうでも良くて、要するに、無人の店内が外から丸見えになる時点で、防犯意識が働くのが “普通” だってことなのだ、

そして、少なくともレジに鍵は掛かっていなかったのは映像にあった通り。

だったら、万が一の時のために、それこそ身内の歌子や信頼している矢作のためにも、鍵をかけて外出するのが “普通の経営者” だと思うが。

結局、騒動のために、「幼少期からお金に苦労したヒロイン」という基本設定すらいとも簡単に崩壊させても平気ってこと。

だから、もう今作が巻き返せるのは、最終回の一発逆転満塁サヨナラホームランしかないと思う…

まずは店内を探し、矢作に聞いて、警察に届ける… では!?

あとは、どうでもいいや。

智(前田公輝)が早速「盗んだのは矢作」と決めつけたが、暢子が「あまゆ」に行く途中で落とした可能性だってゼロではないわけで。

まずは店内を探して、矢作に聞いて、警察に届ける… じゃないの!?

結局、今度は「暢子の正義がまかり通る筋書き」を平気でやれるから、こんな展開をやっても不自然に感じないのだ。

それこそ、智の設定を考えれば、矢作を真っ先に疑うよりも、過去の人間関係からして “かつての恋敵” である和彦に疑いの目を向けて非難した方が理にかなっているし、なんなら暢子に「留守中に賢秀が来る可能性なんてあるか?」じゃないの!?

「うちの甘い見通しのせいで」と暢子が矢作に謝罪したが…

更に、矢作が「経営者失格」と言っていたが、働いている店の権利書を盗んで土下座で許されただけで犯罪行為の罪を償ってもいない人間が「金を雑に扱う人間」なんて言う資格があるのかと…

その上、なぜか夕方に外出先から帰った流れで、「うちの甘い見通しのせいで」と暢子が謝罪したが、これ、信用金庫に40万円を返済した帰り道ってこと?(暢子のバッグが同じだから)

じゃあ、今回は40万円を “普通” に “和彦なし” で届けられたってこと?

それとも、矢作に言いづらいから、時間稼ぎして夕方になったってこと?

だって、普段の買い物は歌子が昼間にやっちゃったわけだから…

まあ、この先は粗探しになるからやめておくが…

智「暢子は自分より 相手のことを考える人間です」だって

それにしても、智が暢子のことを矢作に次のように評価して話したことに驚いてしまった。

智「自分より 相手のことを考える人間です。
  決して 仲間を海に放り出すようなことはしません」


おいおい、お前さんは和彦に軽く投げ飛ばされただけだからそんなこと言えるが、愛(飯豊まりえ)なんて結婚寸前まで6年交際したのに横取りされたんだぞ! と言いたくなってしまった。

そしてまた、沖縄からの瞬間移動。もう、いいや…

あとがき

封筒の中身をこれ見よがしに見せて、如何にも盗みそうな矢作の陰口言って、矢作はいいひとってことになって、母と姉が瞬間移動ですか…

プロの脚本家と演出家と制作統括が集まって、この程度の内容とは…(呆)

今からでも遅くないので、「実は、お金にずぼら(行いや態度にしまりがなく、だらしないこと)な人たちの、お金に関する揉め事を描く朝ドラでした」とすぐにでも提灯記事を書かせた方が良いと思いますよ(笑)

こう発表すれば、「斬新だから見ちゃおう!」って次回は『あさイチ「プレミアムトーク 黒島結菜さん」』と合わせて、視聴率20%超えるかも…


☆⌒★ちむどんどん さしみてぃくぃみそ~れ~★⌒☆
「胸がわくわくする気持ちにさせてください」の意味。


しばらくの間、今作のコメント欄は閉鎖します
いつも読んでいただいた上に、コメントを投稿してくださり、ありがとうございます。
この度、今作への熱意のあるコメントへの返信は難しいことが多いため、通常のコメント欄では納得できるお返事ができないので閉鎖させていただきます。

また、頂戴したコメントによってはお返事できない場合がありますが、貴重なものとして読ませていただきます。
状況が変わりましたらコメント欄を復活させるつもりですので、しばしご協力お願いいたします。



管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17212/


【これまでの感想】

第1週『シークワーサーの少女』
1 2 3 4 5 
第2週『別れの沖縄そば』
6 7 8 9 10 
第3週『悩めるサーターアンダギー』
11 12 13 14 15 
第4週『青春ナポリタン』
16 17 18 19 20 
第5週『フーチャンプルーの涙』
21 22 23 24 25 
第6週『はじまりのゴーヤーチャンプルー』
26 27 28 29 30 
第7週『ソーミンチャンプルーvsペペロンチーノ』
31 32 33 34 35 
第8週『再会のマルゲリータ』
36 37 38 39 40 
第9週『てびち!てびち!てびち!!』
41 42 43 44 45 
第10週『あの日、イカスミジューシー』
46 47 48 49 50 
第11週『ポークとたまごと男と女』
51 52 53 54 55 
第12週『古酒(くーす)交差点』
56 57 58 59 60 
第13週『黒砂糖のキッス』
61 62 63 64 65 
第14週『渚の、魚てんぷら』
66 67 68 69 70 
第15週『ウークイの夜』
71 72 73 74 75 
第16週『御三味(うさんみ)に愛をこめて』
76 77 78 79 80 
第17週『あのとき食べたラフテーの』
81 82 83 84 85 
第18週『しあわせのアンダンスー』
86 87 88 89 90 
第19週『愛と旅立ちのモーウイ』
91 92 93 94 95 
第20週『青いパパイアを探しに』
96 97 98 99 100 
第21週『君と僕のイナムドゥチ』
101 102 103 104 105
第22週『豚とニガナは海を越えて』
106 107 108

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

連続テレビ小説『ちむどんどん』第109回

内容店を閉め、味の見直しをする暢子(黒島結菜)そんななか矢作(井之脇海)に。。。。敬称略もう、細かい描写も、無視する。言い出しても、キリが無いから。ただ。。。。ほんと、金。。。。そればかりだよね。今作。これは、アレかな。“金に無頓着、いいかげんな人たちの、金にまつわる騒動”ってのが、今作のテーマなのかな?“朝ドラ”なのに、斬新だよね(笑)アイデア不足にもほどがあります。アイデアを出し合い、、...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: