ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ユニコーンに乗って (第10話/最終回・2022/9/6) 感想

ユニコーンに乗って

TBS系・火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第10話/最終回『大人の青春の行方は…!?!』の感想。



ドリームポニーは早智(広末涼子)の会社に買収されたことにより知名度と信頼性を上げた。佐奈(永野芽郁)は海外展開を見据える一方、参加した本社の役員会議で企業向け新サービスを実験的に導入してほしいと訴え、早智や役員らから好感触を得る。精力的に仕事に打ち込む佐奈だったが、須崎(杉野遥亮)とは連絡を取り合わないまま。小鳥(西島秀俊)は無理を重ねる佐奈を心配し…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:大北はるか(過去作/グッドドクター、ラジエーションハウス1,2)
演出:青山貴洋(過去作/下町ロケット2、天国と地獄、DCU) 第1,2,3,6,9,最終
   棚澤孝義(過去作/半沢直樹2013、死役所、インジビジブル) 第5
   泉正英(過去作/病室で念仏…・、TOKYO MER、インジビジブル) 第4,7
   竹村謙太郎(過去作/アンナチュラル、MIU404、インジビジブル) 第8
音楽:青木沙也果(過去作/この初恋はフィクションです)
主題歌:DISH//「しわくちゃな雲を抱いて」

中途半端の原因は "ネタの盛り込み過ぎによる焦点ボケ"

ぶっちゃけ書いちゃうが…
大して面白くなかった連ドラの最終回の感想を書くほどむなしいことはなくて…

ハッキリ言うが、私が大して面白くなかったと思う原因は “完全にネタの盛り込み過ぎによる焦点ボケ” に尽きる

最終的に “恋バナ” を描きたいなら、幼稚な若者を集めて “起業ごっこ” だけ描けば良かっただけ。

まあ、何が何でも小鳥(西島秀俊)を盛り込みたいのなら、小鳥を誰かの “学校の先生に憧れていた父親や兄” にして、“起業ごっこ” をやれば良かったと思う。
これなら、小鳥の設定を変えるだけで済んだのに…

私が企画するなら…

まあ、私が企画するなら、「大人の青春」をメインにしたいから、佐奈(永野芽郁)たち全員を “現役大学生” にし、小鳥さんを夢を諦めない “中年大学生” の新入生にして…

年齢は違えど同じ大学生同士の “恋バナ” をメインに、起業家・羽田早智(広末涼子)の言葉「ITの力でどんな差も埋められる」を信じて起業を目指して突き進む青春群像劇を着地点にするが…

意識的に"今作らしさ"を強調しなかったから失敗した

まあ、私の妄想なんてどうでも良い。

要するに、今作は 意識的に “今作らしさ” を強調しなかったことが失敗だったと思う。

1つ目の “今作らしさ” は「若者の起業」だが、そこの描写を常に端折ったから、「お仕事ドラマ」の面白みが足りなくなった。

2つ目の “今作らしさ” は「若者に影響を与える中年」だが、そもそも “仕事” がまともに描かれていないから活躍の場が極端に少なくなった。

きっと、今作の企画段階では、人生を謳歌するたくさんの要素の中から “恋愛” と “夢” を2大要素と位置付けて、全体を構築したとは思う。

しかし、その2大要素を持ち合わせている最重要人物である佐奈を徹底的に描かなかった
むしろ、群像劇の一人として埋没させてしまった。

これによって、“恋愛” と “夢” の描写が完全に不足したために、“恋バナ” と “夢を叶える” が別のベクトルを向いてしまったのだ。

従って、2つの結末があるのだから、最終回の結末がスッキリしないのは当然のこと。

やはり、主人公だけは “恋バナ” と “夢を叶える” のどちらか一方だけにしておくべきだったと思う。

まあ、どっちも。。。と言うなら、佐奈と小鳥と須崎(杉野遥亮)の “三角関係もどき” を排除したら、少しは主人公のブレが少なくなったと思うが…

いっそ、早智を "起業と恋の指南役" にして…

ここまで書いたから書いちゃうが。

これ、最初から「ドリームポニー」が「サイバーモバイル」の一部の事業の設定にして、早智の忠告を受けつつグループ企業として切磋琢磨しているところをスタート地点にするだけで、妙な抗争劇は不要だったし…

むしろ、早智を “起業と恋の指南役” にして、佐奈が成長していくだけで良かったような。

まあ、そうなってしまうと、この放送枠の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(2021年1月期)に酷似してしまうが、むしろ今作の設定よりも “枠らしさ” があって、枠のコンセプト継承としては悪くないと思うが…

あとがき

やりたいこと、描きたいことはわかります。
設定一つを工夫するだけで、やれたと思いますよ。
まっ、脚本家の能力不足ってことだと思います。

先日、富士山の麓の河口湖に行ったので第7話『仲間の裏切り…リフレッシュ合宿へ』のロケ地巡りをやって来ました。
全部回って来ましたが、今回は下記の写真の2か所をご紹介します。
いずれの現地も、写真撮影と掲載の許諾は受けています。

河口湖ロケ地巡り


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17207/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ユニコーンに乗って 最終話

サイバーモバイルと手を組んで新たなスタートを切ったドリームポニーは、念願の世界進出へ向けて動き出し、佐奈(永野芽郁)は充実した日々を送っていました。 しかし、ふと思い出すのは会社を去った須崎(杉野遥亮)のことで、ビジネスパートナーですらなくなってしまった今、佐奈は彼に連絡を取ることもできずにいました。 心に空いた穴を誤魔化すかのように、ひたすら仕事に打ち込む佐奈でしたが、無理が祟って体調...

火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』第10話(最終回)

内容“サイバーモバイル”に吸収され、新しい“ドリームポニー”が始まった。その直後、須崎(杉野遥亮)が会社を辞めてしまう。佐奈(永野芽郁)たちは、仕事の上で、須崎の抜けた穴を埋めようと、必死になって頑張るが、心の中では。。。敬称略脚本、大北はるかさん演出、青山貴洋さんそもそも。盛り込みすぎなんだよね。“恋バナ”を描きたければ、それだけを描けば良いだけだったのだ。この枠のドラマって、こういう感じ...

ユニコーンに乗って #10 最終回

『大人の青春、完結!!すれ違い続けた想い…最後の勇気』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: