ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

競争の番人 (第7話・2022/8/22) 感想

元彼の遺言状

フジテレビ系・月9『競争の番人』
公式リンクWebsitetwitterInstagram

第7話『ランキング操作が発覚!? ファッション通販サイトの不正』の感想。



白熊(杏)は初めて単身で、業界最大手の通販サイトのオリジナルブランドが指定価格で売るよう取引先に圧力を掛ける「再販売価格維持」の案件に臨む。立ち入り検査でブランド事業部部長・美佐子(雛形あきこ)は事実を認め、社長の山辺(姜暢雄)も謝罪。悪質ではないと見た白熊は検査を中止するが、小勝負(坂口健太郎)は調査対象者に肩入れしたのではと苦言を呈する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・新川帆立「競争の番人」
脚本:丑尾健太郎(過去作/下町ロケット、ノーサイド・ゲーム、半沢直樹2020) 第1,2,3,6
   神田優(過去作/アライブがん専門医のカルテ、ラジエーションハウス2)(過去作/下町ロケット、ノーサイド・ゲーム、半沢直樹2020) 第1,2,3,4,5,7
   穴吹一朗(過去作/信濃のコロンボ1~5、Dr.DMAT、親バカ青春日記)(過去作/下町ロケット、ノーサイド・ゲーム、半沢直樹2020) 第1,2,3
   蓼内健太(過去作/アンサングシンデレラ_スピンオスドラマ) 7
演出:相沢秀幸(過去作/アンサング・シンデレラ、トレース~科捜研の男、ミステリと言う勿れ 第1,2,3,6
   森脇智延(過去作/SUITS/スーツ1,2、黄昏流星群、イチケイのカラス) 第4,5,7
音楽:やまだ豊(過去作(単独作品のみ)/ボーダーライン、わたしを離さないで、プロミス・シンデレラ)
主題歌:idom「GLOW」



"あの白熊"が単独で案件を担当することに違和感があり過ぎ

終盤での「半年後」がアリなら、冒頭で「1年後」とか時間経過させたら良かったのに…

とにかく、序盤から “あの白熊” が単独で案件を担当することに違和感があり過ぎて。

ようやく、それに慣れたら1時間が終わっちゃった。そんな感じの第7話。

やっと公取委ドラマらしくなったのは良かった

撮影スケジュール的な大人の事情はあった可能性はあるが、次週からの最終章のために白熊(杏)を “独り立ち” レベルにしておかないとダメだから、急ごしらえみたいな展開にならざるを得なかったのだろう。

ただ、これまでは “ダブル主人公” にするためと、意味不明な “2週跨ぎ” をやっていたおかげで、話を無理やり面倒な案件にして引っ張ってきた今作。

しかし、今回は一話完結の上に、無駄な部分が少なめで、案件もわかりやすく描かれていたため、やっと公取委ドラマらしくなったのは良かったところだ。

「一体、何が解決したの!?」になってしまったのが致命的

ただ、細かい部分は違和感ばかりで…

例えば、最初は「再販売価格維持」で始め、途中から「販売ランキング不正操作」に切り替わったが… 現実問題として今年も「飲食店口コミサイトランキング」の不正がニュースになり、公取委として手が出し難いことが報道されたばかりだ。

だから、作り手も “公取委の正義” を前面に押し出して描くと “リアル” と乖離してしまうから、正面突破は避けて、ふんわりと「人情ドラマ」に着地させたのだろうと私は想像する。

これによって困ったのは “公取委ドラマ” として「一体、何が解決したの!?」になってしまったのが致命的

あれでは、ただ美佐子(雛形あきこ)が人生をやり直しただけで、他は放置しっ放し。流石に、如何なものかと思うが…

あとがき

小勝負(坂口健太郎)は “超優秀” のはずなのに、応援した先の案件は未だ解決せずってこと?

それだけ、助っ人に行った案件が難しかったことにしておきますが、不在期間が長過ぎない?

こういうの、連ドラだからこそ意外と大切だと思いますが…


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17164/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

競争の番人 第7話

白熊(杏)は風見(大倉孝二)から一人で調査案件を担当してみないかと言われて・・・ いつも一緒に担当していた小勝負(坂口健太郎)が第一審査局の手伝いに行っているためでした。 自信のない白熊でしたが、風見に良いように言われて奮起することに。 調査案件は大手通販会社「三ツ星マーケット」のオリジナルブランド「アンカレント」の再販売価格維持(メーカーやブランドが販売店に対して指定した価格で販売す...

競争の番人 第7話「ランキング操作が発覚!?ファッション通販サイトの不正に挑め!!」

原作は、前作。「元彼の遺言状」に続く、新川帆立による小説が原作坂口健太郎×杏の、凸凹バディ!がイイ味だしてる、新たな分野の、お仕事・エンターテイメント。今回のゲストは、雛形あきこ。公正取引委員会第六審査(通称ダイロク)の白熊楓(杏)が、大手通販サイト「三ツ星マーケット」ブランド事業部長の、黒崎美佐子(雛形あきこ)を聴取する場面が描かれ、情に訴える白熊の姿に、視聴者から「小勝負に似てきた?」「...

競争の番人 第7話

内容ある日、白熊(杏)は、風見(大倉孝二)から案件の担当を任される。小勝負(坂口健太郎)たちは、別の案件の調査のため、ひとりで調査するということだった。気合いの入る白熊。案件は、通販サイト“三ツ星マーケット”の自社ブランド“アンカレント”再販売価格の維持にあたる行為を行っていると、取引先からタレコミがあったという。風見は、社長の山辺純次(姜暢雄)かブランド事業部長の黒崎美佐子(雛形あきこ)の...

競争の番人 #07

『ランキング操作が発覚!?ファッション通販サイトの不正に挑め!!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: