ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

家庭教師のトラコ (第3話・2022/8/3) 感想

家庭教師のトラコ

日本テレビ系・水曜ドラマ『家庭教師のトラコ』
公式サイトWebsiteTwitterInstagramTikTok

第3話『20万円必勝投資術』、ラテ欄『授業料20万あなたに投資します! ダメ生徒の二刀流の秘策と母親の涙』の感想。



トラコ(橋本愛)は、守(細田佳央太)の本当の夢と、それを母親の里美(鈴木保奈美)に言い出せずにいることを知る。一方、守を東大に入れたい里美は、トラコへの授業料を2倍の20万円にした。守が本当は行きたい進学先の入学金と同額だ。トラコから20万円を渡された守は、事後報告はまずいと考え、里美に自分の夢を明かす。そして、予想通りその道は厳しいと諭されるが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:遊川和彦(過去作/〇〇妻、家政婦のミタ、女王の教室、同期のサクラ、35歳の少女)
演出:伊藤彰記(過去作/過保護のカホコ、ハケン占い師アタル、35歳の少女) 第1,2
   岩本仁志(過去作/ナースのお仕事シリーズ、野ブタ。をプロデュース) 3
音楽:平井真美子(過去作/ハケン占い師アタル、35歳の少女、となりのチカラ)
主題歌:森山直太朗「茜」
チーフプロデューサー:田中宏史(現担当バラエティー/ハ行列のできる法律相談所、月曜から夜ふかし、人生が変わる1分間の深イイ話、しゃべくり007、有吉反省会)
チーフプロデューサー:石尾純(過去演出作/怪物くん、家政婦のミタ、偽装の夫婦、ヒガンバナ)



潔く「子どもだけ」か「大人だけ」に絞り込んだ方が良いのでは?

今回が「継続視聴 or 離脱」の分岐点と決めて見始めた第3話。

まず、“連ドラ” であることを無視した感想

過去の2話と比べて、私としては “わかり易かった” という意味で、素直に好感が持てる。

やはり、この作家の作品は裏に “含んでいるもの” が多過ぎるので、これくらいシンプルだと単純に面白味が出る。

また、今作が始まった時から考えていたのだが…
この作家の作家性や作風を考えると、子ども(子役)を主軸にして物語を構成するより、親(大人の俳優)をメインにして作り込んだ方が “大人の視聴者” へのメッセージ性は伝わり易いと思っていた。

だから、第3話を見て、やはり、親側にスポットライトを当てた方が、あざとさや嘘臭さが薄まって、いい感じの社会派ドラマに見えると感じた。

もちろん、子役を使って… の大人の事情は理解するが、遊川和彦氏の過去のドラマを見ればわかるように、結果的にほぼ全てが「子どもだけ」か「大人だけ」に絞り込んでいて、それらが成功している。

だとしたら、チャレンジ精神は良いことだが、どうせ「この作家だから…」は薄まらないのだから、潔く「子どもだけ」か「大人だけ」に絞り込んだ方が良いと思う。

「トラコ → 教え子」が"投資"でも、もう少し変化が欲しい

次は、“連ドラ” としての感想

まず単純に “連ドラ” として、これまで描いた2つの家族、2人の “教え子” のことが気になってしまった。

やはり、“連ドラ” は放送回が進むにつれて、登場人物たちの変化が見えないと面白みに欠けるわけで、その意味で今回程度の “触れ” では完全にもの足りない。

いや、そもそも、少なくとも2つの家族、2人の “教え子” の変化こそが、主人公・トラコ(橋本愛)の “存在意義” であり、トラコを使う必要があるわけで、そこを詳細に描かないのはどうかと思う。

また、3つの描き方が “こう” なっているため、やむを無いことだと思うが、授業料の行方が気になってしょうがない。

まだ第3話なのに「親 → トラコ → 教え子 → 親」の流れがワンパターン化してしまっている。

この先、どんな展開を予定しているのかわからないが、「トラコ → 教え子」を “投資” として描くとしても、もう少し変化が欲しい。

あとがき

どうやら、「トラコが親にお金の正しい使い方を伝授する」ような内容のようですね。

そうなると、もう3つの家族はそんなに必要なくて、むしろトラコと相棒の過去だけ… って感じ?

まあ、もう少し見れば作家の意図はより見えてきそうなので、ボケーっと見てみます。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17115/


【これまでの感想】
第1話 第2話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

家庭教師のトラコ 第3話

「家政婦のミタ」「35歳の少女」などの話題作を手がけた脚本家の遊川和彦さんとプロデューサーの大平太さんが再びタッグを組んだホームドラマ。橋本愛が、主演を務める「家庭教師のトラコ」。ますます、遊川ワールド・炸裂!ですが、個人的には、相手や状況によって くるくる変わる、トラコの衣装が楽しいなぁ… と、感心。今回、スポットが当たったのは、「新・ドラゴン桜」で、きわめて個性的なサヴァン・キャラという...

家庭教師のトラコ 第3話

トラコ(橋本愛)は守(細田佳央太)が本当になりたいのは、お笑い芸人だと知ります。 「ママにそう言えば?」と背中を押しますが、守は「反対するに決まっている」と東大合格を願う里美(鈴木保奈美)に打ち明けられません。 そんな中、守が密かに入学を希望しているお笑い養成所の入学金が20万円だと知ったトラコは、里美から受け取った授業料20万円を「先行投資」と言って守に渡し、養成所に入ることを勧めます...

家庭教師のトラコ 第3話

内容上原守(細田佳央太)が、路上でお笑いライブを行っていたところを、トラコ(橋本愛)に目撃されてしまう。トラコに背中を押された守だが、母・里美(鈴木保奈美)に、お笑い芸人になりたいと。。。。。言えなかった。トラコは、守の思いを知り、授業料の20万を差し出して、お笑い学校への入学を勧める。敬称略脚本、遊川和彦さん演出、岩本仁志さん第3話なので、3つ目の家庭である。まぁ、そういう“カタチ”なので...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: