ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ユニコーンに乗って (第1話/初回15分拡大スペシャル・2022/7/5) 感想

ユニコーンに乗って

TBS系・火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第1話/初回15分拡大スペシャル『大人の青春が始まる!』の感想。



佐奈(永野芽郁)は、教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」のCEO。高卒ながら独学で立ち上げた会社を、評価額10億ドル以上で設立10年以内の非上場ベンチャー「ユニコーン企業」に成長させることを目指しているが、現在は売り上げ、技術共に行き詰まっている。ある日、共同創設者の須崎(杉野遥亮)が佐奈に即戦力となる人員の補充を提案。採用面接を開くと、即戦力とは言い難い中年のサラリーマン・小鳥(西島秀俊)がやって来た。佐奈はドリームポニーが掲げる理念に共感していると訴える小鳥に興味を抱く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:大北はるか(過去作/グッドドクター、ラジエーションハウス1,2)
演出:青山貴洋(過去作/下町ロケット2、天国と地獄、DCU) 1
   棚澤孝義(過去作/半沢直樹2013、死役所、インジビジブル)
   泉正英(過去作/病室で念仏…・、TOKYO MER、インジビジブル)
音楽:青木沙也果(過去作/この初恋はフィクションです)
主題歌:DISH//「しわくちゃな雲を抱いて」

内容を"キラキラ"させたいのは理解するが、映像まで…

何としてでも “キラキラ” させたいという演出意図だろうが…

冒頭から下図のようなハレーション(光線が強すぎたために、被写体の周辺が白くぼやけて不鮮明になること)が必要以上に多用されており、目がくらんでしまった。

ハレーション(光線が強すぎたために、被写体の周辺が白くぼやけて不鮮明になること)

あんなに “キラキラ” させる必要があるのだろうか?

まあ、そんな視覚的効果だけでも、今作の視聴ターゲットには、48歳の中年のサラリーマン・小鳥(西島秀俊)よりも年上のオジサン世代は門前払いを食らった気持ちだ。

おっと、こういう ひがみ根性や若者向けを取り入れないからダメなのか…(苦笑)

3つのドラマの要素を盛り込んだ、相当に欲張りな企画

気を取り直して… と。

“ドラマ” としての基本構造は≪お仕事ドラマ≫のようだ。

そこに、まだまだ学生役もできちゃう俳優・永野芽郁さんと杉野遥亮さんと坂東龍汰さん(前期放送のドラマ『未来への10カウント』で高校2年生役)設置しているから≪青春ドラマ≫の一面もある。

更に、中年役に主役級の西島秀俊さんを登場させているから≪夢を諦めない中年の脱会社員の第二の青春ドラマ≫の盛り込むつもりだろう。

個人的には、≪お仕事ドラマ≫と≪青春ドラマ≫と≪第二の青春ドラマ≫の三つの要素でも、相当欲張りな企画に見える。

但し、基本は “仕事” を描かなければ成立しないから、なんとかブレずに進みそうな気はする。

『火曜ドラマ』枠で放送された"4作品"が、頭に浮かぶ…

とは言え、小鳥さんと佐奈(永野芽郁)のやり取りは、『私の家政夫ナギサさん』(2020年)…

大手通信会社「サイバーモバイル」の新CEO・羽田早智(広末涼子)のくだりは、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(2021年)の “似た匂い” を感じてしまった。

更に、このTBSの『火曜ドラマ』は、ほぼ確実に胸キュンラブコメを推してくる放送枠だから、劇中で「社内恋愛禁止」を提示するくらいだから、きっと全面的では無くても盛り込むだろう。

そうなると、当時、“じれキュン” と呼ばれた焦らす恋バナを盛り込んだ、『おカネの切れ目が恋のはじまり』 (2020年)の雰囲気に近くなるかもしれない…

"オリジナル脚本"なのに、ちっとも新鮮さ"が感じられない!

なぜ、このような過去の似た作品が、多く頭に浮かんでしまうのかと言うと…

折角の “オリジナル脚本” なのに、ちっとも “新鮮さ” が感じられないからだ。

いや、ドラマの要素としては、私は今頃? と思うが、一応イマドキ要素として、「生涯学習」や「アプリ」を盛り込んではいる。

俳優陣も、永野芽郁さんと広末涼子さんは映画『ミックス。』(2017年)で、坂東龍汰さんと西島秀俊さんはドラマ『真犯人フラグ』(2021~2022年)で共演済みだから、年齢層は違えど息は合っているはず。

まあ、他の共演者も好みあるだろうが、良い意味では硬軟&新旧取り揃えて、バランスは悪くない。

でも、今一つ “新鮮さ” が感じられない。

【新鮮味がない理由1】主人公の魅了が伝わって来ない!

その理由は簡単で。

主人公の魅力が、今一つ伝わって来ないのだ。

あの手この手で〔設定〕を描いているのは理解する。しかし、それらは、第1話だからこその視聴者にとって必須な〔初期設定〕の “説明” で終わってしまっているのだ。

劇中の登場人物たちが、主人公の魅力に心を動かされる場面が描かれれば描かれる程、テレビの中と外に温度差が生まれてしまうのだ。

せめて、主人公が目指すものを、それこそ大学生が思い付くような次元を超えた提案にしてもらわないと、作品に視聴者を惹き込むのは難しいと思う。

【新鮮味がない理由2】どんな会社なのかが伝わって来ない!

もう一つの理由は、教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」が、どんな会社なのか、全体像も、規模も、現状も、仕事内容もわかり難いまま、突き進んでいることだ。

まあ、補足説明が大量だから、好意的に脳内補完はできるが。例えば、急に社員がたくさん登場したり、CEOが相手に連絡もせずに遅刻したり。

やはり、大前提が≪お仕事ドラマ≫であるなら、まずはその中心的舞台である “会社” の〔初期設定〕こそ、しっかりと提示して見せないと、土台や基礎が不明瞭の上に、まともな住宅は立たないわけで…

もっと、メリハリをつけた脚本と演出が必要だと思う…

このように書いてはいるが、全体的には悪くないと思っている。

ただ、あちこち詰めが甘いというか、雑というか、曖昧過ぎる。

もっと、具体的に描くべき部分は具体的に、曖昧で良い所はバッサリ削除するくらいで、ちょうど良いと思う。

それでなくても、CEOの佐奈(永野芽郁)CTOの須崎(杉野遥亮)の “恋バナ” を意図的に曖昧に描いているのだから、メリハリはキッチリつけないと意味がないと思う。

あとがき(その1)

私が “ヒロスエファン” なのをご存知の方は、意外に低評価で驚いたかも?

でも、今回の広末涼子さんが演じる “カリスマCEO” 役は、近年で演じた役で一番似合っていないし、冷静に見て無理があると思います。

あとがき(その2)

これ、大人の事情があるから難しいかも知れませんが。
いっそ、西島さんの演技力と存在感におんぶにだっこで、≪夢を諦めない中年の脱会社員の第二の青春ドラマ≫を中心に立て直した方が良いように思います。

個性的なおじさんに放浪されつつ、いろいろ学習していく若者たち、それを見て再燃するおじさん… みたいな。

いずれにしても、この “枠” とは最近相性が良くないので、次回まで様子見します。第1話で離脱しないだけ、ちょっとは期待しているつもりです…

 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/17019/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ユニコーンに乗って 第1話

成川佐奈(永野芽郁)は教育系アプリを手掛けるドリームポニーのCEOです。 5年前に大学に潜り込んで聴いた羽田早智(広末涼子)の特別講義をきっかけに、3年前に起業しました。 10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人々が利用できるようなビジネスにすることが目標です。 しかし、売上、技術ともに行き詰まる日々に焦っていました。 そんな佐奈を心配するのは、共同創設者・須崎功(杉野遥亮)です...

ユニコーンに乗って 第1話「大人の青春が始まる! 」

原作がコミックや小説等でない、オリジナル脚本だったのですね。永野芽郁が、また、ハコズメみたいにハマり役だとイイな… キャスティングが魅力で期待…意欲的に「現代を斬ってる心意気」も評価したいです、教育系スタートアップ企業の、若き女性CEOのもとに、おじさんが部下として転職してきたことで、仕事に恋に奮闘しながら、夢に向かって真っすぐ生きる主人公たちの成長を描く“大人の青春”ドラマ。永野芽郁が主演...

火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』第1話

内容大学で警備員(水澤紳吾)に追われる成川佐奈(永野芽郁)通りかかった須崎功(杉野遥亮)に助けられ、親友の栗木次郎(前原滉)の代わりに、授業を受けていたと分かる。佐奈は、母子家庭で、大学に行けなかったと打ち明ける。3年後。佐奈は、教育系アプリの会社“ドリームポニー”のCEOに。その横には、共同創業者の須崎とエンジニアの栗木もいた。全ての人が平等に学べる場所を提供すること。。。だが、ある日、出...

ユニコーンに乗って #01

『若き女性CEOの元におじさん部下現る!?大人の青春が始まる』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: