ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「ちむどんどん」〔全120回〕 (第12週/土曜日版・2022/7/2) 感想

連続テレビ小説「ちむどんどん」

NHK総合・連続テレビ小説『ちむどんどん』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第12週『古酒(くーす)交差点』の「土曜日版」の感想。

 
 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


暢子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)と二ツ橋(髙嶋政伸)に見守られ順調に料理人として成長していた。沖縄のやんばる地域では、良子(川口春奈)と石川(山田裕貴)のふたりが、別居状態。夫婦の問題を抱えたまま和解することができずに過ごしていた。ある日、暢子はひょんなことから和彦(宮沢氷魚)と愛(飯豊まりえ)が、まもなく結婚するのでは、ということを知ってしまい、もやもやした今まで経験のない感情に襲われてしまう。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---


原作:なし
脚本:羽原大介(過去作/マッサン、昭和元禄落語心中、スパイラル~町工場の奇跡~)
脚本協力:新井静流(過去作/舞台「未来記の番人」)
演出:木村隆文(過去作/ひまわり、梅ちゃん先生、ごちそうさん、なつぞら) 第1,2,3,6,10
   松園武大(過去作/おひさま、とと姉ちゃん、半分、青い。、エール) 第4,5,7,12
   中野亮平(過去作/花子とアン、マッサン、あさが来た、べっぴんさん) 第8
   大野陽平(過去作/Eテレドラマ「あやとり」脚本兼、ここは今から倫理です。) 第9
   田中陽児(過去作/きれいのくに、麒麟がくる 総集編) 第11
音楽:岡部啓一(過去作/真夜中のパン屋さん)
   高田龍一(過去作/ドラマ劇伴無し)
   帆足圭吾(過去作/真夜中のパン屋さん)
主題歌:三浦大知「燦燦」
語り:ジョン・カビラ
制作統括:小林大児(過去作/演出:ちゅらさん4、てっぱん、純と愛、CP:ミス・ジコチュー)
     藤並英樹(過去作/演出:てっぱん、純と愛、CP:第3夜 転・コウ・生)
※敬称略



今回は、勇気を振り絞った "言い訳" を仕掛けてきたが…

ハイサイ~ 皆さん、管理人の “みっきー” です!

先日(6月21,22日)放送された特別編『前編 シークワーサーの少女』&『後編 別れの沖縄そば』や、先週の「土曜日版」から、単純な「ダイジェスト版」ではなくなった、1週間の総集編である「土曜日版」。

今週は先週以上に、つくり手たちが視聴者に「実は、こんな話にするつもりでした。記憶を修正してください」と言わんばかりの、あからさまな “印象操作” を仕掛けてきた。

これでも、まだ、今作を見捨てていない私だから、敢えて “印象操作” ではなく、勇気を振り絞った “言い訳” と解釈しておくが(苦笑)

恋愛感情の認識に、結婚願望までくっつけてきた!

では、どこを、どう、“印象操作” でなく “恥知らずの言い訳” を仕込んで来たのか、私なりの受け止めを書こうと思う。

まず、結論からいうと。

暢子の出番だけ繋げて、冒頭のナレーションにもあったように 《暢子に “初恋” と “結婚” のビッグウェーブが同時にやってきた現実》 を描いた1週間だった… と、言い訳したいようだ。

下記の3つ(人)を、同時に絡めたことに無理があり過ぎる!

そもそも、下記の3つ(人)を、同時に絡めたことに、無理があり過ぎるのだ。

●暢子(黒島結菜)が、和彦(宮沢氷魚)に抱いている感情が自分では “恋心” とは気づいていないとか。

●和彦が、一種のマリッジブルーなのか、子ども時代の知り合いってだけの暢子に “未練たらしい” とか。

●愛(飯豊まりえ)が、暢子の感情を察知して、それこそマリッジブルーになって暢子に対して “プチモンスター化” しているとか。

それこそ、主人公の “初恋ネタ” や “結婚ネタ” は、朝ドラの一種の “ご馳走” だ。だから、それぞれで各1週間を割いても良かったと思う。

いや、今週の展開なら、明らかに、分けた方が得策だったと思う。

まずは、まだ和彦が愛の両親から結婚を早めるように言われていない段階、例えば、「新聞社修行」の直後くらいに、和彦と一緒に仕事をする中で、暢子が和彦にこれまで感じたことのない感情に目覚める。

で、2週目で、愛の両親から結婚を急がされた和彦も、自分が何をしたら良いのかわからない暢子も “あたふた” するくらいで、ちょうど良かったのでは?

1週間単位でエピソードを "白紙状態" にしてしまうから…

まあ、それ以前に “連ドラ” として、大人版の和彦がどんな人間で、婚約者の愛がどんな人間なのか、今週のエピソードに入る前に、しっかりと説明しておく必要があったのだ。

しかし、今作は、本放送の感想にも何度も書いたように、1週間単位でエピソードを “白紙状態” にリセットしてしまう。

だから、この度のエピソードだけは「2週跨ぎ」の決断をして、1週目で説明、2週目で横恋慕にしたら良かったと思う。

でも、プロに対して大変失礼な物言いになってしまうが、今週担当の松園武大氏の演出では、脚本の雑さを補強・補完するのは無理だったと思う。

とにかく、今週だけでも、演出があちこち一貫性に乏しく、破綻している箇所が見受けられるからだ。

わかりやすい演出の破綻は、暢子と和彦の会話劇

では、その破綻しているように見えた演出について書いてみよう。

でも、特に今回で指摘したい演出は、文字だけで説明するのは、申し訳ないが、ほぼ不可能だ。

それを承知の上で、読んでいただければ嬉しいのだが…

わかりやすい演出の破綻は、暢子と和彦の会話劇だ。

「土曜日版」でも、序盤の沖縄料理居酒屋「あまゆ」。
和彦は暢子に好意を抱いて、愛はそっちのけで、ウキウキ… に見える。

中盤の「東洋新聞」。
和彦は、暢子を追い込んで、「好きだ」と言わせようとする男性心理が見える。

終盤の「あまゆ」近くの路上。
和彦は、愛と暢子に二股をかけていて、困っているように見える。

もちろん、「見える」だけだし、私の勝手な思い込みもある。

しかし、きっと、脚本に、そう書かれているから、演出家が宮沢氷魚さんに対して、“見える” ように演技をつけているのだ。

そうであっても、流石に1週間の中で、これだけ和彦が別人に描かれると、混乱するし、第一にわかりにくい。

前後がわからない状態で、脚本だけを頼りに撮影したかも…

アメリカを代表する映画監督、スタンリー・キューブリックは、俳優が役づくりをするのに有効な手法として、そして、アドリブで作品を膨らませる手法として、脚本の順番で撮影をする “順撮り” を採用していたことで有名だ。

しかし、昨今では、経費削減や、出演者のスケジュール調整、CGの多用によって、同じ場面の撮影をまとめて行うことが多くなった。

特に、朝ドラのような長期間の撮影や、撮影地があちこちに飛ぶ場合は、順撮りはほぼ不可能だ。

だから、「沖縄パート」、「鶴見パート」など、まとめて撮影しているはずだ。

でも、この手法を上手く進めるには、全部とは言わないが、撮影するシーンまでの脚本だけでも完成していないと、演出家も演技者も、前後の繋がりが見えないから、その場しのぎの場当たり的な演技をするしかない。

暢子の出番だけを選んで繋いだ「土曜日版」を見て、想像できるのは…

撮影順は決めかねるが、上記の3つの場面は、前後がわからない状態で、そのシーンの脚本だけを頼りに撮影したということだ。

だから、和彦の感情に一貫性や、自然な流れを感じ難いと思う。

出来るだけ引きの画を撮影せず、顔のアップでごまかす手法

でも、こんな撮影環境は、朝ドラだけでなく、他の連ドラでもよくやっていることだ。

そして、それらの連ドラの多くが、登場人物の感情の一貫性や、自然な流れを違和感なく演出する技法として利用しているのが、あまり褒められる手法ではないが、「出来るだけ引きの画を撮影せずに、顔のアップでごまかす手法」だ。

特に、演技が下手な俳優さんにとっては、絶大な効果を発揮する。

だって、「演技は全身で見せる」ものなのに、「顔でごまかす」わけだから(苦笑)

もちろん、顔のアップに、意味深なモノローグを加えれば最強だ(大苦笑)

○国ドラマがお得意の、顔○でドラマを引っ張っていく… あれだ。

「和彦の単独のシーン」「和彦だけの顔のアップ」が、ほぼ無い!

さて、話を今作に戻そう。

演出に興味がある人は、是非とも、「土曜日版」だけでも良いから、次の点に注意して見直して欲しい。

それは、「和彦の単独のシーン」や「和彦だけの顔のアップ」が、ほぼ無いこと。

和彦が “一人で” 自室で物憂げに思い悩むシーンや、その表情のアップ。

和彦が “一人で” 新聞社で机に向かって複雑な心境に苦慮するシーンや、顔のアップ。

こんなのがあれば、みんなと一緒の時は、いろいろと取り繕ってはいるが、一人になると苦慮している… ように見えるのだ。

そして、前述の通り、意味深なモノローグを入れたり、説明のナレーションを被せたりすれば、あっという間に完成してしまうのだ。

"いろんな表情のアップ" を貯金しておくのをお勧め!

ここ最近の今作の感想は、脚本のダメ出しが多かったが、今回は演出に特化して書いてみた。

その理由も、ちゃんとある。

それは、本放送の感想でも書いた通り、出演者の人の苦労が報われないのが気の毒で、同情してしまうからだ。

もう、脚本で立て直すのは、ほぼ不可能だ。

しかし、冒頭で書いた通り、追加ナレーションを含めた編集には、まだ期待しても良いと思う。

だから、もしも、この感想がNHKに届くなら、是非とも無駄になっても良いから、全ての登場人物たちの、あちこちで使い回せるフリー素材のような “いろんな表情のアップ” を貯金しておくのをお勧めしたい。

あとがき

今回の「土曜日版」、ジョン・カビラさんのナレーションも、ほぼアドリブなしで、原稿を読んでいる感じでしたね。

で、その原稿が、ダイジェスト版の補足になっていませんでした。ただの、先に繋げる水先案内人ってだけ。

きっと、まとめようがなかったんでしょうね。

とにかく、残り半分しかありません。後半戦は、より編集に力を入れて、ダメ脚本を再構築する勢いで、作り込んで欲しいです…


ちむどんどんさしみてぃくぃみそーれー
※「胸がわくわくする気持ちにさせてください」の意味。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/17010/


【これまでの感想】

第1週『シークワーサーの少女』
1 2 3 4 5 
第2週『別れの沖縄そば』
6 7 8 9 10 
第3週『悩めるサーターアンダギー』
11 12 13 14 15 
第4週『青春ナポリタン』
16 17 18 19 20 
第5週『フーチャンプルーの涙』
21 2223 24 25 
第6週『はじまりのゴーヤーチャンプルー』
26 27 28 29 30 
第7週『ソーミンチャンプルーvsペペロンチーノ』
31 32 33 34 35 
第8週『再会のマルゲリータ』
36 37 38 39 40 
第9週『てびち!てびち!てびち!!』
41 42 43 44 45 
第10週『あの日、イカスミジューシー』
46 47 48 49 50 
第11週『ポークとたまごと男と女』
51 52 53 54 55 
第12週『古酒(くーす)交差点』
56 57 58 59 60

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『ちむどんどん』土曜版第12週

後半戦へ向けて、“オムニバス”でも無いのに、“連続性”の無い“連ドラ”だと、個人的に、割り切ることにした。した。。。。んだけど。それって、“週”ごとにリセットをするから、“週”で、割り切っているだけなのである。キャラが変わろうが、前週までと繋がりが無かろうが。リセットして、同じようなネタを繰り返して、成長が見えなかろうが。本来、“連ドラ”なら重要なことであるが。些細なこと。。。として、無視し...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: