ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

「ブギの女王」笠置シヅ子がモデル 来年秋の朝ドラ「ブギウギ」 には“ちむどんどん”を超えて“心ズキズキワクワク”する!

2022/06/27 07:13 記事更新
来年秋の朝ドラ「ブギウギ」。
©NHK

来年秋の朝ドラ『ブギウギ』は「ブギの女王」笠置シヅ子がモデル 

2023年度後期に放送されるNHKの連続テレビ小説(以下「朝ドラ」)が『ブギウギ』に決まったと、6月24日にNHK高松放送局が発表しました。

なぜ、制作と放送はNHK大阪放送局なのに、詳細の発表が四国のNHK高松放送局なのかは、下記の記事を読んでいただけるとわかります。

来年秋の朝ドラ 香川出身 笠置シヅ子さんモデル「ブギウギ」
     https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/

来年の秋から放送されるNHKの連続テレビ小説は、「ブギの女王」と呼ばれた戦後の大スターで、香川県出身の笠置シヅ子さんをモデルに、明るい笑顔とまっすぐな心で歌手の道を突き進む女性の姿を描く「ブギウギ」に決まりました。
(中略)
戦後の大スターで香川県出身の笠置シヅ子さんが来年秋から放送されるNHKの連続テレビ小説「ブギウギ」のモデルになったことについて、香川県内からは地域の活性化や知名度の向上を期待する声が聞かれました。


笠置シヅ子さんの人生を再構成したオリジナル脚本

主人公のモデルは、「ブギの女王」として知られる戦後の大スター、笠置シヅ子(1914―85)さん。

ドラマの内容は、笠置シヅ子さんの人生を再構成したオリジナル脚本。

ヒロインの花田鈴子は、香川生まれの大阪育ちで、大阪の下町にある小さな銭湯の看板娘。
鈴子は道頓堀にできた歌劇団へ入団しますが、やがて始まる戦争などの激動の時代を経て、大スター歌手への階段を駆け上がっていく。

脚本は、NHKドラマ『六畳間のピアノマン』などを手がけた足立紳さん。

音楽担当は、映画『HERO』(フジテレビ系ドラマの劇場版)、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)、NHK大河ドラマ『真田丸』などを手がけた服部隆之さんで、笠置シヅ子さんの代表曲『東京ブギウギ』を作曲した服部良一さんのお孫さん。

ヒロインはオーディションで決めるそうです。

そして、撮影は来春スタートし、来秋から放送開始の予定。

実在の人物がベースで、音楽を扱った朝ドラ『エール』を超えるか?

テレビドラマ大好き、音楽大好き、昭和歌謡大好き、「日本のバッハ一族」服部家の音楽も大好きな私にとって…

もう “ちむどんどん(心がわくわく、ドキドキする)” を超えて、完全に “心ズキズキワクワク” 状態です。

と、大きく期待したいところですが…
ここ最近の、実在した人をベースにしない “オリジナルキャラ” が主人公の朝ドラ、例えば『まれ』、『半分、青い。』、『おかえりモネ』、そして『ちむどんどん』と、私にとっては “大ハズレ” 続きです。

その意味でも、実在の人物がベースで、音楽を扱った朝ドラとしては、最近では『エール』(2020年度前期)が “大当たり” として記憶に新しいので、放送前から悪い印象は少ないです。

制作統括の福岡利武さんの"演出力と制作力"に期待したい!

ただ、朝ドラに限らず、特に最近のテレビドラマは始まってみないと、本当にどんな作品になるのか全くわかりません。

従って、今作についても、過大な期待はしませんが。

それでも、制作統括の福岡利武さんは、朝ドラ『カーネーション』や『ひよっこ』で私を感心させた演出をしたディレクターです。

その後、『あさが来た』でプロデューサー、『なつぞら』で制作統括。

更に、感想は投稿していませんが、大河ドラマ『青天を衝け』では、脚本を『あさが来た』を手掛けた大森美香さんと、演出は『ひよっこ』のメイン監督・黒崎博さん…

出演者には吉沢亮さん、高良健吾さん、橋本愛さん、草彅剛さん、和久井映見さん、木村佳乃さんら、とにかく、福岡利武さんのスタッフとキャストの選択のセンスの良さを含めた “制作力” は定評がありますし、私も一定の評価をしております。

一体、誰がヒロイン役、主人公役に選ばれるか?

で、ここから、一気に “ミーハーなお話” になりますね。

で、で、で、外野と言えども気になるのは、「一体、誰がヒロイン役、主人公役に選ばれるか?」ですよね。

モデルが笠置シヅ子さんですから、歌唱力は当然のこと。生命力あふれる笑顔の表情とダンスをしながら歌えないと困ります。

特に、戦後には警察に禁止されたほどの、国民を惹き付けてやまなかった激しく踊り歌う姿は、再現してもらわないといけません。

欲を言えば、関西弁もできれば、なお良し。


ネット上では、小芝風花さんを推す声が大きいようですが…

この2日間のネット上の噂を見ておりますと、小芝風花さんを推す声が大きいような気がします。

まあ、NHKの秘蔵っ子としても、知名度も安定感もありますが、ちょっとベタ過ぎて新鮮味には欠けるかなと。

それと、本命って感じの人が選ばれれば選ばれる程、実際には真逆の印象に…(自粛)

と言うわけで、私としては、ちょっとイレギュラーな推しとしては、まず “歌える” と “華がある” と “元気そう” な若手実力派女性俳優さんとして…

●朝ドラ『エール』(2020年度前期)でヒロイン・関内音の妹・梅を演じた森七菜さん。

●ちょっと変化球でNHK総合『古見さんは、コミュ症です。』(2021年)で主人公・古見硝子を演じた池田エライザさん。

●歌唱力は不明ですが、安定感と意外性で、大阪出身の松本穂香さん。

●朝ドラ『あまちゃん』(2013度年前期)でGMTリーダーの入間しおりを演じた松岡茉優さん。

●朝ドラ『まんぷく』(2018年度後期)ではナレーションを担当した芦田愛菜さんなんて、どうかなと。

まっ、とにかく、1年半も先の話。それまで、コロナ禍を乗り切って、なんとか生き延びねば…

あとがき

なんだかんだ言っても、結局は “脚本次第” なのは、ほぼ間違いありません。従って、足立紳さん次第ってことになりますね。

映画『百円の恋』(2014年)の脚本は良かったですが。その後の作品は、今一つで…

今夜(6/26)から放送予定の『拾われた男 Lost Man Found』(2022年、NHK BSプレミアム)を見れば、少しは見当がつくかも…(無理ですね)

とにかく、明日から、また “ちむわじわじー” しながら、今年の猛暑を乗り切りましょう!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16994/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: