ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

元彼の遺言状 (第11話/最終回・2022/6/20) 感想

元彼の遺言状

フジテレビ系・月9『元彼の遺言状』
公式リンクWebsitetwitterInstagram

第11話/最終回『麗子失踪編! 無実の篠田、自由の身に…! 最後の謎は僕が解く』の感想。



篠田(大泉洋)のミステリー小説が出版プロデューサーに評価され、書籍化が決定。そんな彼に、麗子(綾瀬はるか)が海外旅行に行くと電話で伝えた。麗子不在の事務所に、津々井(浅野和之)や黒丑(望月歩)が次々と相談事で訪れる中、紗英(関水渚)が持ち込んだのは「3億円が消えた」事件。それは大物議員の裏金で、3人の秘書だけが金庫の暗証番号を知っているという。そこで、紗英が事務所に潜入し、3人の様子を探る中、篠田のスマートフォンに麗子から「お金になるような案件があれば連絡しろ」とのメールが着信する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・新川帆立「元彼の遺言状」
脚本:杉原憲明(過去作/SUPER RICH、嘘から始まる恋) 第1,2,4,5,7,10,最終
   小谷暢亮(過去作/闇の法執行人、DCU) 第3,6,9
   中園勇也(過去作/脚本協力「SUPER RICH」) 第4,8
脚本協力:中園勇也(過去作/脚本協力「SUPER RICH」) 第1,2,5,6,7,9,10
     伊吹一(過去作/地上波ドラマ不明) 第1,2,5,6,7,8,9,10,最終
演出:鈴木雅之(過去作/ラジエーションハウス1,2、ショムニ、HERO、婚カツ!) 第1,5,9,10
   澤田鎌作(過去作/不毛地帯、監察医 朝顔、ナイト・ドクター) 第2,3,7
   西岡和宏(過去作/ルパンの娘2020、ラジエーションハウスII) 第4,6,8,最終
音楽:川井憲次(過去作/花燃ゆ、すべてがFになる、まんぷく)



今作、最大の謎? 本来の構成では『特別編』だったのか?

最近の『月9』は、実質的な最終回のあと『特別編』という “ダイジェスト版 兼 番外編” を放送することが多い。

そう考えると、この第11話(最終回)は、どう見ても “ダイジェスト版 兼 番外編” だから、本来の構成では『特別編』として放送つもりだったのかも?

自身の脚本をシンプルにしたら良かったのに…

それにしても、演出担当が、メイン監督の鈴木雅之氏でないのも解せないが。

鈴木氏の演出でないとしても、良くも悪くも、今作らしい演出が皆無。もちろん、脚本による展開も、これと言って特化した感じがない。

それに、通常の1時間枠なのに、複数の案件を盛り込んでいる上に、場面があちこち動いて、内容がわかり難い。

劇中で、麗子(綾瀬はるか)が次のようなことを言っていた。

麗子「物事は たいてい 驚くほどシンプルにできているの(字幕ママ)」

麗子「物事は驚くほどシンプルなのよ(字幕ママ)」


この台詞を2回も書くなら、自身の脚本をシンプルにしたら良かったのに…(苦笑)

まあ、今作は第1話から、シンプルに描けば良いものを、わざと複雑に描いて興味を惹こうとし続けたわけだが。

あとがき

この内容で、興味を持てと言われても…。
出演者も悪くないし、篠田(大泉洋)の冤罪(えんざい)から復活劇も悪くない。

やはり、全体の構成が失敗したのでしょうね。
ドラマ化の際の全11回の構成を、もっと慎重に練るべきだったように思います。
もったいない…


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16979/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

元彼の遺言状 最終話

麗子(綾瀬はるか)の奮闘により、強盗殺人事件の冤罪が晴れた篠田(大泉洋)は、長年の夢だったミステリー作家としての一歩を踏み出します。 しかし、書いた小説を出版社に持ち込んでも、編集者から「古い」と言われて酷評されます。 ある日、出版社の玄関先で出会った編集者が篠田の原稿に興味を持ち、思わぬ形でデビューが決まりますが・・・ 一方、事務所に紗英(関水渚)が現れて「ある政治家の事務所から3億...

元彼の遺言状 #11 最終回

『麗子失踪編!無実の篠田、自由の身に…!最後の謎は僕が解く』

元彼の遺言状 最終回「麗子失踪編!無実の篠田、自由の身に…!最後の謎は僕が解く」

原作は、新川帆立による日本の小説。宝島社主催の「第19回『このミステリーがすごい!』大賞」の大賞を受賞。序盤、麗子(綾瀬はるか)が、海外予行との事で顔を出さなぁったのは、この頃、コロナ禍に合っちゃってたのでしょうか?後半は、しっかり登場。人気の主演女優のパワーを再確認。留守番してた時の「狐ダンス」が話題になり、ヨカッタですね。ただ、この原作。キャスティングで、この視聴率は、やや残念だった… ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: