ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

沖縄本土復帰50年 ドキュメンタリードラマ「ふたりのウルトラマン」 (2022/6/18) 感想

沖縄本土復帰50年 ドキュメンタリードラマ『ふたりのウルトラマン』
©NHK

NHK総合・沖縄本土復帰50年 ドキュメンタリードラマ『ふたりのウルトラマン』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

『ウルトラマンを創った沖縄出身の男たち。金城哲夫と上原正三の知られざる生涯に迫る人間ドラマ。ヒーロー誕生の舞台裏や本土復帰前後の沖縄の光と影、夢と挫折を見つめる。』の感想。
なお、今作は、2022年5月2日にNHKBSプレミアム(21時から90分枠)で放送済み。今回、地上波初放送。



1972年の沖縄本土復帰直前、日本全国で大ヒットした特撮ドラマ「ウルトラマンシリーズ」。そこには金城哲夫と上原正三という沖縄出身の若き脚本家が参加していた。アメリカの統治下、沖縄からパスポートを持って上京。20代で円谷プロのメインライターとして活躍、子どもたちが夢中になる人気番組を創り上げた。当時のことを知る人々の証言を交えながら、ヒーロー誕生の舞台裏を描く。沖縄復帰50年のドキュメンタリードラマ
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本・演出:中江裕司(過去作/映画「盆唄」、映画「ホテル・ハイビスカス」)
撮影:平林聡一郎(過去作/映画「盆唄」、世界の車掌から)
編集:宮島竜治(過去作/映画「スイングガールズ」、「ALWAYS 三丁目の夕日」、「永遠の0」)


お知らせとお願い

※今回の投稿では、実験的にスマホから読んで下さっている読者さんには、本文の各章の「見出しの表示(デザイン)」をいつもと変えてあります。良かったら、感想などお聞かせ願えると嬉しいです。

ドラマ『ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』

40歳代以上の方は、ご存知かもしれないが。

1989年3月21日にTBS系列で放送された『ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』というテレビドラマ(下記に無料動画リンクあり)があった。

下記で紹介している、映画監督である実相寺昭雄氏の自伝『星の林に月の舟』を原作としたドラマで、特撮ドラマ『ウルトラマン』製作当時の円谷プロダクションを舞台とした物語だ。

バブル景気真っ只中で制作されたため、映画級の予算でつくられた見ごたえあるドラマだった。

内容は、実相寺昭雄監督がTBSから円谷プロに出向して、特撮ドラマ『ウルトラマン』の撮影を通して、円谷英二氏と親交を深めていく過程にフォーカスが当たった “フィクション” だった。

1989年ドラマ『ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』
1989年ドラマ『ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』
※埋め込み不可なので、画像かリンクをタップ(クリック)して見てください。

今作は「沖縄本土復帰50年 ドキュメンタリードラマ」

で、今作だ。

今作は「沖縄本土復帰50年 ドキュメンタリードラマ」ということで、実際に特撮ドラマ『ウルトラマンシリーズ』に参加していた、金城哲夫氏と上原正三氏という沖縄出身の20代で活躍した2人の脚本家にフォーカスを当てた内容だ。

アメリカ統治下の沖縄から、パスポート片手に上京し、沖縄出身という “アイデンティティー” を活かしたストーリーで、全国的に大ヒットしたヒーローの誕生秘話が描かれた。

ドキュメンタリーとエンターテインメントの感想は難しい…

さて、ドラマの感想だ。

とはいえ、ドキュメンタリードラマだから、一般的なテレビドラマの感想のように書くわけにはいかない。

やはり、史実やリアルなドキュメンタリー部分と、創作物としてのエンターテインメント作品への思いや感想は違うから。

その辺を、上手く切り分けて書ければ良いのだが…

この2話の"実相寺昭雄監督の演出"に"度肝"を抜かれた!

まず、ドキュメンタリー部分の感想。

いきなり個人的な話になって恐縮だが。

私の記憶が定かなのは、中学生の頃に再放送で見た『ウルトラマンシリーズ』の2つのエピソードを見た時に、実相寺昭雄監督の演出に度肝を抜かれたのを今でも鮮明に覚えている。

それは、『ウルトラマン』第35話「怪獣墓場」で、怪獣供養が科学特捜隊の通信機器に囲まれた作戦室で仏式で行われるシーンと…

『ウルトラセブン』第8話「狙われた街」で、メトロン星人とモロボシ・ダンがちゃぶ台を挟んで対話するシーンだ。

それ以降、実相寺昭雄監督に興味を持ち、様々な書籍を読んだから、このドラマで描かれたことの多くは、既に知っていることだった。

だから、私は違った角度で興味を持ったのだ。

京都出身で沖縄で生活する中江裕司監督が、どんなスタッフを使って、この史実を解釈し、どんな視点でエンターテインメント作品に仕上げるのか? に。

金城氏と上原氏の生き様を単純になぞった作品ではない!

まず、「沖縄本土復帰50年 ドキュメンタリードラマ」の部分は、とにかく、90分間の尺には多すぎるくらいに、“沖縄の人たちのアイデンティティー” が盛り込まれていたことに驚いた。

確かに、(私の知る範囲の事実から予想しても)金城哲夫氏と上原正三氏に焦点を当てれば、必然的に、『ウルトラマンシリーズ』のエピソードだけでなく…

“ウルトラマン” の存在理由や存在意義についても、“沖縄の人たちのアイデンティティー” が強く反映されていることを描くことになる。

だから、“沖縄の人たちのアイデンティティー” と『ウルトラマンシリーズ』の関係性を掘り下げることが中心になると、勝手に想像したのだ。

しかし、実際のドラマは違っていた。

金城氏と上原氏の生き様を描きつつ、二人にゆかりのある人たちのリアルな証言を通して、多くの沖縄の人たちの “沖縄本土復帰に対する本音” を浮き彫りにするように描かれていた。

これは、「沖縄本土復帰50年 ドキュメンタリードラマ」としては正しい方向性だが、エンターテインメント作品としては、かなり大胆なアプローチだと思う。

この辺は、流石、脚本と演出の両方を中江裕司監督が担当しているからこそできた、背筋が一本通った作品だと思う。

テレビドラマ制作の裏側の興味のある人は必見!

「エンターテインメント作品」としての部分も、これまた盛りだくさんな印象だ。
ざっと挙げても、下記の5つはあったように思う。

  ●フィクション作品とは?
  ●プロデューサー、監督、脚本家の違い?
  ●作品のテーマ性とは?
  ●子供向け番組について?
  ●60~70年代のテレビと映画の違い?

一つずつ掘り下げると大変だから簡素に書くと…

怪獣は、フィクションで不思議な魔法の力を発揮する…

フィクション作品について、こんなセリフがあった。

「フィクションを不自然と思わせない不思議な魔法の力がある」


「怪獣が登場すると、フィクションがリアルに見える」との例えだが。これは、全てのフィクションのドラマに通じる台詞だ。

逆説に捉えれば、「あり得ない設定」を不自然に思わせないようにしないと “フィクションの魔法” は視聴者に効かない… ということだ。

誤解を恐れずに書けば。「怪獣なんて、いるわけないじゃん!」と言う人を説得するのではなく、「怪獣がいなくては描けない世界を見たい」と思わせることが、フィクションなのだということ。

例えば、今期の連ドラで評判の良かったNHKドラマ『正直不動産』を例に挙げよう。

「祠(ほこら)を壊したら、嘘がつけなくなった不動産営業マンなんて、いるわけないじゃん!」とは思わせる間を与えずに、「祠を壊したら嘘がつけなくなった不動産営業マンでないと描けない世界を見たい」と思わせた者が勝ちなのだ。

「テーマ主義者」とは?

また、橋本洋二プロデューサーへのインタビューで、彼は自身のことを「テーマ主義者」であると認めた上で、次のように語っていたのが、興味深かった。

「テーマのないものは あんまり 大したもんじゃないと思ってますけどね」


ちなみに、私も「テーマ主義者」である。

仕事で「○○周年晩さん会」や「○○学会」や「○○セミナー」などの総合演出をやる時も、結婚披露宴の選曲含めた演出をやる時は、台本も装飾も音楽も照明も映像も、全部に統一した “テーマ” をつくって、それを主催者がゲスト全員に伝えることを目的にやる。

もちろん、その “テーマ” がゲスト全員に “ダイレクトに” 伝わらなくても構わないのだ。

肝心なのは、アウトプットする立場(主催者やホテルスタッフ側)が “テーマ” を明確化し、掲げなければ、多くの人を感動させたり、心を動かしたり、思い出に残るようなものは創出できないと思っているからだ。

それは、当ブログの一つひとつの記事についても、言えること…

子どもが楽しいと思うことは、普遍的に愛されるものが多い

また、次の台詞も印象的だった…

「子どもは騙せはしないよ」


ホント、その通りだ。おとなは “大人の事情” を素早く察知して、“大人らしく振舞う” ことを自然にやれちゃう。

しかし、子どもは騙せないのだ。だから、いろんなことをやる時は、「これって、子どもにウケるかな?」という視点は必要だと思う。

でも、決して、子どもウケするようなものをつくった方が良いというのではない。

しかし、子どもが楽しいと思うものは、大抵おとなも楽しいのだ。だって、全てのおとなが、昔は子どもだったのだから。

だから、子どもが楽しいと思うことは、普遍的に愛されるものが多いと思う。 それこそ、ディズニーって、ウルトラマンだって、仮面ライダーだって…

今作は、映画『盆唄』の主要スタッフで制作された!

さて、長くなったので、ここからは今作を「エンターテインメント作品」として考えようと思う。

今作の脚本&演出、撮影、編集スタッフは、2019年に劇場公開された映画『盆唄(ぼんうた)』のチームだ。見ていない人のために… こんな内容だ。

東日本大震災から4年。福島県双葉町の人たちは故郷を離れて暮らす人が多く、地元の伝統「盆唄」の存続の危機に。

そして、「盆唄」が実は、100年以上前に福島からハワイに移住した人たちが伝えた “盆踊り” が、今でもハワイで「フクシマオンド」として愛され続けていることを知って、ハワイに向かう。

そして、「故郷を離れて生きる人たち」を通して、盆踊り、移住、盆唄を見つめ直して、未来につなげようとする姿を描いたドキュメンタリー映画だ。


映画『盆唄』を有料で見るなら、こちら↓。
盆唄 【日本初配信】|ドキュメンタリー映画|アジアンドキュメンタリーズ

映画『ナビィの恋』、未見で沖縄大好きなら見る価値アリ!

撮影の平林聡一郎氏は、テレ朝の紀行番組『世界の車掌から』も担当するカメラマン。

編集の宮島竜治氏は、映画『スウィングガールズ』、『ALWAYS 三丁目の夕日』、『永遠の0』で日本アカデミー賞最優秀編集賞を3度受賞。

脚本&演出の中江裕司氏は、1999年公開の映画『ナビィの恋』の作家。

映画『ナビィの恋』は、沖縄を愛し移住した彼の沖縄愛が詰まったミュージカル仕立ての、ちょっぴり切ない愛の物語だ。朝ドラ『ちゅらさん』の “おばぁ” こと平良とみさんも出演している。

未見の方で、沖縄大好きなら、見る価値はある。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


キャストの中でも注目したいのが、沖縄出身の俳優さんたち

そんな、沖縄愛に溢れた監督と、地方を描くのを得意とするスタッフと共に集結したキャストの中でも注目したいのが、沖縄出身の俳優さんたちだ。

金城哲夫 役の満島真之介さんは、ご存知の通り。

上原正三 役の佐久本宝さんは、連続テレビ小説『エール』(2020年前期)で主人公の弟役でブレーク。

金城哲夫の妻・裕子を演じた蔵下穂波さんも沖縄出身で、連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年前期)でアイドルグループ「GMT47」のメンバー・喜屋武エレン 役で脚光を浴びた。

やはり、ネイティブな沖縄方言は、何とも自然で耳馴染みが良い。

放送当時の関係者の貴重な証言も、見逃せない

また、実際に当時の『ウルトラマンシリーズ』の制作に携わった人たちや、放送当時の関係者の貴重な証言も、見逃せなかった。

やはり、ドキュメンタリードラマとしては絶対に必要だし、エンターテインメント作品として、リアルな証言があるからこそ、俳優さんたちの演技で作り込まれたフィクションに真実味を覚えることができたと思う。

CMが入らない「1作品 90分」は見ごたえがある

思えば、NHKのドラマで「1作品 90分」の長尺モノは久し振りに見たのだが。

やはり、CMが入らない「1作品 90分」は見ごたえがある。

もちろん、最後まで見せる訴求力がないと途中離脱してしまうが、今作は一気に楽しめた。

終盤の60歳の上原が亡き親友の金城に向けた言葉が印象的…

終盤で、60歳になった上原正三(平田満)が、自分が手掛けた…

『宇宙刑事ギャバン』(1982年)
『宇宙海賊キャプテンハーロック』(1978年)
『ウルトラマンティガ』(1996年)
『仮面ライダーBLACK』(1987年)
『UFOロボ グレンダイザー』(1975年)
『ロボット刑事』(1973年)
『ゲッターロボ』(1974年)
『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975年)
『がんばれ!!ロボコン』(1974年~1977年)

という偉大な大ヒット作品群の脚本を前にして、ニライカナイ(天国)にいる永遠のライバルで親友の金城哲夫に向けて言った言葉が印象的だった。

「金城よ お前と会って30年。
 俺は ずっと子供向けの脚本を書き続けた。
 金城よ 笑ってくれ。
 1,000本以上 脚本を書き続けても
 お前のウルトラマンを超えるヒーローを  まだ生み出すことができない。
 だけど 俺は書く。
 《やまとぅんかい まきちないみ》日本に負けてなるか!(字幕ママ)」

そんな上原氏も、2020年に80歳で “光の国” に旅立った。

東京でウルトラマンを超えるヒーローを生み出すことこそが、彼の作家人生を支えた背骨であり…

沖縄という故郷から東京にやって来た “移民” の上原が、金城のように沖縄に帰ることなく、東京の地で『帰ってきたウルトラマン』(1971年)のメインライターを務めるのだから、なんとも数奇な運命ではないか…

あとがき

『ふたりのウルトラマン』というタイトルは、深い意味がありましたね。

金城さんにとっては、故郷の沖縄と本土の架け橋的な存在になることを通して、沖縄が日本全土を照らす光の国であって欲しいとの願いがあったのでしょうか?

一方の上原さんは、支配されることへの反発、自由への希望を通して、故郷の沖縄をパワーをくれる光の国と位置付けていたのでしょうか?

90分あるので、好みはわかれると思いますが、脚本家や演出家がどんな思いで作品に向き合っているのか? その人の人生や価値観が、どれくらい作品に影響を与えるのか? その辺に興味がある人も、見て楽しいと思います。

最後に、円谷英二さんがカメラマンとして撮影したトーキー映画『かぐや姫』(田中喜次監督、昭和10年公開)の短縮版フィルムが英国で見つかり、約85年ぶりに里帰りして国立映画アーカイブ(東京都中央区)に収蔵されました。その映像です。



管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16975/


【2017年からのスペシャルドラマの感想一覧】

2022年のスペシャルドラマの感想一覧
2021年のスペシャルドラマの感想一覧
2020年のスペシャルドラマの感想一覧
2019年のスペシャルドラマの感想一覧
2018年のスペシャルドラマの感想一覧
2017年のスペシャルドラマの感想一覧

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ふたりのウルトラマン 沖縄本土復帰50年 ドキュメンタリードラマ

ジャンルは、ドキュメンタリー・ドラマでしょうか?往年の大人気ドラマ、というか今も人気継続中ですが、半ば伝説の「ウルトラマン」シリーズにスポットを当て、特に、沖縄出身の男たち。金城哲夫と上原正三を、同じ沖縄出身の演技派、満島真之介,佐久本宝が、繊細に、でも明るく、当時の雰囲気を再現しつつ描き折々に、現在も御存命な方々のインタビューで浮き彫りにしつつ描かれたドラマ。個人的に、ずっと、金城哲夫に興...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: