ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

元彼の遺言状 (第9話・2022/6/6) 感想

元彼の遺言状

フジテレビ系・月9『元彼の遺言状』
公式リンクWebsitetwitterInstagram

第9話『最強バディ最後の事件へ…篠田の冤罪晴らせる!?港町に隠された悪意』の感想。



麗子(綾瀬はるか)は篠田(大泉洋)の無実を明らかにするため、彼を伴い事件のあった漁村へ。しかし、現場となったレストランのオーナー・藤巻、旅館を営む亀田、医師の高瀬ら事件の夜に居合わせた住民達は「忘れたい」と言うばかりで非協力的だ。そんな中、被害者・小笠原(田山涼成)があくどい金貸しだったことが判明。一方、当時からレストランで働く美月(成海璃子)は、篠田に恩があるといい…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・新川帆立「元彼の遺言状」
脚本:杉原憲明(過去作/SUPER RICH、嘘から始まる恋) 第1,2,4,5,7
   小谷暢亮(過去作/闇の法執行人、DCU) 第3,6,9
   中園勇也(過去作/脚本協力「SUPER RICH」) 第4,8
脚本協力:中園勇也(過去作/脚本協力「SUPER RICH」) 第1,2,5,6,7,9
     伊吹一(過去作/地上波ドラマ不明) 第1,2,5,6,7,8,9
演出:鈴木雅之(過去作/ラジエーションハウス1,2、ショムニ、HERO、婚カツ!) 第1,5,9
   澤田鎌作(過去作/不毛地帯、監察医 朝顔、ナイト・ドクター) 第2,3,7
   西岡和宏(過去作/ルパンの娘2020、ラジエーションハウスII) 第4,6,8
音楽:川井憲次(過去作/花燃ゆ、すべてがFになる、まんぷく)



脚本も演出も、自己満足の過剰サービスにしか見えない…

この、話があちこちへポンポンと飛びまくる構成、なんともまどろっこしい展開、後出しジャンケン風のモヤモヤ感の脚本は、クレジットを見なくても、『DCU Deep Crime Unit ~手錠を持ったダイバー~』と似た感じだから、誰だかわかる。

クドいシンメトリー構図に、壊れたテレビのような映像効果の多用、無駄に長い食事のシーンの演出も、クレジットを見なくても誰だかわかる。

これらが、好意的に “作風” や “らしさ” に感じれば良いのだが。私にとっては、自己満足用の過剰サービスにしか見えない。

だから、こんな書き出しでしか感想を思いつかないわけだが…

大人の事情には同情するが。とは言え…

とは言え、連ドラの終盤で(次回は、最終回でない!)で、既に取り扱っている事件で、前後編にする大人の事情があって… となれば、脚本はこんな感じに仕上げるしかない… と同情はする。

更に、昨今の所謂 “考察廚” を喜ばせる仕掛けを施さないとバズらないドラマになるから、こうやって “あやふや” だらけにして引っ張らないと、スポンサーがOKを出さないのだろう。

だから、せめて、演出の味付けが薄味だったら、もう少しマシに見えたと思うが…

あとは、粛々と後半の解決編を見るだけ…

まあ、内容については、前回の感想にも書いた通りだ。

私は、篠田(大泉洋)が “何者” であるかを解き明かすエピソードを、連ドラの序盤に持って来て、2~3話で “素性” に決着をつけて…

その後に、麗子(綾瀬はるか)と篠田のバディーの活躍を描くミステリーにした方が良かったと、今でも思っている。

だから、「今さら…」としか感じない。従って、粛々と後半の解決編を見るだけだ。

あとがき

今回を見て、ほぼ確信しました。

やはり、凸凹バディーの活躍を描くミステリーなら、バディーの関係を明白にしてから、あれこれ描かないと、事件に集中できないなぁと。

ただ、そんなどうでも良い謎が解けただけ…(苦笑)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
勝手なお願いで恐縮でございますが…
コロナ禍で、未だ仕事が激減中です。
Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログ内のバナーなどのリンク経由で買ってくださると、私にポイントが貯まります。
また、ブログを書き続けるモチベーションアップにもなります。
引き続き、皆様のご協力をお願い申しあげます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16933/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

元彼の遺言状 第9話「最強バディ最後の事件へ…篠田の冤罪晴らせる!?港町に隠された悪意」

原作は、宝島社主催の、2021年第19回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞した新川帆立氏による同名小説。主人公・剣持麗子(綾瀬はるか)の元彼・森川栄治(生田斗真)が残した「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」という奇妙な遺言を受け、麗子が依頼人と共謀して一獲千金を狙う、破格の遺産相続ミステリー作品。篠田って、実は、小説家になることを夢見る、料理人でもあったのですね。(だから、ラスト...

元彼の遺言状 第9話

麗子(綾瀬はるか)は、6年前に起きた殺人事件の容疑者となった篠田(大泉洋)の無実を証明しようと、事件が起きた漁村のレストランを訪れます。 そこで、スタッフの美月(成海璃子)が篠田に気付き、ひどく驚きます。 しかし、篠田は美月に見覚えはないと言います。 事件は実業家・小笠原(田山涼成)が主催したパーティーで起き、小笠原が包丁で背中を刺されて死亡しました。 凶器の包丁と、中身が抜き取られ...

元彼の遺言状 第9話

内容麗子(綾瀬はるか)により、篠田こと田中守(大泉洋)が逮捕された。だがすぐに、津々井(浅野和之)に協力してもらい篠田は釈放される。麗子は、篠田を連れ、6年前に殺人事件が起きたリストランテを訪ねた。その後、橘(勝村政信)が公民館に集めた関係者の前に、現れる麗子と篠田。篠田は、事件当日のことを話をして、アリバイを主張する。パーティーの助っ人で料理人として手伝いしたあと、徹夜明けで、店の外のベン...

元彼の遺言状 #09

『最強バディ最後の事件へ…篠田の冤罪晴らせる!?港町に隠された悪意』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: