ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

元彼の遺言状 (第7話・2022/5/23) 感想

元彼の遺言状

フジテレビ系・月9『元彼の遺言状』
公式リンクWebsitetwitterInstagram

第7話『同時多発する不可解な事件…篠田がついに正体を明かす?』の感想。



痴漢容疑で拘束された津々井(浅野和之)が冤罪を訴え、麗子(綾瀬はるか)に弁護を依頼する。大手食品会社の案件を譲ると言われた麗子は勇んで先方に出向くが、相談内容は「社員食堂の毒入りシチューで死人が出る」という脅迫状に関するもの。社食の責任者・香澄(西山繭子)は休業を断固拒否していた。一方、痴漢事件の被害者の弁護士・若松(三浦誠己)が麗子を訪ねてくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:小説・新川帆立「元彼の遺言状」
脚本:杉原憲明(過去作/SUPER RICH、嘘から始まる恋) 第1,2,4,5,7
   小谷暢亮(過去作/闇の法執行人、DCU) 第3,6
   中園勇也(過去作/脚本協力「SUPER RICH」) 第4
脚本協力:中園勇也(過去作/脚本協力「SUPER RICH」) 第1,2,5,6,7
     伊吹一(過去作/地上波ドラマ不明) 第1,2,5,6,7
演出:鈴木雅之(過去作/ラジエーションハウス1,2、ショムニ、HERO、婚カツ!) 第1,5
   澤田鎌作(過去作/不毛地帯、監察医 朝顔、ナイト・ドクター) 第2,3,7
   西岡和宏(過去作/ルパンの娘2020、ラジエーションハウスII) 第4,6
音楽:川井憲次(過去作/花燃ゆ、すべてがFになる、まんぷく)



こんなに"間"も"行間"もないと、ドラマとして面白味がない

今回の感想は、面白いと思った人は読まないでください!

プロの脚本家と演出家がつくってくださったドラマに対して、こんなことを言うのはどうかと思うが。

演出的に、最初のCMの8分半まで、全く “間(ま)” がない! で、脚本的には “行間” がない! 従って、ドラマとしての面白味がない! 以上。

息つく暇もないほどの大漁の台詞にうんざり…

まあ、良くもこんな完パケ(完成品=完全パッケージの略)に放送許可を出したものだ。

とにかく、冒頭から滝、いや豪雨のように押し寄せる大量の台詞。ホント、息つく暇もないとは、正にこのこと。

その上、案件が多い。比較的、頭の回転が速い朝に見たが、それでも正直苦痛との闘いだった。

脳内編集すれば、それなりに楽しめるが…

ただ、今作がお得意のウザい演出を、脳内で編集して削除して、削った部分に “間” を入れることで、それなりに楽しめたから、こうして感想を書くに至っているのだが…

ストーリーの全体像が視聴者へ正確に伝えるのが重要なのに

以前に今作の感想に書いたことだが。“謎解き” や “ミステリー” で重要なのは…

『【脚本プチ講座 第4弾】誤信念課題の「アイスクリーム課題」と、ドラマを「好意的な脳内補完」することの意外な関係』でも触れているが、ストーリーの全体像が視聴者や観客へ正確に伝わることなのだ。

それを、最も簡単にする方法。それは、提供する情報をできるだけ少なくして、洗練させて、誤解させないように工夫すること。これに尽きる。

名作と呼ばれるミステリーを思い出せばわかるはず。大量の容疑者がいても、時間軸の行き来が繰り返されても、事件と事件が連鎖しても、全容がわかりやすいのだ。

台詞が感情表現にはなっているが、説明になっていない!

しかし、今回では、本当に全体像がわかりにくい。その原因は、案件と情報を盛り込み過ぎなことが最大の理由だが、もう一つの大問題がある。

それは、登場人物たちによる “説明” の台詞が、全容をわかりやすくする “説明” になっていないこと。

台詞が “ネタ” に利用されて、わかりにくいのもある。ギャーギャーと騒いでいる印象が強すぎて、聞く気になれないのもある。

とにかく、登場人物たちの “感情表現” にはなっているが、物語の “説明” にはなっていないってこと。もしかすると、盛り込み過ぎよりも、こちらの方が致命的かも…

エピソードの取捨選択をするべきだった…

いずれにしても、台詞は脚本を書き始め、演出しないと “説明” になっているかどうかわからない。

だから、やはり、原作があるなら余計に、脚本を書き出す前に、エピソードの取捨選択をするべきだったと思う。

そして、必要な部分をしっかりと描き、余った尺に今作らしい部分を盛り込めば良かったのでは? 前回が良かっただけに、本当に残念でならない…

あとがき

前回と今回で、改めて脚本家と演出家のセンスや技術の差で、内容がガラリと変わってしまうことを、再認識しました。

やはり、脚本と演出は両輪なんですね。上手く噛み合って、初めてプロの仕事になる… ということだと思います。

やたらと、世間では視聴率がどうこうとか、出演者がああだのこうだの… と騒いでいるようですが。

綾瀬はるかさんを始め、演技力に定評があり、見守るファンがいる、この度の俳優陣だから、何とか現在の視聴率と注目度を保っているのだと思います。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16884/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

元彼の遺言状 第7話「同時多発事件!事件は全て事務所で解決!?正体は○○の中に…」

原作は、新川帆立の小説。宝島社主催の「第19回『このミステリーがすごい!』大賞」大賞を受賞作品。今回も、ヒロイン、麗子(綾瀬はるか)スーツ姿もバッチリ!で、御馳走、食べまくり!、健在、でしたね。しかし、篠田(大泉洋)、ぬか床から、何を取り出すのかと思ったら…日曜劇場じゃないけれど、ラスト。サプライズ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! でしたね。今回は、ある食品会社の、遺産トラブルと、脅迫事...

元彼の遺言状 第7話

麗子(綾瀬はるか)は、篠田(大泉洋)に何者なのかと尋ねますが、彼は「答えたくない」と返答します。 そして、麗子のところに元上司・津々井(浅野和之)から弁護の依頼が入ります。 とんでもないことに巻き込まれた津々井の代わりに大手食品会社・ヒグマ食品の案件を引き継ぐことになりました。 大はしゃぎの麗子の元に、黒丑(望月歩)が自分の太客・山谷典子(高田聖子)を連れてやって来ます。 典子の遺産...

元彼の遺言状 第7話

内容篠田(大泉洋)に対して、素性を問い詰める麗子(綾瀬はるか)だが、篠田は拒否し。。。津々井(浅野和之)の呼び出しを受ける麗子。冤罪を証明して欲しいという津々井の言葉を、麗子は拒否。すると津々井は“ヒグマ食品”の案件を提示。麗子は“ひぐま食品”を引き受けることに。そんななか、黒丑(望月歩)から、“太客”の山谷典子のトラブルを、解決して欲しいと頼まれる麗子。父の死因が後妻業の女によるものだと訴...

元彼の遺言状 #07

『同時多発事件!事件は全て事務所で解決!?正体は○○の中に…』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: