ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「ちむどんどん」〔全120回〕 (第14回・2022/4/28) 感想

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

NHK総合・連続テレビ小説『ちむどんどん』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第14回〔全120回〕第3週『悩めるサーターアンダギー』の感想。

 
 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


暢子(黒島結菜)は兄・賢秀(竜星涼)の喧嘩(けんか)騒動のあおりで、自らの就職についてもやもやした思いを抱えていた。気晴らしに訪れたハンバーガー店では、意外な相手と出くわしてしまう。姉の良子(川口春奈)は大学時代の仲間と付き合うために、母・優子(仲間由紀恵)にも黙って新しい服を買ってしまい、フォークダンスの集まりに参加することに。妹・歌子(上白石萌歌)は音楽の授業でとある教師に目をつけられてしまい
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:羽原大介(過去作/マッサン、昭和元禄落語心中、スパイラル~町工場の奇跡~)
脚本協力:新井静流(過去作/舞台「未来記の番人」)
演出:木村隆文(過去作/ひまわり、梅ちゃん先生、ごちそうさん、なつぞら) 第1,2,3
   松園武大(過去作/おひさま、とと姉ちゃん、半分、青い。、エール)
   中野亮平(過去作/花子とアン、マッサン、あさが来た、べっぴんさん)
音楽:岡部啓一(過去作/真夜中のパン屋さん)
   高田龍一(過去作/ドラマ劇伴無し)
   帆足圭吾(過去作/真夜中のパン屋さん)
主題歌:三浦大知「燦燦」
語り:ジョン・カビラ
制作統括:小林大児(過去作/昭和元禄落語心中、赤ひげ2,3、ミス・ジコチュー)
     藤並英樹(過去作/今だから新作ドラマ作ってみました/第3夜 転・コウ・生、いないかもしれない)
※敬称略



毎回の15分間は、不愉快でもイラつくこともないのだが…

今週になって、毎回の15分間が不愉快でもなくイラつくこともないのだが、とにかく本気の “日常描写” ばかりで、話題急騰中のドラマ『正直不動産』の主人公・永瀬のキメ台詞「私、嘘がつけない人間なので」を拝借すれば、ハッキリ言って「た・い・く・つ」の一言。だから、さら~っと見終えてしまう。

で、それではいけないと思って、毎回見る前に前回をおさらいのつもりで見るのだが…

もっと連ドラらしさを醸し出すべきだと思う

前回で、歌子(上白石萌歌)が熱発した。だったら、4月20日の第8回で描かれた歌子(子役・布施愛織)の食べ物の大好物が「イカスミジューシー」と言うくだりを利用して、最近存在感が薄い主人公・暢子(黒島結菜)が妹のために腕を振るって「イカスミジューシー」を作ってあげるとかしたら良かったのだ。

そのような描写が、連ドラに必要な “連続性” を担保する重要なアイテムになるのに。とにかく、またハッキリ言うが、子役が演じた「子ども時代」と「今」に殆ど “繋がり” がないのだ。俳優も、設定も含めて。だから、もっと連ドラらしさを醸し出すべきだと思うのだが。

ここで"ハンバーガー"を登場させるなら…

今回もアバンタイトルから、繋がりがない。このような描写をするなら、貧しいとはいえ、子ども時代から家で “父” と工夫しながらお菓子づくりをしたら良かったのだ。

また、ここでハンバーガーを登場させるなら、4月14日放送の第4回で、史彦(戸次重幸)の提案で、比嘉家の家族が那覇のレストランに招待されて「ハンバーグステーキ」を食べた時に、先日の感想で書いたように、暢子は「私はお父ちゃんの味が好きだけど、このお店の味も勉強したいな」と印象付けることくらいは、やっておくべきだったと思う。

繋がっていないのに連ドラとは、これ如何に…

主人公の暢子が、アバンとラストしか登場しないとは!?

主題歌明けは… 申し訳ないが、これといった「か・ん・そ・う・は・な・い」(謝) だって、暢子が登場しないから!(笑)

いや、私は暢子が見たいわけではない。個人的には子役時代の「歌子LOVE」だから、その他については平等なのだ。でも、建前上の主人公は暢子なわけで。それなのに、アバンのあとは、10分間休憩して、ラスト3分だけ登場って? 流石にバランスが良くないのでは?

三姉妹が主人公の《完全に対等な複数の主人公体制》なら…

そこで、次のように思うのだ。もしも、今作が「複数の主人公を並列に描く」と言う、“朝ドラ” の “新スタイル” の提案? だったら、それでも間違っているのではないだろうか… と。

まず、今作の脚本担当が『マッサン』の作者だから “男性” を主人公に遺したいのかも知れないが、ここは “新スタイル” を目指すなら、“男性” は諦めて、「四兄妹」ではなく「三姉妹」が主人公の “朝ドラ” にしたら良かったと思う。

もちろん、現状の《中途半端に並列な複数の主人公体制》ではなく、《完全に対等な複数の主人公体制》ってこと。

記念作品なのだから、思い切って挑戦しても良かった…

例えば、前作『カムカムエヴリバディ』。謳い文句は「ヒロイン3人体制」だったが、蓋を開ければ、「順に主人公を担当するだけ」だったし、結果的には「ヒロイン4人体制」になり、グダグダで終わった。

また、類似体制の朝ドラとしては、2016年前期の『とと姉ちゃん』が三姉妹を、2016年後期の『べっぴんさん』はヒロインと3人の共同出資者を描いたが、いずれも《完全に対等な複数の主人公体制》ではなかった。だから、記念作品なのだから、思い切って挑戦しても良かったと思う。

《完全に対等》なら、単独の日や週を創ることができるのだ

だって、《完全に対等》だったら、例えば、「良子だけの日」とか「歌子だけの週」があっても違和感がない。当然 “スピンオフ” とは言われずに済むし、逆に “斬新” と評価される可能性すらある。今回を見て、《完全に対等》が出来ると思ったのは、各キャラクターも、それを演じる俳優さんたちも揃っているからだ。

もちろん、マイナス面はある。それは、《完全に対等》だから《比較される》ってこと。でも、それこそNHKがお得意の情報操作で「今週の暢子が面白い!」とか、世間を炊き付ければよいわけだ。まあ、今から軌道修正できるとは思えないが。。。

あとがき

1970年代に日本の人口が1億人に達する際の流行語に【1億中流社会】というのがありました。その頃なら、今作で描いている「貧しいからいじめられ馬鹿にされ、惨めでつらい思いをする…」のを上から見て楽しめたかもしれません。

但し、今の【格差社会】では、底辺層を描いて同情するというのは、私が考える “朝ドラの在り方” としては少し違うかなぁと思います。今は、“共同” や “協同” や “協働” が叫ばれているので、それらと「沖縄本土復帰」の時代の沖縄の人たちの心情と重ねた方が良かったように思います。

ちむどんどんさしみてぃくぃみそーれー

また子役に会える!連続テレビ小説「ちむどんどん」“イッキ見”放送&見逃し配信情報

沖縄本土復帰50年!連続テレビ小説「ちゅらさん」“総集編”全3話総合テレビで一挙再放送


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16787/


【これまでの感想】

第1週『シークワーサーの少女』
1 2 3 4 5 
第2週『別れの沖縄そば』
6 7 8 9 10 
第3週『悩めるサーターアンダギー』
11 12 13

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『ちむどんどん』第14回

内容兄のケンカをきっかけに、就職にモヤモヤしたモノを抱える暢子(黒島結菜)そんな暢子に、早苗(高田夏帆)が、気晴らしに誘われ。。。、一方、良子(川口春奈)は、大学時代の友人とフォークダンスの集まりに参加するため、母・優子(仲間由紀恵)や家族には黙って、新しい服を買っていた。が、店では、智(前田公輝)がいるのを見かけ。。。。そのころ歌子(上白石萌歌)は音楽の授業で、音楽教師の下地響子(片桐はい...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: