ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

【脚本プチ講座 第3弾】質問にお答えします!「実は、○○でした…」と「のちに…」の違いについて ※連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』完全対応版

【脚本プチ講座 第3弾】質問にお答えします!「実は、○○でした…」と「のちに…」の違いについて

【非公開コメント】で頂戴したご質問にお答えします

今回は、【非公開コメント】で頂戴したご質問にお答えします。その質問は、『連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全112回〕 (第112回/最終回・2022/4/8) 感想』に書いた内容についての、次のご質問でした…

「実は、○○でした…」と「のちに…」の違いについて、ちょっと分かり難いので解説して欲しい…

上記のようなものでした。そこで、私なりの解釈と理解になりますが、補足したいと思います。

理解するのに、簡単な実例をご紹介

これ、簡単な実例があります。もちろん、観たことが無い人は対象外ですが。「実話がベース」になっている映画やテレビドラマで、本編が終わった後に、実際のモデルとなった人の写真や映像、または、現在どうなっているのかや、その後の顛末をエンド・クレジットと一緒に流れる作品がありますよね。

本編が終わった後に、モデルの紹介や顛末の映像が流れる

例えば、大人気映画なら英国ロックバンドのヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーの人生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディー』や、当ブログで名作と紹介した、60年代のアメリカで黒人女性が人種差別を受けながらもNASAの宇宙開発に貢献したサクセスストーリーの映画『ドリーム』とか。

いずれも、本編が終わった後に、実在のモデルの紹介や、その後の顛末の映像が流れます。

実話ベースの作品の最後の「その後」は気になりますか?

では、私から皆さんへ質問です。

「本編が終わった後の映像」を見て、不愉快な気持ちや、「蛇足だな」とか思いましたか?

もちろん、本編を見る前に、実話ベースであるのか無いのか、実話を知っているか知らないかで、微妙に答えは違って来ると思いますが。おおむね、「なるほど。そうだったのか!」「へえ、そうなったんだ…」と腑に落ちたり、納得したり、更に感動が高まったり… するのではないでしょうか。

作品の構成は「プロローグ+本編+エピローグ」と統一

では、ここで視点を変えます。私は、(特に映画は)エンド・クレジットとエンディング・テーマが終わって、劇場内が明るくなるまでが「一つの作品」と言う考え方です。ですから、本質的には「場内が暗くなってから明るくなるまで、全部が本編」と言いたいところです。

しかし、今回の投稿では分かり易く「一つの作品」は「プロローグ(序章)+本編+エピローグ(終章)」と言う “構成” だと統一します。

「プロローグ+本編」と「エピローグ」の関係性に注目!

そして、今回で注目するのは「プロローグ+本編」と「エピローグ」の関係性です。そこで、そもそも「エピローグ」とは何でしょう? 概念としては、物語を完結するために、物語の中の視点で描いた結末のことを言います。因みに、物語のあとに著者の言葉で書くのは「あとがき」と言い、区別します。

「エピローグ」には、大きく分けて「2種類」あります!

1つ目は、フィクション系の映像に多い、物語中の登場人物に「本編」のあと、何が起こったのかと言う “未来” を表現した「エピローグ」。

もう1つが、ドキュメンタリーや伝記系の映像に多い、物語の主題となった登場人物たちの “顛末” を表現した「エピローグ」。これを、当ブログ流に置き換えますと。前者が「のちに…」で、後者が「実は、○○でした…」となるわけです。

なぜ実話ベースでは「実は○○でした…」と感じ難いのか?

ここで、「いや、むしろ “逆” なのでは?」と思われた方、いらっしゃいますか? いらっしゃったら、あなたは鋭い! そう、逆なんです。いや、正確に言えば、どちらも「のちに…」なのです。

では、なぜ「実は、○○でした…」と感じにくいのか? それは、この文章が「エピローグ」について語っているからです。「エピローグ」の場合は、前者が「のちに…」で、後者が「実は、○○でした…」で良いのです。でも、これが「本編の結末部分」となると、話が変わって来るのです。

『カムカム』には、上記の「2つのエピローグ」があった!

さて、ここまで来たら、だいぶ見えて来たのではないでしょうか? そう、先日最終回を迎えた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』には、上記の「2つのエピローグ」が用意されていたのです。

最終回が、フィクション系の映像に多い、物語中の登場人物に「本編」のあと、何が起こったのかと言う “未来” を表現した「エピローグ」。最終回の1つ前の放送回(第111回)が、ドキュメンタリーや伝記系の映像に多い、物語の主題となった登場人物たちの “顛末” を表現した「エピローグ」だったのです。

「朝ドラの終わり方」についてに"考え"を深めてみる…

では、核心に入っていきますので、皆さん、私について来て下さいね。

その前に、朝ドラに於いての「エピローグ」は “どこ” なのか? と言う議論は、今回は話が複雑になるので止めておきます。とにかく、この場で論じるのは「朝ドラの終わり方」についてに絞り込みます。

で、『カムカムエヴリバディ』では、50年間、姿を見せなかった「一人目の主人公・安子」が終盤から登場した「アニー・ヒラカワ」だった… と、視聴者も劇中の登場人物も知った時点の “あと” からを「エピローグ」と位置付けます。

フィクションで「実は○○でした…」は蛇足に見えちゃう!

では、ここから畳み掛けますよ。

その「エピローグ」で描かれたことは、大きく「2つ」ありました。1つは、これまで描かれて来たこと、描かれたが宙ぶらりんのままだったことの “尻拭い” であり “後付け理由” とも言うべき「実は、○○でした…」の連続です。

そう、これは本来は、ドキュメンタリーや伝記系の映像で使う、物語の主題となった登場人物たちの “顛末” を表現した「エピローグ」なのです。でも、それを『カムカムエヴリバディ』では、フィクションでやっちゃった。『カムカム』が実話ベースなら「実は、○○でした…」は、サプライズになります。「へえ、そうだったんだ」って。

でも、フィクションでやってしまうと、「最後まで隠しておく必要あるの?」となってしまうのです。

フィクションには未来を表す「エピローグ」は馴染みが良い

『カムカムエヴリバディ』の「エピローグ」で描かれたもう1つは、劇中の登場人物たちの「2025年の未来」です。これは、フィクション系の映像に多い、物語中の登場人物に「本編」のあと、何が起こったのかと言う “未来” を表現した「エピローグ」なので、本編との馴染みが良いです。

実際も、私は、最終回だけは「エピローグ」として普通に感じました。むしろ、「マスクを着用しない未来」を描いた「100年の物語」のエピローグとして、意外と前向きで、朝ドラらしくて悪くないなと。

「本編の中」で「実は、○○でした…」をやるのは簡単

でも、その1つ前の放送回で、やっちまったわけです。「実は、○○でした…」の連射を。ここが失敗だったと思います。要するに、「実は、○○でした…」をやりたいなら、明らかに「本編の中」でやるべきだったのです。そして、「エピローグ」は1つだけにする。これだけのことです。

「本編の中」で「実は、○○でした…」をやるのは簡単です。出来るだけ「アニー=安子」が視聴者に見抜かれる以前に、「実は、○○でした…」を済ませてしまえば良いのです。そして、最後の最後まで「アニー=安子」を焦らして、本編の最後で一気に「実は、アニーが安子でした!」と花火を打ち上げれば良かったのです。

そうすれば、強引ではありますが「大団円」で本編が終わって、あとは粛々と最終回で、フィクションらしく堂々と「のちに…」と、やれば良かったのです。

まとめ…

お分かりいただけたでしょうか? 簡単に言えば…

●「実は、○〇でした…」 → それまで描かれた前段を受けて「タネ明かし」をするイメージ
●「のちに…」 → それまで描かれた前段とは直接関係のない「想像や未来」のイメージ

です。ですから、いわゆる「伏線と回収」の関係に影響するのは、「実は、○〇でした…」 ですね。「のちに…」は、特にフィクションに於いては “おまけ” や “次作への期待感” みたいなものですから。

あとがき

「実は、○○でした…」と「のちに…」は、物語の終盤に登場して効果を発揮するテクニックですが、上記のように微妙に違いがあるのです。

ただ、両方に共通する点もあります。それは、どちらもむやみやたらに乱用すると、「あざとい」とか「くどい」と言った印象になり易いと言う点です。やはり、効果的なのは「ここぞ!」と言う時に、ピンポイントで使うことだと思います。

最後の最後に。脚本関連の書籍でおすすめの一冊です。「更に、脚本を掘り下げてみたい方」や「脚本家が、どんなことを考えて “ウケる脚本” を書いているのか知りたい方」におすすめです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

本当は、実際の脚本や映像を見ながら解説すると分かり易いのですが、今回は、脚本を書く立場と、視聴者の立場の両方から、伏線と回収を掘り下げて解説しました。皆さんの、ドラマ鑑賞ライフのお役に立てれば幸いです。





 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16740/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: