ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全112回〕 (第112回/最終回・2022/4/8) 感想

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第112回/最終回〔全112回〕第23週(最終週)『2003-2025』の感想。

 
 

 本作は、2022年2月26日、NHK大阪放送局で撮影が終了しました。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の感想も毎日変わります。ご理解を。


ひなた(川栄李奈)とるい(深津絵里)は、再び来日したアニー(森山良子)と再会します。そこでひなたはアニーから驚きの誘いを受けます。そして時は流れ、それぞれの人生にさまざまな変化が…。ラジオ英語講座とともに歩んだ家族の100年の物語、ついにフィナーレです。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作・原案・脚本:藤本有紀(過去作/ちりとてちん)
演出:安達もじり(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく、おちょやん) 第1,2,4,7.8,9,13,17,20,最終
   橋爪紳一朗(過去作/てっぱん、花子とアン、半分、青い。、エール) 第3,5,7,15,16,21
   泉並敬眞(過去作/まんぷく、スカーレット、六畳間のピアノマン) 第11
   深川貴志(過去作/花燃ゆ、とと姉ちゃん、半分、青い。、麒麟がくる) 第22
   松岡一史(過去作/まんぷく、心の傷を癒すということ) 第10,12,19
   二見大輔(過去作/半分、青い。、なつぞら、伝説のお母さん) 第6,14
   石川慎一郎(過去作/オーディオドラマ「極楽プリズン」、閻魔堂沙羅の推理奇譚) 第18
音楽:金子隆博(過去作/Q10、三毛猫ホームズの推理 、あいの結婚相談所)
演奏:BIG HORNS BEE(過去作/米米CLUBのホーンセッション)
主題歌:『アルデバラン』(作詞・作曲:森山直太朗、編曲:斎藤ネコ、歌:AI)
語り:城田優
制作統括:堀之内礼二郎(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく)
     櫻井賢(過去作/4号警備、透明なゆりかご)
※敬称略



まさかの登場人物たちの「のちに…」の"ほぼ押し売り"状態

私は冷ややかに見ていたが。前回の放送直後からネット上に溢れていた宣伝記事は「怒涛の “アンサー” 展開!」とか「感動の結末が!」と踊っていたし、ネットニュースが取り上げるSNS上の「見事な回収!」とか「次々に謎が解ける!」と言った称賛の声ばかりだった。

だから、少しだけ最終回に期待をした。もう、「実は、○○でした…」は、少年ビリーくらいしかないだろうと。しかし、蓋を開けてみると、「のちに…」の連続。それも、殆ど興味のない、登場人物たちの「のちに…」の “ほぼ押し売り” 状態。

「のちに…」は「実は、○○でした…」より困惑しかない…

まだ、「実は、○○でした…」なら、これまで描いて来たことと、多少の繋がりはあるが。「のちに…」とやられてしまうと、そんなのは脚本家の完全な創造であり趣味のレベル。そんなことを、メモを取らないと忘れてしまうような箇条書きで、それこそ “怒涛のように” 連呼されても、困惑しか無いのだが…

朝ドラがチャレンジ精神旺盛に、取り組むのは悪くない!

最終回の感想はこれ位で。ここからは、〔全112回〕を総括気味に振り返ってみたい。

若者のテレビ離れや、テレビドラマの没個性化や稚拙化、公共放送であるNHKがこんなにたくさんのドラマを制作・放送する意味があるのか? と言った昨今。テレビドラマ好きな私にとっては、NHKが超マンネリで超保守的な「連続テレビ小説」で、挑戦的なことをやること自体には賛成だ。朝ドラが業界のマンネリ化や低迷を打破するきっかけになって欲しいとすら思っている。

だから、今作の企画が発表された時に期待したのだ。「ヒロインの3人体制」や「3人のヒロインがリレー形式で、100年を描く」や「祖母、母、孫と続く三世代の家族の物語」や「英語が台詞に多用される」と言った、チャレンジ精神に。しかし、結果的に「策に溺れた」と言う感じが否めない部分が多かった。

では、次の章では、細かく分析して見ようと思う。

最も失敗したチャレンジ精神が「ヒロインの3人体制」!

結論から言ってしまえば。数々のチャレンジ精神の中で、最も失敗したのが「ヒロインの3人体制」だ。

折角だから、「おはぎ」に例えてみよう。ここで言う「おはぎ」は、下の写真のような、世間で良く見掛ける「粒あん、きな粉、ごま」の3種類だ。そして、中の「もち米」の部分が「100年に亘るファミリーストーリー」で、外側の「甘み」の部分が「ヒロインの3人体制」だ。

3種類の味のおはぎ

ご存知の通り、「おはぎ」は、もち米のもちもちした食感と、外側のやさしい甘みが魅力な和菓子だ。だから、外側(目に見えている部分)と内側(食べないと分からない部分)のバランスが実に大切なのだ。

『カムカム』と言う「おはぎ」は、"3つの味"が濃過ぎた…

そして、『カムカムエヴリバディ』と言う「3種類のおはぎ」は、どうだったのか?

恐らく脚本家(菓子職人)が「ヒロインが3人いる=3種類の味がある」ことを意識し過ぎて、それぞれのパート、「安子編」「るい編」「ひなた編」に普段よりも “異なった味付け” をして “強調しよう” と試みたばかりに、逆にそれぞれの “味が濃過ぎ” て「100年に亘るファミリーストーリー(もち米)」の美味さが伝わらなかった… と言うことだったと思う。

「ヒロインの3人体制」を強引に進めた時点で無理があった

これ、放送回数も撮影期間も通常よりも少ないのに、「ヒロインの3人体制」を強引に押し進めた時点で無理があったと思う。

そもそも、『あさイチ』に音楽担当の金子隆博氏が出演された際に、「作曲の依頼が来たのが2年くらい前で…」「最初の緊急事態宣言下でテーマ曲を作曲した」とおっしゃっていた。と言うことは、ドラマの企画自体は俳優のスケジュールを抑える関係も含めて、3年近く前から企画が進んでいたと考えるのが普通だ。そう、コロナ禍のずっと以前だ。

テーマは「あんこのおまじない」「英語」「ラジオ」だけで良かった

だから、NHKの働き方改革で本編が「週5放送」になるものの、放送回数や撮影期間は通例通りと考えて、企画がスタートしたはず。であるから、「ヒロインの3人体制」も無理な企画では無かったのだろう。しかし、実際に撮影が始まると、撮影現場は厳しかったのだろう。

先日の「アメリカ生活をしている安子」のシーンは、安子(上白石萌音)の撮影終了のギリギリで追加撮影されたと、演出の安達もじり氏が語っていた。結局、「安子編」が撮影終了する段階で、当然だが「アニー=安子」は決まっていたが、このままでは説得力不足だから追加撮影したのだ。

と言うことは、それ位に撮影現場はいろんな意味でひっ迫していた。だからこそ、本来は追加撮影のように “その場凌ぎ” で物語を紡がずに、そう言う時だからこそ、「テーマ」に沿って必要なことだけを、丁寧に描くべきだったのだ。それこそ最終回を見た人なら分かるはずだ。

テーマは、「あんこのおまじない」「英語」「ラジオ」、この3つだけで良かったのだ。

「安子編」はそれだけで独立した"物語"として成立していた

こうして考えてみると、美味しく頂けた「おはぎ」は「安子編(粒あん)」だけだったように思う。まず、「安子編」だけで独立した “物語” として成立していたし、独立した “面白さや感動” を味わうことが出来た。

その理由は簡単で。テーマである「あんこのおまじない」「英語」「ラジオ」をベースに、個々のエピソードにしっかりと “起承転結” が設置されていたから、それこそ、「安子編」の中だけで、いろんな要素が、ネタ振りされて、“回収” されていたのだ。だから、朝ドラの王道である「女一代記」的な安心感や面白さや感動を味わえたのだと思う。

「るい編」は、「安子編」から"音楽(ジャズ)"を繋げた…

しかし、その後の「るい編」と「ひなた編」は、「あんこのおまじない」「英語」「ラジオ」を描かずに、「恋バナ」を中心に構成してしまったのだ。

とは言え、「るい編」に於いては、「3人のヒロインがリレー形式で」をやるために、恋愛、結婚、出産、子育てを描かざるを得ないから、「安子編」にあった3つのテーマ以外のキーワードである「音楽(ジャズ)」を軸にして物語を構成した。

だから、「るい編」は「恋バナ」として感動的な場面が幾つもあったし、「ミュージシャンを描くドラマ」としても一定の見応えがあった。ただ、今作のテーから乖離していたのは事実で…

「ひなた編」、ほぼ蛇足…

そして、「ひなた編」については、ほぼ蛇足、描く必要があったのか疑問すら残る印象しかない。なにせ、困ったことに「恋バナ」と「時代劇」「映画」を中心にして独走するならまだしも、これ見よがしに「あんこのおまじない」「英語」「ラジオ」を盛り込んでしまった。

しかし、これらのテーマは、直前の「るい編」でほぼスルーされていた事柄だから、連ドラなのに連続性が乏しい。なのに、強調。その上、描写が雑。結局、「ひなた編」は終盤の強引な「アニー=安子」と共に、あざとさだけが強調されてしまったように思う。

前評判の割りに期待した程の感動の結末にはならなかった!?

さて、まとめよう。結局、放送前は様々な斬新なチャレンジ精神が盛り込まれた朝ドラが始まると期待させた割に、1つのドラマとしても、連ドラとしても、期待したほどの感動の結末にはならなかったと言うのが本音では無いだろうか。

例えば、ここ2週間近くを割いて描いて来た「因縁の母子の再会」についても、サプライズなのか、尺が無いから後出しジャンケンにしたのか分からないが、意外過ぎる程に「実は、○○でした…」とあっさりと和解。正直、“50年間も続いた母子の因縁の結末” しては物足りないどころか、ドラマの結末としてお粗末過ぎた。

全体が"歴史年表"のような「箇条書き」になったのも残念…

それに、繰り返しになるが、「ヒロインの3人体制」を強引に押し進めるために、結果的に、全体の印象が “歴史年表” のような「箇条書き」になってしまったのも残念なところだ。やはり、詰め込み過ぎだったのだと思う。行間が殆ど無かったから。

せめて、「放送を1年にする」か、「ヒロインは母子の2人」にしておけば、構成も印象も違ったと思う。まあ、次のことを言ってしまうとお仕舞いだが。これまでの「朝ドラ」で大きく謳ってはいなくても、「三世代を描く」や「百年のホームドラマ」は普通に放送して来たのだから、チャレンジでも何でもないのだが…

あとがき(その1)

前回の感想に書きましたが。奇しくも、今日、「安子」こと、経歴詐称のアニー(森山良子)が100歳でご存命の設定が “アリ” なら、定一さん(世良公則)を100歳まで生きたことにしら良かったと思います。

それで、長寿と天命を全うしたことを追悼した「クリスマス追悼ジャズコンサート」にして、生きている人、幽霊亡霊なんでもアリの最終回で、定一さんも天国から参加、それこそアニーと妄想デュエットくらい放送しても良かったような。「のちに…」ばかりの “ほぼ押し売り” をされるより、余程スッキリしたと思います。

あとがき(その2)

それに、初めて書きますが。初めから無理だとは思っていたのですが、藤本有紀さんが脚本なら、親子関係や家族の崩壊を描いた小津安二郎映画や、4姉妹の日常の悲喜こもごもの4年間を描いた谷崎潤一郎の『細雪』みたいな作品を、現代風にアレンジして書いてくれると少し期待していたので、残念でした。

やはり、「チャレンジ精神」と「奇を衒う、あざとい」は紙一重ですね。もっと、ベタで丁寧な朝ドラで良かったのに…。おっと、サントラ盤だけは、おススメできます。特に、日本ジャズ界のレジェンドが参加したサントラ盤は凄く良いです。

あとがき(その3)

流石に、ず~っと書き続けて来た明るくなぁれ、楽しくなぁれ…(Be cheerful, be joyful...)の応援メッセージも前回から降ろしました。と言うことで、やっと、やっと終わりました… と言う心境です。

でも、ここまで「のちに…」をてんこ盛りにするなら、「るい編」に人の温もりを添えた竹村クリーニングの夫婦のその後や、安子が先祖代々の墓参りをする姿を入れて、【恩人への感謝】を描いてこそ、「人間万事塞翁が馬」(=一見、不運に思えたことが幸運につながったり、その逆だったりすることのたとえ。幸運か不運かは容易に判断しがたい、ということ ※コトバンク)に集約されたような気がします…

あとがき(その4)

それにしても、個人的には、『エール』で盛り上がってから、その後はイマイチの作品が続いて、げんなりです。

次の『ちむどんどん』は、映画『パッチギ!』(2006年)や映画『フラガール』(2007年)、朝ドラ『マッサン』(2014年)を手掛けた羽原大介さんが脚本担当なので期待したいところですが、過去の作品と新作は無関係なのが今作で証明されてしまいましたし。序盤が良くても、中盤からコケルことも分かってしまったので、様子見から始めようと思います。

あとがき(その5)

最後の最後に。途中で感想執筆から脱落しそうになりましたが、私の屈しないドラマ愛(笑)と暇な時間(困)、そして、読者の皆さんの応援があって、最終回の感想まで辿り着きました。本当に、ありがとうございました。

【追記】下記の投稿もしました。「脚本担当の藤本有紀さんへの世間の評価がおかしいこと」について書いてみました。興味が湧きましたら読んでみて下さい。
4/8のWeb拍手へ:「カムカムエヴリバディ(第112回/最終回・2022/4/8)」の"回収と創作の違い"について


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

この「ジャズ・アルバム」は劇中を彩る多彩なオリジナル・ジャズ・ナンバーを中心にトラッド・ジャズ編とモダン・ジャズ編の2枚に分けてたっぷり収録。
作曲・プロデュースは、NHK「うたコン」の指揮者にして米米CLUBのメンバーとしておなじみの金子隆博。演奏はジャズ界のレジェンド北村英治と渡辺貞夫をスペシャル・ゲストに迎え、米米のホーンセクションBIG HORNS BEE、関西のジャズメンら豪華メンバーが集結。クールでホットなプレイを繰り広げます。

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16722/


【これまでの感想】

第1週『1925-1939』
1 2 3 4 5 
第2週『1939~1941』
6 7 8 9 10 
第3週『1942-1943』
11 12 13 14 15 
第4週『1943~1945』
16 17 18 19 20 
第5週『1946~1948』
21 22 23 24 25 
第6週『1948』
26 27 28 29 30 
第7週『1948-1651』
31 32 33 34 35 
第8週『1951-1962』
36 37 38 39 40 
第9週『1962』
41 42
妄想第1回『るいのための貯金』
妄想第2回『算太が町にやって来た』
第10週『1962』
43 44 45 46 47 
第11週『1962-1963』
48  49 50 51 52 
第12週『1963-1964』
53 54 55 56 57 
第13週『1964-1965』
58 59 60 61 62 
第14週『1965-1976』
63 64 65 66 67 
第15週『1976-1983』
68 69 70 71 72 
第16週『1983』
73 74 75 76 77 
第17週『1983-1984』
78 79 80 81 82 
第18週『1984-1992』
83 84 85 86 87 
第19週『1992-1993』
88 89 90 91 92 
第20週『1993-1994』
93 94 95 96 97 
第21週『1994-2001』
98 99 100 101 102 
第22週『2001-2013』
103 104 105 106 107 
第23週・最終週『2003-2025』
108 109 110 111

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第112回(最終回)

「2003-2025」内容再び、日本にやって来たアニー(森山良子)は、ひなた(川栄李奈)そしてるい(深津絵里)と。。。。敬称略さて、総括気味で。結局、“感動だ”なんだと、宣伝しているわりには、“ドラマ”として、“連ドラ”としては、それほどでは無かった。ってのが、ホントのところだろう。例えば、最大の盛り上がりになった“ハズ”の前回の“再会”にしたところで。“物語”の穴埋めを優先しすぎて、アッサ...

I love you>『カムカムエブリバディ』第108話~112話

​​​​​​​​​​​​​​​​​ひじゅにが気にしていたビリー君 最後の最後で登場とは。 ジョージとは全く関係なく 城田優だったとは(笑) …ひじゅにですが何か? ​​「あんこのアニーじゃ」​​by安子 ↑うん、知ってた(笑) 第23週(最終週)『2003-2025』 怒涛の“伏線”回収 …は良いのだけど 何だか世界が狭過ぎる印象を強めてしまったな。 朝ドラといえば、ど...

Iloveyou>『カムカムエブリバディ』第108話~11...

​​​​​​​​​​​​​​​​​​ひじゅにが気にしていたビリー君最後の最後で登場とは。ジョージとは全く関係なく城田優だったとは(笑)…ひじゅにですが何か?​​「あんこの...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: