ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全112回〕 (第109回・2022/4/5) 感想

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第109回〔全112回〕第23週(最終週)『2003-2025』の感想。

 
 

 本作は、2022年2月26日、NHK大阪放送局で撮影が終了しました。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の感想も毎日変わります。ご理解を。


錠一郎(オダギリジョー)とるい(深津絵里)が控室で準備を進める中、ひなた(川栄李奈)は弟の桃太郎(青木柚)と一緒に、ラジオでアニー・ヒラカワ(森山良子)のインタビュー番組を聴くことに。磯村吟(浜村淳)からの質問に通訳を介して英語で答えていたアニーですが、途中から突然日本語を話し始め…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作・原案・脚本:藤本有紀(過去作/ちりとてちん)
演出:安達もじり(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく、おちょやん) 第1,2,4,7.8,9,13,17,20,最終
   橋爪紳一朗(過去作/てっぱん、花子とアン、半分、青い。、エール) 第3,5,7,15,16,21
   泉並敬眞(過去作/まんぷく、スカーレット、六畳間のピアノマン) 第11
   深川貴志(過去作/花燃ゆ、とと姉ちゃん、半分、青い。、麒麟がくる) 第22
   松岡一史(過去作/まんぷく、心の傷を癒すということ) 第10,12,19
   二見大輔(過去作/半分、青い。、なつぞら、伝説のお母さん) 第6,14
   石川慎一郎(過去作/オーディオドラマ「極楽プリズン」、閻魔堂沙羅の推理奇譚) 第18
音楽:金子隆博(過去作/Q10、三毛猫ホームズの推理 、あいの結婚相談所)
演奏:BIG HORNS BEE(過去作/米米CLUBのホーンセッション)
主題歌:『アルデバラン』(作詞・作曲:森山直太朗、編曲:斎藤ネコ、歌:AI)
語り:城田優
制作統括:堀之内礼二郎(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく)
     櫻井賢(過去作/4号警備、透明なゆりかご)
※敬称略



前回と今回のアバンタイトルは「2025年」でない…

前回の感想の最初の投稿で、アバンタイトルの “劇中の未来” に於ける登場人物の年齢を間違えたので、その後に修正したのだが。と言うのも、まだ、前回と今回のアバンタイトルで描かれた世界である “劇中の未来” が「100年の物語」の最終年とも言うべき「2025年」だと思っている人がいる(私も前回の初見では、そう思った)のだが。

前回で投稿した後にモヤモヤしたので録画を見直すと、どうやら、劇中でリアルタイムで大月夫妻が朝ドラ『カムカムエヴリバディ』を見ていると言う、演出家にとっては洒落たつもりの演出だったようだ。

朝ドラが"未来"を描くなら、マスクのない日常を描いて…

そして、今回では曖昧さを消すために、マスク着用を強調して、更に「2024年度の新しい英語講座を開設」と言う表現で、ようやく “劇中の未来” が「2022年」であることが描かれた。

まあ、“劇中の未来” が何年でも構わないのだが、縁起の観点で言うなら、朝ドラとして “未来” を描くなら、マスク着用が日常であるのは「2023年~2025年で無い」のが、個人的には嬉しいから、まあ、今回で「2022年」を強調したのは悪くないと思っている。

アバンが"劇中の未来"なのは"回収"ではない!

ただ、前回に続いて、依然として「なぜ、最終週のアバンタイトルだけ “劇中の未来” なの?」と言う疑問は残る。もちろん、“劇中の過去” と繋がっているから間違ってはいない。但し、諄いようだが、これは “回収” ではない。

先日に投稿した『【脚本プチ講座 第2弾】伏線と回収とは?「ご都合主義」や「予定調和」になる理由を解説!』でも書いたが、“回収” をするためには “伏線” と言う巧みな《仕掛け》を事前に施さなければならない。

要するに、脚本家が事前に《仕掛け》た “伏線” に視聴者や観客が引っ掛かるのが “回収” なのだ。従って、ひなた(川栄李奈)が英語を勉強した動機が「映画村の役に立つ」とか「時代劇の普及のため」と、少々大袈裟に捉えたとしても、それが《仕掛け》なら、<時代劇のため>と言うのが “回収” の中に無ければ成立しないのだ。

そう、「英語学習の普及」では “回収” ではなく “繋がっているだけ” と言うことだ。

アニーの告白も当然"回収"ではない!失踪から繋げただけ!

この考え方を頭に叩き込んでおけば、今回のラジオでアニー・ヒラカワ(森山良子)が突然に話し出した “告白” も、アバンタイトルと同じ構造であることが分かると思う。まあ、同じ脚本家が書いているのだから、同じになるのは当然だが。

この “告白”、さらりと見ても分かることだが、今作がこれまで描いて来たことを、アニーの台詞で “言い直しただけ” だ。そう、お世辞にも “回収” ではない。敢えて言うなら、視聴者の予想通りの展開をアニーに語らせて、安子(上白石萌音)の “失踪” から繋げただけなのだ。

「安子編」の最終回の直後に、今回を直結しても良かった…

ここまで書けば、当ブログの常連さんなら、次に私が何を書くのかお察しではないだろうか? そう、その通り!極端な物言いが許されるなら、 「安子編」の最終回(=第38回)の直後に、今回を直結しても良かった… のだ。

失踪させるなら、失踪した人物のその後を丁寧に描くべき!

ここで、前回の感想の「あとがき(その2)」に繋がる(とは、思わなかった)。読んでいない人、忘れた人のために再度書いてみる。今作は、「物語の “続き” を描かない」ことを、ほぼ全て “失踪” にして来た。まるで、「失踪したから、続きを描けない。繋がりも描かない」と言うように。

しかし、私は今作に於けるほぼ全ての “失踪” は必要な方と考える。なぜなら、失踪させたから脚本家が繋がりを描かないのなら、失踪無しでその登場人物のその後を描くべきだから。そして、失踪させるなら、失踪する理由があるわけで、それならそれで失踪した人物のその後を丁寧に描くべきなのだ。

「アニーの告白=失踪した安子のその後の人生」ってだけ…

このことをもう一度念頭に置いて、今回のアニーの “告白” を考えれば、「アニーの告白=失踪した安子のその後の人生」ってだけなのだ。

だから “回収” ではないってこと。いや、アニーがあれだけこれ見よがしに “赤色” を身に着け、先週あたりから二人目のヒロイン・るい(深津絵里)や、三人目のヒロイン・ひなたを喰う勢いで、まるで “四人目のヒロイン” の如く今作に無理矢理に加入し、今週分の予告編の「アニーとひなたの追っ掛けバトル」を見れば…

“ラジオでの告白” と言うカタチは予想できなくても、「安子=アニー」は一目瞭然。だから、私は、妄信的な視聴者さんたちが、アニーの正体について赤い衣装を身にまとうのを見ては「やっぱり安子か?」とか、「シアトル生まれ?」で動揺したりするのが分からなかった。むしろ、妄信的に見ていれば、「安子=アニー」は一目瞭然なのだから。

だから、妄信的でない私は、次のように書いていたのだ。もしも《あの人》だとして… と。それに、これで「「安子≠アニー」だった時の方が、サプライズだ。だって、残り数回で「じゃあ、アニーは誰?」の答えを “回収” 出来ないのだから(苦笑)

"連ドラ" は "繋がっている" ことに意味と価値がある!

きっと、妄信的な視聴者さんたちは、今回を見て「るい腺崩壊!」とか「クリスマスに奇跡!」とか歓喜に溢れるのだろう。しかし、諄いようだが、回収しようがしまいが、“連ドラ” は “繋がっている” ことに意味と価値があるのだ。そう、脈々と “繋がっている” こと。

だから、今回のように、後出しジャンケンで、3か月以上も前の12月末に放送した「安子の失踪(劇中では、50年近く前の 1951年の設定)」と強引に繋げたつもりでも、私にとっては “繋がっている” とは言えない。

"繋がり" が薄っぺらで強引だから、説得力が乏し過ぎた…

そう考えると、「安子編」は “連ドラ” だった。きちんと、安子と稔の人間関係が幼少期から “繋がっていて”、稔が戦死したあとも、稔の存在が活(生)きて “繋がっていた” から。だから、極論ではあるが、「るい編」のクリーニング店やジャズも、「ひなた編」の時代劇も必要なかったのだ。

アニーが来日して、偶然に大月屋の回転焼きを食べて、大月家に近づいて、居ても立っても居られなくなって、これまでの “謝罪” をすれば良かっただけなのだ。それ位に、「安子の失踪」から「アニーの告白」の間の “繋がり” が描かれていなかったと言うことだ。

いや、正しく書くなら、“繋がり” は「回転焼き」「あんこのおまじない」「英語」「時代劇」と薄っすらと描かれてはいたが、回転焼き屋を開店した動機や経緯、ジョー(オダギリジョー)がトランペットで渡米して成功したいと言う夢を挫折した過程、ひなたが英語を勉強した理由など、全てが強引で、説得力が乏し過ぎたのだ。

今作の説得力の乏しさは最初のテーマに沿って描かないから

では、なぜ、そうなってしまったのか? 一つの原因は、時間経過が多過ぎて、肝心な部分の描写が相当欠落した… と言う点もある。

しかし、最大の原因は、最初に設定されていたテーマ(当ブログでは “共通因子” と書いて来た)である「あんこ」、「おまじない」、「英語」、「英会話」、「ラジオ」、「ラジオ英語講座」、「アメリカ(夢の地)」、「ジャズ(音楽)」を常に意識した物語を紡いで来なかったことだ。

今作の作りは、視聴者の"想像"を越えした"創造"に頼り過ぎ

もちろん、好意的な解釈をすれば、「あれもこれも繋がっている」と受け取れなくもないが、こと今作に於いては視聴者の “想像” を超越した “創造” と言わざるを得ない。

だから、 想像力と創造力が豊かな視聴者なら、「安子の失踪」の直後に、先日の「アニーが大月屋の回転焼きを食べて涙した」を挟んで、今回の「アニーの告白」だけで、「描かれなかった約50年」を十分に補完できると思う。それ位に、「安子の失踪」の “あと” に “繋がり” が無かったと言うわけだ。

あとがき(その1)

アニーが、映画『サムライ・ベースボール』のキャスティング・ディレクター役なので、それになぞらえて書きますが。今作の晩年の安子役をなぜ森山良子さんにキャスティング依頼したのか?

が不思議で不思議で。英語だって50年米国暮らしをしたようには聞こえないし、今回なんて通訳役の溝端育和(みぞばた やすな)さんの方が上手いし。佇まいも仕草も若い頃の安子を演じた上白石萌音さんの面影は無いし。せめて、英語を喋れる演技が本業の女性をキャスティングすべきだったような。

だって、この展開なら、晩年の安子を誰が演じるかで、安子の人生や安子自身への再評価が変わってくるわけですから。個人的には、「今作で、まともなヒロインは安子だけ…」と思っていたので、結局、経歴詐称で公共放送を私物化して逃亡か? と思ってしまいました(無念…)

あとがき(その2)

愚痴ばかりの感想になったので、ちょっとだけ愚痴以外の感想も。

今回の演出で、今作のメイン監督・安達もじり氏らしい演出は、「アニーの告白」のシーンだったと思います。敢えて、告白しているアニーの表情のカットは入れずに、受け手である るいとひなた、錠一郎たちの表情を中心に描いた点です。

もちろん、演技が本業でない森山良子さんのお芝居に頼るより、俳優さんたちに演じてもらう方が説得力があると言う判断もあったでしょう。しかし、本音は、最終回のために “立つ鳥跡を濁さず” の如く、告白する安子の心情より、告白を聞いて真実を知った登場人物たちの動揺を中心に描きたかったと言う演出意図があったと思います。

これと同じ演出が用いられていたのが、第30回の放送分にあった、定一(世良公則)が安子に届けと言わんばかりに、「♪On the Sunny Side of the Street」を歌うシーン。ここも、極力、定一の歌唱のカットは少なくして、安子の心情描写が中心に編集されています。

因みに、下の動画は、投稿者の編集意図によって歌唱シーンが多めに引用されていますが、本放送では違います。


明るくなぁれ、楽しくなぁれ…(Be cheerful, be joyful...)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★まだ、Amazonのなか見!検索で立ち読みできません!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

こちらが、NHK連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』オリジナル・サウンドトラックの劇伴コレクション Vol.1となります。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

この「ジャズ・アルバム」は劇中を彩る多彩なオリジナル・ジャズ・ナンバーを中心にトラッド・ジャズ編とモダン・ジャズ編の2枚に分けてたっぷり収録。
作曲・プロデュースは、NHK「うたコン」の指揮者にして米米CLUBのメンバーとしておなじみの金子隆博。演奏はジャズ界のレジェンド北村英治と渡辺貞夫をスペシャル・ゲストに迎え、米米のホーンセクションBIG HORNS BEE、関西のジャズメンら豪華メンバーが集結。クールでホットなプレイを繰り広げます。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16715/


【これまでの感想】

第1週『1925-1939』
1 2 3 4 5 
第2週『1939~1941』
6 7 8 9 10 
第3週『1942-1943』
11 12 13 14 15 
第4週『1943~1945』
16 17 18 19 20 
第5週『1946~1948』
21 22 23 24 25 
第6週『1948』
26 27 28 29 30 
第7週『1948-1651』
31 32 33 34 35 
第8週『1951-1962』
36 37 38 39 40 
第9週『1962』
41 42
妄想第1回『るいのための貯金』
妄想第2回『算太が町にやって来た』
第10週『1962』
43 44 45 46 47 
第11週『1962-1963』
48  49 50 51 52 
第12週『1963-1964』
53 54 55 56 57 
第13週『1964-1965』
58 59 60 61 62 
第14週『1965-1976』
63 64 65 66 67 
第15週『1976-1983』
68 69 70 71 72 
第16週『1983』
73 74 75 76 77 
第17週『1983-1984』
78 79 80 81 82 
第18週『1984-1992』
83 84 85 86 87 
第19週『1992-1993』
88 89 90 91 92 
第20週『1993-1994』
93 94 95 96 97 
第21週『1994-2001』
98 99 100 101 102 
第22週『2001-2013』
103 104 105 106 107 
第23週・最終週『2003-2025』
108

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第109回

「2003-2025」内容るい(深津絵里)錠一郎(オダギリジョー)が準備をする横で、ひなた(川栄李奈)がアニー(森山良子)の出演するラジオを聴いていた。磯村吟(浜村淳)が質問をして、通訳を介し英語で答えるアニーだったが。突然、アニーが日本語を話し始める。敬称略また、2025年ですか。これは、無理矢理繋げているだけで。。。“回収”ではない。そもそも。“回収”って言葉を考えれば分かるが、回収する...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: