ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○ (第11話/最終回・2022/3/17) 感想

ゴシップ

フジテレビ系・木曜劇場『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第11話/最終回『最終話!カンフルNEWSが閉鎖!?最後の事実と署名記事』の感想。



「クスノキ出版」が「インターネオ」に吸収合併され、合同新会社となることが発表された。「カンフルNEWS」が利用された可能性があると知った凛々子(黒木華)は、仁和(安藤政信)に真相を確かめに行くも不在。一方、真琴(石井杏奈)は、就職活動中にクスノキ出版営業部の社員から、ある被害を受けたという女子大生の未央(生田絵梨花)に会う。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:関えり香(過去作/後妻業、結婚相手は抽選で、ストロベリーナイト・サーガ) 第1,5,10
   橋本夏(過去作/守護霊の田中さん[ラジオドラマ]、テレビドラマ初脚本) 第2,4,6,8,最終
   青塚美穂(過去作/ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子、じゃない方の彼女) 第3,7,9
脚本協力:遠藤大輔(過去作/第31回フジテレビヤングシナリオ大賞2021 佳作)) 最終回
演出:石川淳一(過去作/リーガル・ハイ、海月姫、絶対零度4、レンアイ漫画家) 第1,2,6,10,最終
   木村真人(過去作/絶対零度4、知ってるワイフ、推しの王子様) 第3,4,7,9
   木下高男(過去作/警視庁いきもの係、、M 愛すべき人がいて彼女はキレイった) 第5
   淵上正人(過去作/HOPE~期待ゼロの新入社員~、妄想彼女、レンアイ漫画家) 第8
音楽:得田真裕(過去作/監察医 朝顔シリーズ、家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド、恋です!ヤンキー君と白杖ガール)
主題歌:キタニタツヤ「冷たい渦」「プラネテス」

全11話の連ドラとして "王道の回収" で魅せた最終回!

遂に最終回だ。根津(溝端淳平)の “ネットの良心” に頼ろう! と言う起承転結の “承” でアクセルを踏んで、「週刊東西」が改心してカンフルニュースの味方になった “転” からの展開が面白かった最終回。

第10話まで、きっちりと仕込んで来た “露骨に気付かせず薄っすら結末を暗示させるタイプの伏線” を活かした最大限に活かした結末。こう言うのを “伏線” と “回収” と言うのだ。だから、チームが… とか、仁和(安藤政信)って… とか、一体凛々子(黒木華)って人は… みたいな、漂いまくっていたモヤモヤが一気に晴れるのだ。

後出し情報で気を衒うのでもなく、描くぞ描くぞと期待だけさせて引っ張るのとは違う、王道の “回収” だ。だから、“結末” にも、結末を見ることにも、意味が出て来るのだ。その点は、全11話の連ドラの最終回としてお見事だ。

第1話のキャラ設定を最終回までブレずに描き切って完走!

さて、全11話の連ドラとしての総括もしておこうと思う。確かに、主人公のキャラクターは、一癖二癖もあるし暗くて少々近寄り難い雰囲気だ。また、主演の黒木華さんが “凛々子” を的確に演じるから、余計に馴染みやすいキャラとは言い難いキャラになった。しかし、今作は、そこをブレずに描き切った。

もちろん、部員たちのキャラも。きっと、視聴率獲得を考えれば、せめて、主要な登場人物たちだけでも、馴染みやすいキャラに書き換えて、無理に “縦軸” を盛り込まず、毎回、1つのゴシップネタを扱うだけ… も出来たと思う。

この際"縦軸"を盛り込まないと言う選択もあったと思うが…

しかし、今作は、それもやらなかった。そのために、第1話から雰囲気も変わらず、連ドラとしての統一感を保ったまま、最終回を迎えることが出来た。確かに、これは褒めるべきことだ。しかし、劇中の台詞を引用させて頂くなら、「多くの視聴者が見てこそ…」と言うのは、メディアに共通の使命でもあるわけで。

それを考えると、せめて “縦軸” を盛り込まないと言う選択もあったと思う。それによって、凛々子を含めたキャラも少しは “過去の闇” が薄まって “普通” になった可能性があるから。でも、ドラマの主旨を考えると、視聴率に媚びを売らないような姿勢は決して悪いとは思わないが…

あとがき

元々は、『月9』が恋バナやコメディが多いため、この『木曜劇場』は社会派ドラマやミステリーを扱う枠として創設されたのですが。最近は、『月9』が社会派&ミステリーが増えており、今枠と逆転してしまったのですよね。その意味では、2017年の『刑事ゆがみ』や、2021年の『知ってるワイフ』に次いで、今枠らしい作品だったと思います。

地味で、あまり世間の話題にならなかった今作ですが、私は楽しめて満足です。映像作品の発売予定が無いのが、残念ですが…


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16665/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話第10話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇 最終話

凛々子(黒木華)たちのクスノキ出版が、IT企業に吸収合併されて、合同新会社となることが発表されます。 その合併を成立させるために、自分たちが利用された可能性があると知った凛々子は、真相を確かめるために仁和(安藤政信)の元を訪ねますが不在でした。 一方、真琴(石井杏奈)は、就職活動中に自社の営業部の社員から、ある被害を受けたという女子大生・美央(生田絵梨花)に出会います。 被害の全貌を聞...

木曜劇場『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』第11話(最終回)

内容“クスノキ出版”がIT企業の“インターネオ”による吸収合併が決まった。凛々子(黒木華)は、自分たちの“カンフルNEWS”が、利用された可能性があると気づき、そのことを仁和(安藤政信)に問いただそうとするのだが。。。。そんななか、真琴(石井杏奈)から、ある話を聞く。人事部の山之内文哉から、就活中に、ある被害を受けたと訴える女子大生・向井未央(生田絵梨花)の話。ネタ会議で、凛々子たちが話し合...

ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇 最終回「名も無き声を救え!涙と最後の署名記事」

ネットニュースサイトの編集部を舞台に、そこで働く者たちの仕事、生き方、恋愛を通して、新時代の“人と人とのつながり”を描く完全オリジナルのエンターテインメントドラマ。黒木華の、ヒロインの、「他人の気持ちや場の空気を読むことは苦手だが、優れた洞察力を生かし矛盾や誤りを見抜く能力にたけている」というキャラの作り込みが流石!ある意味。三角関係になる、上司の仁和(安藤政信)の、大人の余裕な包容力と、同...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: