ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」〔全112回〕 (第92回・2022/3/11) 感想

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」

NHK総合・連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第92回〔全112回〕第19週『1992-1993』の感想。

 
 

 本作は、2022年2月26日、NHK大阪放送局で撮影が終了しました。
 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
 毎日毎日の感想なので、私の感想も毎日変わります。ご理解を。


野球部でレギュラー入りが決まった桃太郎(青木柚)は、国語準備室にいる小夜子(新川優愛)に報告しに行きます。そのまま一緒に帰ることになり浮かれる桃太郎でしたが、小夜子が商店街に来た本当の目的を知り、大きなショックを受けることに。以来、あまり元気のない様子の桃太郎を、ひなた(川栄李奈)やるい(深津絵里)も心配します。ある日映画村にやってきた小夜子は、ひなたと一恵(三浦透子)に大事な報告があると言い…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作・原案・脚本:藤本有紀(過去作/ちりとてちん)
演出:安達もじり(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく、おちょやん) 第1,2,4,7.8,9,13,17
   橋爪紳一朗(過去作/てっぱん、花子とアン、半分、青い。、エール) 第3,5,7,15,16
   泉並敬眞(過去作/まんぷく、スカーレット、六畳間のピアノマン) 第11
   深川貴志(過去作/花燃ゆ、とと姉ちゃん、半分、青い。、麒麟がくる)
   松岡一史(過去作/まんぷく、心の傷を癒すということ) 第10,12,19
   二見大輔(過去作/半分、青い。、なつぞら、伝説のお母さん) 第6,14
   石川慎一郎(過去作/オーディオドラマ「極楽プリズン」、閻魔堂沙羅の推理奇譚) 第18
音楽:金子隆博(過去作/Q10、三毛猫ホームズの推理 、あいの結婚相談所)
演奏:BIG HORNS BEE(過去作/米米CLUBのホーンセッション)
主題歌:『アルデバラン』(作詞・作曲:森山直太朗、編曲:斎藤ネコ、歌:AI)
語り:城田優
制作統括:堀之内礼二郎(過去作/花燃ゆ、べっぴんさん、まんぷく)
     櫻井賢(過去作/4号警備、透明なゆりかご)
※敬称略



適当に15分の消化試合を済ませて、次週へ引導を渡しただけ

う~ん。あ~あ。朝から、溜息と落胆しか出て来ない。「では、来週~!」と、これで感想を終えたいくらいに、興味のない内容、それ以前に内容らしきものも無く、適当に15分の消化試合を済ませて、あとは思わせぶりに次週へ引導を渡しただけ。

半年間も放送がある連ドラの終盤1か月がこの程度だと思うと、「面白くなる…」と期待を込めつつ見ていても、流石に呆れて来てしまった。

主人公一家より赤螺一家の方が興味津々だから、アバンだけで満足感はあるが…

とにかく、ファンの方には申し訳ないが、これっぽちも桃太郎(青木柚)と小夜子(新川優愛)と言う脇役に興味が無いから、この二人がどうなろうと、どうでも良い。

ただ、同じ脇役でも「あかにし」の赤螺一家には、「安子編」から脈々と繋がっている “一家の変遷” が描かれているから、興味はある。

いや、むしろ、主人公一家より興味津々と言って良いかも知れない。だから、吉之丞(徳永ゆうき)が、きちんと今回の15分間のエピソードの “きっかけ” になっているだけで満足感はある。と言うか、「吉之丞、遂に結婚!」しか、内容が無かったわけだが(失笑)

Yahoo!テレビの「あらすじ」と"実際の内容"が違い過ぎる!

さて、脇役の話ばかりで盛り上がるのも何だから、主人公の話もしておくか。

では、バシッと! ハッキリ言おう。上記の Yahoo!テレビから無断引用した「あらすじ」内の次の部分を改めて読んで欲しい。

浮かれる桃太郎でしたが、小夜子が商店街に来た本当の目的を知り、大きなショックを受けることに。以来、あまり元気のない様子の桃太郎を、ひなた(川栄李奈)やるい(深津絵里)も心配します。

果たして、上記のように見えただろうか? 確かに、憧れの小夜子が吉之丞と結婚すると聞いて、桃太郎がショックを受けるまでは、正しい表記だ。しかし、「あまり元気のない様子の桃太郎」辺りから怪しくなっている。

これ、簡単に言っちゃうと “片思い → 失恋” ってだけのことだ。だから「あまり元気のない」は、ぎりぎりセーフだが、そんな桃太郎を「ひなたやるいも心配します」が、ほぼアウトに思う。だって、殆ど心配しているようには撮影されていないし、演技指導も演技も “心配” しているようになっていないから。

映像が"後出しジャンケン"になっているのだから…

いや、映像編集順で言えば、「あかにし」でポータブルCDプレーヤーを盗んで来て、それを吉右衛門(堀部圭亮)から聞いて知ってから “心配” したわけで。そう、あらすじが、当初の脚本の計画で、今日見せられたのが実際ってこと。

要するに、映像が後出しジャンケンになっているのだ。その原因が脚本なのか演出なのか分からないが、少なくとも撮影現場で修正されたのだから、最低限の脚本との辻褄合わせとして、演出家がナレーションで補強・補足すべき。まあ、今週の演出担当に要求したところで、無理なのは百も承知だが…

ひなたは、"あまり人を悟るような立場"では無いような…

いや、そもそもの問題として。普通のホームドラマなら、窃盗犯罪でなくても、姉が弟を叱ったり、諭したりするのは “普通” だし、“納得” 出来るのだが、こと今作の主人公ひなたに関しては、これまでの描写を見て、あまり “人に言える立場” では無いような。

結局は、ドラマ上、仕方が無いから「主人公だから…」、「姉だから…」と言う特権を使って、言わせただけ。だから、次の台詞のような矛盾を平気で書けるし、演出できるのだ。

ひなた「悔しかったら 野球に ぶつけたらええやろ?」
     ※   ※
ひなた「野球と失恋 関係あらへんやない!」

これ、うだうだと能書きを並べずに、失恋に関して「惨めさやったら お姉ちゃんの方が上や!」と一言諭すだけで良かったのだ。それ位、潔く主人公が弟の犯罪について “情けない” と言う気持ちを発するだけで良かったと思う。

まあ、自分の結婚資金を、飛んで火にいる夏の虫と言わんばかりに、英語学習に注ぎ込んで何の成果も出せない姉が諭している時点で、ほぼ説得力は無いのだが…

桃太郎を諭す役は、"引き算すると"錠一郎が適任だったような…

また、これ言っては、おしまいだが。この桃太郎を諭す役だが、いっその事、錠一郎(オダギリジョー)が3人の中では適任だったように思う。

だって、母るい (深津絵里)は、好き嫌いは別にして恩義のある雉真家も、大変世話になった「竹村クリーニング店」の竹村夫妻についても捨てたように平気で “疎遠” に出来る人だから、人の道理にあれこれ言う資格は無いように思う。

錠一郎が息子を諭せば、様々な過去シーンが浮かんで来る…

そう考えると、主人公ではないが、るいとひなたより、心情描写の点では幼少期から錠一郎の方が、丁寧にされて来た印象が強いからだ。そう、錠一郎がトランペットを片手に息子を諭すだけで、幼少期の健気な戦争孤児だった “あの少年” が思い出されるし、“心の父” である柳沢定一(世良公則)の姿まで浮かんで来る。

トミー(早乙女太一)とのラッパでの決勝戦も、夢挫折し未来をへし折られた “生涯の伴侶” との海のシーンも。そう、これが “連ドラ” なのだ。視聴者の記憶にさり気なく残っている印象が、じわじわと後からにじみ出てしまうのだ。

最終的には、演出が"どこ"を"どのように"強調して描いて、視聴者の心に何を残すか? かが連ドラの肝になる!

だから、これまでも何度も書いて来たように、もっと “主人公の心情描写” を明確にするべきだったのだ。そう、るいも、ひなたも… だ。

成功したのは、幼少期を含めて安子だけ。なぜ、こうなったのか? 答えは簡単。「安子編」は、きちんと物語の中心に “安子” を置いて、あとは徹底的に脇役にして、稔への愛と、和菓子への思い、そして娘への思いだけを集中して描いたから。

しかし、「るい編」は恋バナ、「ひなた編」は時代劇と恋バナへ逸れた。もちろん、脚本が良くないのは確か。

しかし、前述の錠一郎の印象を考えれば分かるように、最終的には、演出が、どこを、どのように強調して描いて、視聴者の心に何を残すか? なのだ。その意味で、蒸し返すようだが、最初から、桃太郎を諭すのは錠一郎が適任だったと思う…

あとがき(その1)

早速、次のような “言い訳記事” が掲載されていますよ。

カムカムエヴリバディ〉桃太郎が万引。登場人物の悪事をどう描くかNHKに聞いた(木俣冬) - 個人 - Yahoo!ニュース

掲載日時が「3/11(金) 8:16」ですから、木俣冬氏も事前に見て、登校準備した記事ですよね。こう言う、NHKとズブズブな記事が、これからもっと増えるでしょうね。まあ、賢明な皆さんは、ご自分の価値観を信じて、観ておられると思いますが。

あとがき(その2)

さて。いよいよ久し振りに登場したジョーのトランペット。どうやら、今作では「回収=久々の再登場」と言う解釈をしなければいけないようで。と言うことは、一応、次週から1か月間の “エピローグ” が始まる予感がします。まずは、今回が夏なので、来週は時間経過して、クリスマスにでもして、トランペットにサンタでしょうかね(苦笑)

あとがき(その3)

取り敢えず、ここまで来たら「面白くなる」と言う期待は薄いですが、何とか良い印象が強い「安子編」の “力” を借りて、「英語」、「英会話」、「ラジオ」、「ラジオ英語講座」、「ジャズ」、「夢と希望」と関連付けて欲しいです。

明るくなぁれ、楽しくなぁれ…(Be cheerful, be joyful...)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★まだ、Amazonのなか見!検索で立ち読みできません!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

こちらが、NHK連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』オリジナル・サウンドトラックの劇伴コレクション Vol.1となります。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

この「ジャズ・アルバム」は劇中を彩る多彩なオリジナル・ジャズ・ナンバーを中心にトラッド・ジャズ編とモダン・ジャズ編の2枚に分けてたっぷり収録。
作曲・プロデュースは、NHK「うたコン」の指揮者にして米米CLUBのメンバーとしておなじみの金子隆博。演奏はジャズ界のレジェンド北村英治と渡辺貞夫をスペシャル・ゲストに迎え、米米のホーンセクションBIG HORNS BEE、関西のジャズメンら豪華メンバーが集結。クールでホットなプレイを繰り広げます。

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入して頂けます!


 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当ブログのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16644/


【これまでの感想】

第1週『1925-1939』
1 2 3 4 5 
第2週『1939~1941』
6 7 8 9 10 
第3週『1942-1943』
11 12 13 14 15 
第4週『1943~1945』
16 17 18 19 20 
第5週『1946~1948』
21 22 23 24 25 
第6週『1948』
26 27 28 29 30 
第7週『1948-1651』
31 32 33 34 35 
第8週『1951-1962』
36 37 38 39 40 
第9週『1962』
41 42
妄想第1回『るいのための貯金』
妄想第2回『算太が町にやって来た』
第10週『1962』
43 44 45 46 47 
第11週『1962-1963』
48  49 50 51 52 
第12週『1963-1964』
53 54 55 56 57 
第13週『1964-1965』
58 59 60 61 62 
第14週『1965-1976』
63 64 65 66 67 
第15週『1976-1983』
68 69 70 71 72 
第16週『1983』
73 74 75 76 77 
第17週『1983-1984』
78 79 80 81 82 
第18週『1984-1992』
83 84 85 86 87 
第19週『1992-1993』
88 89 90 91

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第92回

「1992-1993」内容レギュラー入りしたことを、小夜子(新川優愛)に報告した桃太郎(青木柚)だが、そのまま一緒に帰ることになるが、商店街で、信じられない“事実”を知り、ショックを受けてしまう。一方、ひなた(川栄李奈)は、英語を身につけたいと考えるが。。。。そんなある日のこと、映画村にやって来た小夜子。ひなたと一恵(三浦透子)に報告したいことがあるという。敬称略桃太郎に関しては、全く興味が...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: