ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

相棒 season20 (第18話・2022/3/9) 感想

相棒 season20

テレビ朝日系・『相棒 season20』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram
第18話『詩集を売る女』の感想。




---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

踏切で今にも自殺しそうな女性(太田莉菜)に遭遇した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)。手作りの詩集を売るその女性に話し掛けた右京は、彼女が雑誌に掲載されたファッションデザイナーのKAZHO(篠原真衣)に怒りを向けていると知る。不穏な気配を察した右京が詩集から手掛かりをつかむ一方で、亘は彼女を尾行。それがやがて、亘が襲われる事態に発展してしまう。

●脚本:瀧本智行/演出:権野元(敬称略)



複雑にやろうと頑張り過ぎた割に、雑さが目立って沈没…

一言で云うなら「複雑にやろうと頑張り過ぎた割に、雑さが目立って沈没…」って感じだろうか。

そもそも、冠城(反町隆史)がさされるシーンで “客寄せ” しようと言う企画が浅はか。その上、本放送も、冒頭で刺されるシーンを見せて、時間を巻き戻すと言うのは、最終回まで “生きている” のが百も承知の冠城なのだから、「大したことない」のは明らかだ。

その上、細かいことだが、その(一応)最大の見せ場であるはずの刺されるシーンで、犯人がナイフを2本持っているって。撮影中のスクリプト(記録)ミス? それに、凶器を持った犯人が目前にいて、狙われている人間がいるのに、刺された冠城を気遣うって? 流石に、雑過ぎる。

<起きていない事件を捜査している>と強調する意味なし…

そして、そんな細かいことより気になったのは、逐次、<起きていない事件を捜査している>と強調していたこと。まあ、冒頭の「AIが捜査に介入」を受けて、人間の “刑事の勘” を対比させたのは悪いと思わないが。

それは、『相棒』では成立しない。だって、特命係は、常に、独自の “刑事の勘” で捜査しているのだから。それこそ、捜査一課や上司から「捜査を止めろ」と言われても、事件性を感じたら、勝手に尾行して、調査しちゃうのだから、わざわざ “強調” すると、ただ、あざとく、浅い感じが “強調” されるだけだと思うが…

あとがき

これ、それこそ『相棒』なのですから、もっと、ファッションデザイナーのKAZHO(篠原真衣)が、なぜ見つかる可能性が高い「一歩(かずほ)」をローマ字表記にして仕事をしているのかと言う心情を掘り下げ、更に踏切で今にも自殺しそうな女性(太田莉菜)の身の上も掘り下げれば、戸籍売買の闇や、その裏にある人間の闇まで、描けたのではないでしょうか。

その上、『season18」の第5話「さらば愛しき人よ」に登場した、冠城の元恋人・南侑希(偽名「竹田ユキ」)は、元詩人と言う設定だったのですから、冠城が女性に肩入れしても良かったと思います。残念…

 

〔お願い〕
読者の皆様も大変な状況とは思いますが。コロナ禍で仕事激減の折、勝手なお願いで恐縮でございますが、Amazon楽天市場からお買い物する際は、当blogのリンク経由で買って下さると、皆様のおかげで私にポイントが貯まる上に、何よりもブログを書き続けるモチベーションアップになります。引き続き、皆様のご協力をお願い申し上げます。 m(_ _)m


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/16640/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話・元旦SP 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

相棒20 第18話

右京さん(水谷豊)と亘(反町隆史)は、踏切の前で今にも電車に飛び込みそうな、虚ろな表情をした女性を見かけます。 自殺を思いとどまった彼女は街で詩集を売り始め、客を装って接触した右京さんは、彼女が千里一歩(太田莉菜)という詩人だと知ります。 右京さんは彼女から詩集「あたし」を購入していました。 そこにガラの悪い男が現れ、一歩に何か告げると彼女は激しい怒りに震えていました。 亘が一歩を尾...

相棒season20 第18話

「詩集を売る女」内容「辞めろ!」飛び出した亘(反町隆史)は、ナイフを持った女に胸を刺されてしまう。36時間前。右京(水谷豊)と亘は、踏切の前にいる妙な女性(太田莉菜)を見かける。引っかかるモノを感じたふたりは、女性を尾行。すると。。。女性は“千里一歩”というペンネームで、詩集を路上販売していた。女性と少し会話した右京は、詩集を購入する。少しして。。。女性が、男に絡まれ始める。知り合いのようだ...

相棒 Season20 第18話「詩集を売る女」

「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」の右京が、その天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。シーズン20で右京と亘のコンビは7年目。でも、どうやら、今期で、相棒役の亘(反町隆史)が、契約終了なので、そういう意味でも、脚光を浴びてる感…「亘、撃たれる」と、大宣伝してましたものね。限りなく、生命力が弱く、自殺願望の詩人を売り歩く女性(太田莉菜)に、右京(水谷豊)が声をかけ、ペン・ネ...

相棒20 テレ朝(3/09)#18

第18話 詩集を売る女 あらすじ亘(反町隆史)が飛び出す―――そして、ナイフを手にした女の前に立ち塞がった次の瞬間、胸を突き刺されて…!? 36時間前。警視庁では、AIの活用や事件の防止に関する研修が行われていた。その帰路、街を歩いていた右京(水谷豊)と亘は、踏切前でうつろな目をした女性を見掛ける。気になった2人は、女性を見守ることに。すると、マキ(太田莉菜)というその女性は、『千里一歩(せ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: